鈴木傾城

2/141ページ

◆ドラッグ過剰摂取が起こすレイプ殺人。「錯乱して記憶がない」は証明できない

閲覧注意ドラッグを過剰摂取すると脳の働きに深刻な悪影響がくる。理性的な判断力が低下し、原始的な本能や衝動を抑制する力も消えていく。わかりやすいうと、「理性」の部分が欠落して「本能」の部分が残る。 脳の抑制機能が極端に低下し、本能的な欲求や衝動がむき出しになるので、ドラッグを過剰摂取する男のレイプ事件は「錯乱した状態」で起こされることが多い。 マリファナやヘロインはダウン系といって、その場にへたり込 […]

◆台湾の裏文化。ビンロウ売りをする刺激的な恰好の女性たちが減少している?

欧米では路上に立つセックスワーカーたちが非常に刺激的な恰好をして男を釣っている。イタリアでも、スペインでも、アメリカでも、ブラジルでも、ほぼ下着同然の女性が路上に立って車に乗っている男たちを誘う。 そして、話がまとまると男たちの車に乗り込んで、そこをホテル代わりにして性サービスを行う。わかりやすく、直接的だ。 こうしたストリートのセックスワークは、それこそ1000年も2000年も前から途絶えずに続 […]

◆海外出稼ぎシャルム事件。20代の日本女性の1%が海外で稼げると思ったら?

世間がまだパンデミックで陰鬱な状況にあったとき、インターネットではひとつのサイトが立ち上がっていた。そのサイトは「海外出稼ぎシャルム」や「オーストラリア出稼ぎエージェント」という名前で、日本人女性をセックスワーカーとして海外に派遣するサイトだった。 サイトでは「ワーホリ(ワーキングホリデー)は20代の特権、学んでバイトして旅行して月収500万円以上。オーストラリア出稼ぎ」とか「アメリカでホームステ […]

◆タイでは売春が違法だが黙認されている。それが彼女たちを苦しめる理由とは?

バンコクポスト紙に『危険にさらされるセックスワーカー』という、興味深い記事が掲載されていた。 タイでは今もセックスワークが真夜中の世界を彩っており、最近では中国人女性が「ここにいる99%の男はふしだら」とSNSで流して国際問題になったのも記憶に新しい。(ブラックアジア:中国人女性がバンコク歓楽街に立って「ここにいる99%の男はふしだら」と述べる) タイの首都バンコクは1980年代あたりから背徳の街 […]

◆セックスワーカー49人殺し。ロバート・ピックトンは典型的な死体加虐者だった

2024年5月31日、セックスワーカー49人殺しで収監されていた死体加虐者ロバート・ピックトンが他の受刑者に襲撃されて殺されている。この男は、セックスワーカーを拉致してレイプして殺害するのが好きな男で、さらに死体をミンチにしてソーセージに加工して近所の人に振る舞っていた。こういう死に方は、この男には相応しかったのかもしれない。 * * * 2025年3月6日 世界中、どこでもそうだが、ストリートに […]

◆夜の世界で愛を探すのは、蜜蜂を見つけるために海の中を探しにいくようなもの

セックスワーカーにとって、ストーキングしてくる男たちの問題は深刻だ。吉原のソープランドでもトップランカーの女性が殺されるという事件があったし、ガールズバーの女性もめった刺しされて殺される事件もあった。 夜の女性がこれらのニュースが他人事ではないのは、彼女たちにとってはストーキングされるのは日常であり、実にありふれたことであるからだ。 女性たちは接客の一環として接しているのだが、一部の男たちはそれを […]

◆生涯の早漏。彼らは誰にもいわないで問題を抱えながら秘かに苦しんで生きていく

ウェブメディア『ナゾロジー』で、「早漏は亀頭の大きさと関連していると判明」という記事があった。「生涯の早漏(LLPE)」という言葉があるのをはじめて知ったが、興味深い。(https://nazology.net/archives/150492) 早漏に関しては、セックスワーカーたちから「一瞬で終わる男がいる」というのをしばしば聞いている。 セックスワーカーにとっては、仕事がすぐに終わるので楽な客だ […]

◆梅毒、淋病、クラミジア。歓楽街をうろつく男が知るべき最新の防御法とは?

LCC(格安航空)によって人の移動が簡単になり、莫大な人々が流動的になった世の中では、もはや病原菌の拡散は避けられない出来事であると覚悟すべきである。新たなパンデミックも間違いなく起きるだろう。 最近では、トコジラミの被害も全世界で爆発的に広がっており、インバウンドを取り入れた日本でも広がり続けている。トコジラミについては、東南アジアの安宿には珍しくなかったのだが、これが日本でも広がる時代になった […]

◆生活の安定のためにセックスワークをアルバイトとして使う女たちの存在に思う

タイの首都バンコクの夜の世界には出会い系カフェがいくつかあって、中でも「テルメ」はとても有名な場所だ。 以前、このカフェで女性と話をしていたとき、彼女は「私は週末だけしかここに来ない」と言った。歳は20代の半ば頃、テルメではまだ若い感じがする女性だった。 彼女は月曜日から金曜日までどこかのレストランでウエイトレスをしているのだが、土曜日の夜「だけ」特別に挑発的な衣服を着て、厚化粧をしてテルメにやっ […]

