◆セックス産業は女性にとって救いなのだろうか。搾取なのだろうか?

◆セックス産業は女性にとって救いなのだろうか。搾取なのだろうか?

あなたは、カネの使い方がうまくなくて莫大なカードローンを抱えた女性と恋人になったり結婚したいと思うだろうか。別に気にならないという男もいるだろうが、表で生きる多くの男はそうした女性をパートナーとして見ない。一般的にそのような傾向がある。

あなたは、学歴もなく深く考えることもなく計算もできない女性と恋人になったり結婚したいと思うだろうか。彼女が空前絶後の美しさを持っていれば話は変わるかもしれないが、普通の女性がそうなら表で生きる多くの男はそうした女性をパートナーとして見ない。

あなたは、アルコールやドラッグに依存した粗野な女性と恋人になったり結婚したいと思うだろうか。やはり、表で生きる多くの男はそうした女性を自分のパートナーにしようとは思わない。

あなたは、子供を抱えて貧困に苦しんでいる女性と恋人になったり結婚したいと思うだろうか。やはり、表で生きる多くの男は「荷が重い」と感じてそうした女性を自分のパートナーにしようとは思わない。

そうした女性たちは、パートナーを探す以前に、仕事を見つけることすらも難しくなっていく。彼女たちはどうなるのか。誰の助けもない。普通の仕事もない。しかし、そんな彼女たちを吸収する産業がある。それがセックス産業である。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事