CATEGORY 会員制

◆「私も売春地帯で働きたい」という女性読者の強い衝動を抑制していたもの

ブラックアジアは売春地帯を描くところからスタートしている関係上、そのコンテンツには売春する女たちの話と、売春の現場と、売春に関わるアンダーグラウンドの動きに関する記事は凄まじく大量にある。 ブラックアジアは「日本最大の売春考察サイト」であるとも言える。 そうした関係もあって「売春地帯に行きたい」という男たちや、「セックス産業で働きたい」という女たちからコンタクトを受けることも多くある。そのような決 […]

◆コカイン、覚醒剤、マリファナ、MDMA。日本もドラッグが蔓延する素地ができた

コカインで逮捕されたのはピエール瀧だった。覚醒剤で逮捕されたのは田代まさしだった。マリファナで逮捕されたのは国母和宏だった。そしてMDMAで逮捕されたのが沢尻エリカだった。 コカイン、覚醒剤、マリファナ、MDMA……。多彩だ。使用しているドラッグはそれぞれ違えども、最近は芸能人が立て続けにドラッグで逮捕されているので、日本でも改めてドラッグの蔓延が認識される。 日本は「島国である。今のところは移民 […]

◆結婚制度の崩壊の先には何があるのかを、表社会の人間たちは誰も知らない

日本のシングルマザーは約123万2000世帯もいる。(ブラックアジア:なぜ日本のシングルマザーは地獄なのか?約123万2,000世帯の半数が貧困=鈴木傾城) その半数が貧困であることを見ても分かる通り、日本はシングルマザーに対して優しくない。日本では女性がひとりで生きていくというのは並大抵はことではないのだが、シングルマザーに対しても、無関心・無干渉を貫く。 私は日本のアンダーグラウンドで身体や性 […]

◆ニオイがまったくしない鈴木傾城の今。あの女たちの匂いを懐かしく思う

11月5日に手術を受けてから数日は、ずっと鼻の奥にパッキングガーゼが詰まったままだったのだが、これが取れてから頭重感が消えた。(ブラックアジア:手術は無事に終わりました。口呼吸をしつつ来週には普通の日常生活に戻ります) しかし、手術によってダメージを受けた部分の腫れが引いて傷口も完全に塞がって完治するには時間がかかるわけで、今も鼻が完全閉塞した状態でニオイも感じない。鼻呼吸ができるようになるのは二 […]

◆手術は無事に終わりました。口呼吸をしつつ来週には普通の日常生活に戻ります

いろいろ心配をおかけしておりますが、手術は無事成功に終わり何とか生き延びております。励ましのコメント・メール等を下さったすべての方に感謝致します。お一人ずつお返事できないことをお許し下さい。(鈴木傾城) このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

◆タイの美人モデル怪死。その裏側にはアルコールとドラッグのワナがあった

タイは、売春地帯でも「コヨーテ」と呼ばれるステージで踊る「客寄せ」のための若い女性モデルたちがいる。どの女性たちも美しく男たちの目を惹く。 こうした女性たちが、まるでセックスを感じさせるような身体の動きをして男たちを欲情させる。(ブラックアジア:この踊る女たちを見よ。売春の現場には必ず挑発的な踊りがある理由) このような「コヨーテ」たちは、実は表社会でも華やかなショーにも欠かせないものになっていき […]

◆68歳の九州工業大学教授がデリヘル嬢に付きまとい逮捕された事件に思うこと

風俗の性サービスには恋愛感情などない。女性はカネのためにそれをやっており、男はそれを分かった上で女性と接している。快楽をカネと交換する。それはあくまでもビジネスである。 ただ、男と女が密室で濃密な接触をするので、時には互いに意気投合して相手に恋愛感情を持つこともあるかもしれない。しかし、それはあくまでも「例外的」な出来事であり、極めて稀なことでもある。 風俗嬢はそこで恋愛の相手を求めているわけでは […]

◆女性2人を相手にする3P。女性が男2人を相手にする3P。そして汚い手口の3P

「40代に入ったが一度も女性と付き合ったこともセックスもしたことがない」という男の手記を読んでいて、私が途中で「やれやれ」と苦笑いを止められなかった文章があった。 この男は「生身の女性とセックスしたい。できれば3P(ふたりの女性と同時にするセックス)も一生で一度だけでも経験したい」と切実に言っていた。 ひとりの恋人とも付き合ったことがないのに、いきなり飛躍して複数の女性と一度にセックスしたいと言う […]

◆日本で増える覚醒剤の摘発。警察組織が弱体化すると一気に覚醒剤が蔓延する

最近、覚醒剤で逮捕される事件が相次いでいる。 芸能人が覚醒剤で逮捕される事件。経産省や文科省のキャリア官僚が覚醒剤の使用で逮捕される事件。民泊での覚醒剤の取引。10万円で雇われて日本に覚醒剤を持ち込もうとした日本人の運び屋、静岡沖の小型船から見つかった1トンの覚醒剤……。 最近、日本に覚醒剤が大量流入している現状に気付いている人もいるはずだ。日本に外国人が増えると同時に、覚醒剤もまた国外から大量流 […]

◆長尾里佳。12歳の少年と性行為してしまう彼女の「性的嗜好」は治るのか?

