CATEGORY 事件

◆ストーカーをする人間は、完全に犯罪者。風俗嬢はターゲットにされやすいのだ

愛媛県今治市松本町で64歳のピアノ教師が殺されている。この教師の娘が元ホストの人間のクズみたいな男と付き合っていて、娘は男に激しい暴力を受けていた。 この歌舞伎町のホストだった男は、過去に女性にストーカーしたり、暴行したりして何度も逮捕されている粗暴な男だった。ピアノ教師の女性は娘を守ろうとして殺された可能性がある。 この元ホストのクズだけでなく、ストーカー気質の男は世の中に大勢いる。彼らの執拗さ […]

◆日本最長の逃亡犯・桐島聡が社会的に死んでいるも同然の扱いだったと思う理由

まだ詳細はわかっていないが、1970年代の連続企業爆破事件で指名手配中だった男が、警視庁に確保されている。 桐島聡《きりしま・さとし》、70歳。 男は神奈川県藤沢市内の小さな工務店に20年から30年ほど働いていた男で、まわりには「内田洋」と名乗っていた。70歳だったが極度に痩せていて、80代くらいに見えるほど老け込んでいたようだ。 路上で倒れているところを救急車で運ばれたのだが、胃がんの末期で余命 […]

◆アジア女性を騙し続けて生きていた33歳アメリカ人は完全に「これ」に分類される

欧米人の中には、アジア女性を専門に騙す男がいて、最近もタイで非常に悪質な33歳のアメリカ人「トム」が女性たちに告発されている。このアメリカ人はまだ逮捕されておらず、タイ国内に潜んでいる模様だ。 このアメリカ人の存在を警察に訴え出たのは3人のタイ人女性なのだが、彼女たちは出会い系アプリで知り合っていた。 何度かやり取りして、実際に出会ってからは性行為を動画に撮られ、女性が別れようとすると殴りつけたり […]

◆エプスタインの犯罪と、ビル・ゲイツの窮地と、チャーリー・マンガーの言葉

「貧しい少女を集めて、酒池肉林のハーレムを作り上げる」という邪悪な夢を実現し、さらには政財界の大物たちに相手をさせて弱みを握って裏ビジネスを拡大していったのが、ジェフリー・エプスタインだった。 ニューヨークやフロリダで集めた少女たち数十名に児童売春させていたのだが、やがてカリブ海のリトル・セント・ジェームス島に「セレブ専用の秘密のセックス島」を構築して、そこに多くの著名人を呼ぶようになった。 「大 […]

◆地方公務員として地味に働いていた女性はなぜ風俗嬢であることがバレたのか?

地方公務員は副業できないことになっているのだが、三重県の四日市市で市上下水道局に勤務する30代の女性職員が、名古屋の風俗店で働いていることが発覚して懲戒処分されるという事件があった。2023年12月15日に懲戒処分があって、女性は同日付で依願退職している。 この女性は2021年9月から2023年10月まで名古屋市内の性風俗店2店舗に勤務して、この間に約600万円もの収入を得ていた。彼女は「昼職」と […]

◆死体安置所の怪物。わかっているだけで101人の女性の遺体を屍姦していた男

1987年、イギリス・タンブリッジウェルズで2つの殺人事件が起きていた。25歳の女性ウェンディ・ネル、20歳の女性キャロライン・ピアースが、殺害された事件である。どちらの女性も激しく殴打され、絞殺された後にレイプされていた。 検死結果、女性の遺体は二度に渡ってレイプされていることがわかった。 しかし、この当時はまだDNA検査などの技術が発達しておらず、事件は未解決のまま忘れ去られていった。しかし2 […]

◆持続化給付金2000万円詐取してタイに高飛びし、警察車両で逃走した日本人の逮捕

タイ・パタヤで35歳の日本人が逮捕されている。この男はタイの首都バンコクで収容先の入管施設から警察車両を奪って逃走するという前代未聞の事件を起こしていた。 逮捕時にふてぶてしく笑っている映像が報道されていて「大きな事件で逮捕されているのに、何をニヤニヤ笑っているのか」とSNSでちょっとした話題になった。 この男の名前は八木佑樹(やぎ・ゆうき)と言う。この男は日本で新型コロナウイルス対策の持続化給付 […]

◆男を色恋で騙して金を得る「頂き女子・りり」は、どんな男を騙したのか?