小説『背徳区、ゲイラン』5月末発売。久々の鈴木傾城の東南アジア・闇ワールド

『背徳区、ゲイラン』いよいよ5月末に発売されます。アマゾンで予約を入れて頂ければ、一番早く手に入れることができると思います。上記の画像をクリックするか、以下のリンクをご利用ください。 『背徳区、ゲイラン』鈴木傾城 四汐舎/星雲社 シンガポール・ゲイラン。路上に多くの女たちが立って男を誘う「背徳区」で、私はスリランカから来た女と出会う。しかし、そこは悪意が満ちた暗黒の世界であった。売られてやってくる […]

◆期待せよ。意外に、日本でもマリファナが解禁される方向になると思う理由

2024年5月16日。ジョー・バイデン大統領は、マリファナを「危険性の低い薬物」へと分類変更する案を正式に発表している。わかりやすくいうと、今までマリファナはヘロインや覚醒剤と同じジャンルの「危険なドラッグ」の扱いであったのが、ここからマリファナを外した。 今後、アメリカではマリファナは解熱鎮痛剤と同じ程度の扱いになっていく。 今までバイデン大統領はマリファナに関してはほとんど何も語ってこなかった […]

◆無修正動画を国外サーバーに上げたカップルを逮捕するのが正しいと思わない

最近、無修正のわいせつ動画や写真をSNSに大量アップし、わいせつ電磁的記録記録媒体陳列、わいせつ物頒布等罪の疑いで逮捕されたカップルがいる。 福岡市に住む32歳の男性と、29歳の女性だったが、彼女たちは無修正動画写真3000点以上、無修正動画を190点以上を、とあるSNSに投稿していた。 女性は、InstagramやX(旧Twitter)もやっていたのだが、本名の名前を容易に推測できるアカウント名 […]

◆運が悪ければ相手の過去を知っているだけで「抹殺対象」にされることもある?

プーチン大統領の過去を知っている人間は、次々と「抹殺」されているという話を聞いたことがある。それが真実かフェイクかは私にはわからないが、もし真実であってもさほど驚きはない。プーチン大統領ならやりそうだ。 小池百合子も、過去を都合よく脚色して生きていることが報道されている。彼女も、それを暴く人間や都合の悪い人間を次々と切り捨てて権力に固執しているので、プーチンと同類かもしれない。 他にも学歴詐称や出 […]

◆「頂き女子りり」みたいなタイプは、これからは惨殺されてもおかしくない?

閲覧注意 男に色恋を仕掛け、適当に手玉に取ってカネを奪い取っていく「頂き女子りり」みたいな悪質な女の手口が通用するのは、日本人の男性が大人しいからだと考えている。 「頂き女子」を自称する詐欺女たちは、男が報復してこない前提で物事を考えている。男からカネをむしり取っても、暴力で報復されないというのが彼女たちの前提にある。 ある意味、男をこっぴどく騙しても半殺しにされたり、殺されないというのは、幸せな […]

◆新宿タワマン殺人事件。必死になって貢いだのに、それはただの色恋営業だった

東京・西新宿のタワーマンション「ザ・パークハウス西新宿タワー60」で元ガールズバー経営者だった25歳の女性が、51歳の男にめった刺しされて殺されている。 この男は、彼女がマンション一階にあるコンビニに立ち寄って、部屋に戻ろうとしたときに、待ち伏せしていた男に襲われていた。 男が声をかけると、彼女は驚いて逃げ出した。そこで男は追いかけて、数十メートルにわたって逃げる彼女をナイフで切りつけていたのだが […]

◆日本のセックス産業が将来のどこかで外国人女性が主流になるかもしれない理由

2023年の暮れ頃までは大久保病院周辺で外国人のセックスワーカーが大量にいて、彼女たちがストリート売春をしていたのだが、以後はかなり大規模な摘発が繰り返されて全滅してしまった。 折しも彼女たちが連れ込み宿として使っていた場所も一部が工事されてオフィスビルのような建物が建ってしまったので、ストリート売春がやりにくくなったのか、外国人のセックスワーカーたちの姿は今のところ見かけない。 ただ、面白いこと […]

◆「月に180人以上の男とセックスすること」を義務にされたネパール少女の地獄

インドの背徳区(Red-light District)には、低カーストのインド人女性とは別に、ネパール人の女性もかなりの数で存在する。私が好きだった背徳地はコルカタのソナガチやムンシガンジだが、そこでも多くのネパーリーがストリートに立っていたのが目に焼きついている。 私自身はインド女性が好きだったので、ネパーリーはまったく関心がなかったのだが、置屋《ブラゼル》にぶら下がって生きているピンプ(ポン引 […]