まだ思春期にも到達しない少年少女、あるいは思春期に入ったか入らないかのギリギリのところにいる少年少女に性的な関心を持つ男は大勢見かける。彼らはペドフィリアだとかロリコンだとか言われて毛嫌いされている。 最近も、日本のある富裕層のひとりがタイのコーンケーンで逮捕された事件もあったが、ブラックアジアではこうした男たちが少年や少女を餌食にして逮捕された内容を大量に記録している。(ブラックアジア:ペドフィ […]

◆「何を考えているのか分からない男」と、セックスワーカーは個室で対面する

閲覧注意タイ・バンコクのナナ・プラザの道を挟んだ向こう側には、ナナ・ホテルがある。このナナ・ホテルの入口あたりには、バーに所属しない女性たちが群れをなして立っていて、行き交う男たちに視線をやりながら自分を拾ってくれる相手を探している。 2019年8月に久しぶりにバンコクに立ち寄ってこの界隈を歩いてみたのだが、光景はまったく変わっていなかった。昼間から女性たちは立っている。そして、夜が更ければ更ける […]

◆アンダーブーブ。乳房の下側を見せる欧米の流行が大流行にならない理由とは?

いつだったか、タイで「アンダーブーブ(underboob)」が流行したことがあったのだが、すでに時代はプラユット首相の時代だったので、「こんなものはタイ女性に相応しくない」として禁止されてしまった。 アンダーブーブとは何かというと「乳房の下側の丸みを見せるファッション」だった。これは5年か6年ほど前から欧米の若い女性たちの間で「SNS映えする」というので流行して、主にインスタグラムなどで流行りはじ […]

◆生気のないデリヘル嬢(2)。下手したら警察沙汰になるかどうかの瀬戸際

野良犬の女たちどこの店にも雇われることがないほど外観や性格に問題を抱えた激安のデリヘル嬢、そして簡易ベッドがひとつだけで壁紙が破れても床が湿っていてもそのまま放置されている場末のレンタルルーム。 部屋の荒廃を隠すために薄暗い灯りしかなく、かすかなカビのニオイがするような密室で、どん底の男たちの性処理は行われる。場末というのは、そこにいるだけで陰鬱になる空間だ。ロマンチックな空気はそこにはまったくな […]

◆生気のないデリヘル嬢(1)。まさか、倒れる寸前の女性がやってくるとは

野良犬の女たち場末のデリヘルにはいろんな問題を抱えた女性が大勢いる。世の中のどん底がどうなっているのか、どんな女性がそこで生きているのかを知りたければ、場末の風俗店をさまようのが最も早い。 太りに太った女性、会話が成り立たない女性、生活保護を受けながらデリヘルの仕事をして生活を立て直そうとしている女性、ネットカフェで寝泊まりしながら生きている女性……。 あるいは、客に罵られ続けて怯えながら仕事をし […]

◆大阪・宗右衛門町。大阪ミナミを代表する巨大な歓楽街の光景

大阪の宗右衛門町は「そうえもんちょう」と呼ぶのが正しいのだそうだが、大阪の人たちは「そえもんちょう」と呼んでいる。 宗右衛門町は大阪ミナミ屈指の観光地である道頓堀・戎橋(えびすばし)から橋を渡った向こう側にある巨大な歓楽街である。東京を代表する歓楽街が新宿・歌舞伎町であるとするならば、大阪を代表する歓楽街はミナミ・宗右衛門町である。 私はそのどちらの雰囲気も好きだ。街の派手さやいかがわしさで言えば […]

◆ハイエナは臆せず貪欲に射精の回数を追求せよ。絶対に自然に任せようと思うな

真夜中の世界はセックスを中心に回っている。真夜中に生きるというのは、セックスをアイデンティティにするということである。男も女もそうだが、特に真夜中に生きる男は積極的かつ貪欲だ。 ハイエナのように、常にセックスを求める男だけが真夜中の世界で生き残れる。逆に言えば、セックスに関心を失ったり、セックスができなくなったら、もう真夜中に生きる理由も価値もなくなる。 ところで、セックスができるかどうかは精神的 […]

◆極限状態では、考えられない・見えない・聞こえない・歩けない状態になる?

閲覧注意実際に災害に巻き込まれると、自分の普段の判断能力は通常の半分以下に、場合によってはゼロになってしまうかもしれない。一番重要なときに判断能力が消失してしまう。災害に巻き込まれた瞬間、場合によっては完全に身動きできない状況になってしまうのだ。身動きできないというのは比喩ではない。本当に身動きが止まってしまう。まるで催眠術か何かにかけられたように動くことができなくなる。(鈴木傾城) このコンテン […]

◆何億円稼ごうが、浪費してしまえばカネは消えて何も残らない人生が待っている

「若い頃はこれでもすごい稼いだのよ」という女性に会ったことがある。今は場末のデリヘルで働いている40代の女性だったが、そう言われてもにわかには信じられないほど体型が崩れていて、派手な化粧もファッションも似合っていなかった。 確かに端正な顔立ちの「面影」は残っていたが、男は「女性の若い頃の面影」に発情するわけではない。「若い頃は」と言われても、男は戸惑うばかりだろう。 しかし、場末のデリヘル店に勤め […]

◆再び日本で、外国人女性による売春ビジネスが爆発的に広がっていくのか?

歌舞伎町のシネシティ広場には、最近はホームレスかホームレス一歩手前の高齢者たちが地べたに座って談笑するようになっており、さらに若者は無遠慮にゴミを捨てるので、どんどん景観が悪化している。 どんなにお洒落な空間にしようとしても、結局はこうなってしまうことに私は苦笑いしながら通り過ぎて、アパホテル側から花道通りに入ろうとする。 すると、途中で胸の膨らみを強調した若い外国人女性が「アナタ、カッコイイネ」 […]

1 148