(2021年7月17日に書いた記事ですが、「頂き女子・りり」も詐欺罪で逮捕されたようだ。彼女の手口に関わった女性も逮捕だろうか……) まともに生きていれば絶対に出会わないが、真夜中の世界で生きていたら毎日出会うタイプの女性がいる。色恋で男を騙して金を貢がせる女性である。 こういうタイプの女性は恐らく資本主義が誕生したその瞬間から存在していたと言えるが、「女ペテン師」だの「女詐欺師」だの「貢がせ女」 […]

◆14年間1000回以上にも渡って犯され続けて性奴隷にされていた女性もいる世界

世界のアンダーグラウンドで起きているニュースを見ていると、少なくない頻度で目にするのが「女性監禁」「性奴隷」の報道である。気に入った女性を自室に監禁して、ひたすら性奴隷として酷使する男がいるのだ。 この事実は女性にとっては悪夢以外の何者でもない。ところが、そのような事件がしばしば起こる。それだけ強烈なまでの性欲に支配された男が世の中にいるということであり、それは無視できないリアルな現実の世界でもあ […]

◆違法デリヘル店の女性を自宅に呼んだ木原誠二。その脇の甘さは致命的レベルだ

木原誠二官房副長官が、妻の元夫の怪死事件を揉み消したとか、愛人がいたとか、公選法違反の疑いがあるとかで、連日のように週刊紙に追求されて窮地に落ちているのだが、その関連で今度は「違法デリヘル店を利用していた」こともスッパ抜かれて、ますます追い込まれてきている。 ここまで来たら、恐らく岸田首相も火の粉を振り払うために木原誠二氏を切り捨てるしかなくなってくるので、1ヶ月以内には木原誠二氏は官房副長官の座 […]

◆盗撮ハンター。盗撮した男からカネを騙し取る金額が100万円なのは理由がある?

ここ数年、アンダーグラウンドの世界で秘かに広がっている犯罪が「美人局(つつもたせ)」と「盗撮ハンター」だ。この2つは違う種類のように見えるかもしれないが、どちらもよく似ている。 最近、新宿の大久保公園もそうだが、いくつかの都市の繁華街のラブホテル街が近いところで素人の未成年の女の子がよくストリート売春のために立つようになっている。サラリーマンなどのカタギの男が、そういう未成年の女の子に声を掛ける。 […]

◆娼婦連続殺人事件を引き起こした二面性ある犯罪者と私は心理的には同類か?

2007年から2011年の1年間、アメリカのニューヨーク郊外のロング・アイランドで、11人の遺体が見つかった。この遺体のほとんどは若い女性で、セックスワーカーとして働いていた女性であったことが分かっている。 女性たちの遺体はどの遺体にも所持品も着衣もなかった。迷彩の黄麻布に包まれて間隔を置いてそれぞれが注意深く埋められており、衝動的な殺人ではないことを伺わせていた。 どの女性も小柄な24歳から27 […]

◆100%自滅するのが決定づけられている人。表社会でも裏社会でも生き残れない?

2023年6月1日、静岡県沼津市で2人の若い男女が逮捕されている。男は20歳、女は24歳。ふたりは静岡県沼津市の千本浜海岸で生後間もない女の子の遺体を焼いて放置したとして身柄を拘束されたのだった。 遺体は2人が逮捕される6日前に発見されている。早朝に釣りをしていた男性が発見した。遺体は数時間も焼かれていたが、それでも完全に炭化したのではなく、遺体の一部が人間の形をして残っていた。 検死の結果、この […]

◆「社会を恨んでいる。無期懲役になりたい」と無差別事件を起こした男の心の中

「社会を恨んでいる。誰でもいいから殺したかった」と言いながら、容赦なく人を殺して無期懲役になった男がいる。 小島一朗だ。 2018年6月9日、走行中の東海道新幹線・東京発新大阪行き「のぞみ265号」の車内で、ナタやナイフを振りかざして見も知らぬ人を3人殺傷させたのがこの男だった。ナタはホームセンターで買ったもので、ナイフは別の場所で買って揃えていた。 当時22歳だったこの男は、新幹線の通路側の席に […]

◆タイで起きていた「バラバラにできなかった事件」これはぶざまな事件だった

タイは大量の外国人が潜り込んでいる国なのだが、2023年5月15日、奇妙な事件が起きていた。 ラゴダ・フィリポウという名の25歳のポーランド人が正午にタクシーにスーツケースを乗せて、カジノに行きたいと言い出した。56歳のタクシーの運転手は了解して、いくつかの地下カジノに案内した。 しかし、この男はどれも気に入らなかったのか、それとも最初からカジノなどする気もなかったのか、すぐにタクシーに戻ってきた […]

◆底辺でもがいている若者がいつまでも大人しくしているとでも思っているのか?

フィリピンの入管収容所にいた日本人たちが、SNSを使って若者を使い捨てにしながら大量の強盗犯罪をしていたことが発覚して日本に衝撃を与えた。(若者を闇バイトに堕としたのは誰か?「裏がある」と知りつつ応募してしまう心理=鈴木傾城 ) そして、最近はまた彼らとは別のルートで闇バイトで応募した未成年の若者たちが逮捕されている。2023年5月8日、東京・銀座の高級腕時計店で起きていた強盗事件では4人の若者が […]

◆府中のラブホテルで24歳の地下アイドルの女性が54歳の男に殺されるという事件

2023年2月3日、府中市のラブホテル『レステイ府中』で24歳の女性が、首を複数回刺されて死亡するという事件があった。彼女は全裸で、ベッドの上で仰向けになって死亡していた。 男は先にラブホテルを出ていた。チェックアウトの時間になっても女性が出てこない上に室内からの返答も見られない。そこでホテル側が警察に通報し、警察が部屋に踏み込んだところで彼女が死んでいるのが分かったのだった。 警察が調べたところ […]