◆ネクロサディスト(死体加虐性愛)の根底にあるものと、はじめの一歩になる行為

最近、日本で起きた死体損壊の事件で、もっとも有名になったのは2023年7月、札幌・すすきののホテルで、田村瑠奈が起こしたものだろう。彼女はダンスクラブ『X』で62歳の被害者男性と知り合ったのだが、この男にレイプされていた。 そのレイプした男がふたたび連絡を取ってきたので、彼女はすすきのにあるラブホテルで男を刺し殺したあと首を切断し、その首を自宅に持ち帰ったのだった。 この事件では、彼女の両親が彼女 […]

◆バンコクでストリート売春をする女性のインタビューがあったのでまとめてみた

タイの首都バンコクのスクンビット通りには、あいかわらず多くのセックスワーカーたちが立っていて、外国人相手にビジネスをしている。最近では、タイ女性・タイ人レディーボーイにまぎれて、黒人女性のセックスワーカーたちも目立つようになってきている。 タイ政府はより多くの外国人を惹きつけるために、マリファナも解禁したのだが、それでセックスとドラッグとアルコールに飢えた外国人たちがますますタイに向かうようになっ […]

◆町田にて。南口の再開発の話が進んで青線地帯の痕跡はますます消えてしまった

「今、町田の南口側が再開発もあって広い土地が更地になっています。もう、傾城さんが書いている『町田青線地帯/グッドナイト・アイリーン』の雰囲気はまったくありません」 このようなメールをもらった。何でも、以前から建物の取り壊しなどがずっと続いていて、あの南口ラブホテル密集地区のいかがわしさも半減してしまったのだという。ラブホテルも取り壊されてしまったのか尋ねると、「まだありますが、もう立ちんぼもいない […]

【特別寄稿】将来、是正不可能な円安がきたとき、はたして日本人は正気でいられるだろうか?

この記事は『鈴木傾城のダークネス・メルマガ編』のコンテンツなのですが、一部日本のアンダーグラウンドにも触れているので、今回のみ【特別寄稿】ということで、ブラックアジアの会員読者にも提供します。(鈴木傾城) * * * 円安が進行している。円安をとめるのは簡単だ。ただ単に、日銀が金利を上げれば万事解決だ。しかし、日銀の仕事は為替相場を操作することではなくて、国内の好景気・不景気を金利で調整することで […]

◆シャナヤ・アビゲイルを筆頭にインドでも多くのヌード女優が出てくる時代に

10年ほど前まで、インドは非常に保守的で、ヌードになった女性がいたら国中でその女性に罵声を浴びせていたような国だった。 カーマ・スートラという古代からの性愛論書を生み出した国ではあったが、近年のインドは「女性はあくまでも慎ましくあるべき」という課長主義的な空気がずっと社会を覆い尽くしていて、女性もそれに従っていた。 しかし、インターネットとSNSとスマートフォンがすべてを変えた。 どこの国の女性も […]

◆人間は、相手を本気で抹殺したいと思ったときには相手に火をつけて肉体破壊する

閲覧注意栃木県那須町伊王野の林道沿いの河川敷で、55歳の男とその妻が殺されて遺体を焼かれるという事件があった。この被害者は上野で飲食店を手広く経営している夫婦だったのだが、商売のやり口がアコギでまわりに敵を作りまくって恨まれていた。 ライバル店の従業員を「アホ、バカ、痴漢」と罵倒したり、客に「あそこの店はマズい、皿を洗っていない」と吹聴したり、相手の店のオーナーに「犬以下のクズ」と怒鳴って殴り込ん […]

◆膨大にある反社会的な性的逸脱行動の種類。それを矯正することは可能なのか?

以前、性嗜好を変えるのは大変なことであり、それは不可能ではないかという話を書いた。(ブラックアジア:真夜中の公園で全裸になり変態行為で逮捕。誰にも理解されない露出症の行く末) 世の中には、法に触れてしまう性嗜好というのがあって、たとえば通りすがりの女性にいきなり全裸を見せつけるとか、公園で全裸になってたわむれるとか、女性のスカートの中をのぞくとか、そういうのはいくら本人が「性嗜好だ」といっても許さ […]

◆未成年の売春にかかわると現場で逮捕されなくても後がヤバいことは知っておけ

歌舞伎町には「病み界隈」に影響を受けた未成年の女の子たちがやってきて「トー横キッズ」としてたむろする光景があり、まわりの大人たちの中から邪悪な男が未成年の女の子に接触して金で釣ってホテルに連れていったりする。 あるいは、大久保公園にも未成年の女の子が道ばたに立ち、声をかけてきた男と値段交渉してホテルに向かったりする。 こうした未成年による売春は非常に厳しく取り締まられることになる。 未成年の売春は […]

◆ラオスの女たち。日本人との国際結婚サービスにラオスの女性たちも進出していた

1990年代、2000年代は、韓国人・中国人やフィリピン人の女性と結婚を仲介する国際結婚相談所が山ほどあった。1990年代はとくに中国人女性との結婚を斡旋する相談所が派手派手にコマーシャルを出していたのをよく覚えている。 こうした国際結婚斡旋サービスは、その後は下火になりながらもなんとか生きながらえていたのだが、「韓国人女性との結婚」「中国人女性との結婚」というのが減っても、「フィリピン女性との結 […]

1 2 141