◆次々と摘発されていく乱交パーティー。世間は彼らの不品行を非難するが……

2022年6月に、静岡県浜名湖畔の施設で乱交パーティーが摘発された事件があった。この事件は主催者が自衛官であったことと、乱交パーティーに参加した人数が120人という大規模であったことで大きな話題となった。ちなみに、この男女2名は不起訴処分となっている。 その後も、乱交パーティーは次々と摘発されている。8月には7人の主催者が運用する乱交パーティーが摘発されたのだが、この主催者には医師も僧侶もいたとい […]

◆堕ちていく日本。これまで途上国で起きていたような産み捨て事件が続々と……

戦後の混乱期には日本で赤ん坊の産み捨て事件が続出した。それも致し方ない時代だったかもしれない。日本の国土は見渡す限り焼け野原と化し、人々は飢え、おにぎり一つで身体を売って「こんな女に誰がした」と女性が嘆く時代だったのだ。 孤児《みなしご》も多かったが、親を失った子供たちだけでなく、親に棄てられた子供たちも多かったのである。しかし戦後の混乱が収まるにつれて、赤ん坊の産み捨ての事件はどんどん減少してい […]

◆「4630万円で一生逃げ回る」という人生ゲームで、あなたは逃げ切れるだろうか?

山口県阿武町が田口翔という24歳の無職の男に誤って4630万円を振り込んで、返さないどころかネットカジノで全部使って逮捕されるという事件があった。 この男はこの4630万円が振り込まれるまでは口座に665円しか入っていなかったということなのだが、665円しかないところに突如として4630万円が魔法のように転がり込んできて、さぞかし驚いたはずだ。 普通の人なら「これを使ったらマズいな」と考えて、素直 […]

◆臨月の風俗嬢がギリギリまで働き、ホテルを子供を産み捨てて逃げる事件に思う

2022年5月10日。大阪堺市のとあるラブホテルで、デリヘル嬢がトイレで女児を産み落とし、そのまま放置して逃亡して逮捕されるという事件があった。赤ん坊は無事だったが、奇妙な事件だった。 何が奇妙だったかというと、彼女は赤ん坊を産む直前までデリヘルの仕事をしていて、客とこのホテルにいたのである。要するに彼女は「臨月の風俗嬢」であったということだ。 私の著書『デリヘル嬢と会う』では、私が会って話を聞い […]

◆反マスクで炎上する行為と、中学2年生を妊娠・出産させる行為の根底にあるもの

YouTubeで反ワクチン・反マスク活動を展開し、渋谷でもクラスターフェスを開いて反マスクを公言して顰蹙を買っていた男が、中学2年生を妊娠・出産させたとして大騒動になっている。 中学2年生と言えば、13歳から14歳である。40歳にもなった男が中学2年生を性の対象にするということだけでもおぞましいが、女性を妊娠・出産させたということにも驚きを感じる。 立憲民主党の議員で「50歳近くの自分が14歳の子 […]

◆睡眠薬強盗・レイプは東南アジアやインドだけでなく日本でも広がっていくのだ

つい先日、「インドではチャイをご馳走してくれる」というあるツイートに対して、インド・スパイスの専門家の女性が次のように答えたのがバズっていた。 『インドで無償の飲み物を飲むのは絶対にダメ。特に女性は危険。睡眠薬が入っていたらもう逃げ場がありません。気持ちだけ感謝を伝えて、路上の他、小さな商店や洋服店などでも注意してました』 これは正しいかどうか。もちろん、正しい。インドに限らず、旅先で「親切の気持 […]

◆「何でも処方する睡眠薬ジャンキーの御用達」だった歌舞伎町のクリニック

歌舞伎町の裏界隈では、患者が欲しいという薬を何でも処方するというクリニックがいくつもあるのだが、その中のひとつであった東京クリニックの51歳の院長が逮捕されたというので、アンダーグラウンドで話題になっている。 SNSや大手掲示板でも、睡眠薬ジャンキーの書き込みにはしばしば「歌舞伎町の東京クリニック」の名前が出ていた。 「あそこに行けば何でもくれる」 あまりにも薬をばらまくので薬機法違反か何かで逮捕 […]

◆「仕事が欲しければ俺と寝ろ」誰もが知っている社会の闇はこれからも続いていく

榊 英雄《さかき・ひでお》という映画監督が、自らの映画に出る女優たちに性行為を強要したとして、7人の女優に告発されたという事件があって、公開予定だった映画も中止になる事件があった。 そうした衝撃も冷めないうちに今度は榊英雄とつるんでいた俳優である木下ほうかという男優もまた「演技指導」という名目で女優を自宅に呼んで同じように性行為を強要していたことが明らかとなった。 2017年に、ハリウッドを代表す […]

1 3