高齢者が放置され、障害者が放置され、貧しい子供たちが放置される光景

日本はこれからも豊かさを維持できるのだろうか……。少子高齢化の弊害によって社会が硬直化し、イノベーションが消え、人々は社会変革を拒み、若者は結婚できず、実質賃金は30年ほとんど上昇せず、国力が目に見えて低下してく中で、日本は今まで通りの経済力と国際的影響力を保持できるだろうか。(鈴木傾城)

◆稼げなくなってしまった風俗嬢は、もう昼職に戻るしか手がないのではないか

全世界の売春地帯、全世界のセックス産業、全世界のナイトライフが一斉に閉鎖され、女たちも男たちも身動きできない事態になるというのは、私も生まれて初めて経験することだ。 まさか、自分が生きている間にこのような衝撃的なことが起こるとは、いろんなことが起こる確率を考え、探るのが好きな私も「一片」すらも思わなかった。今、地球上のすべての歓楽街がシャットダウンしたも同然となっているのである。 しかも、各国が国 […]

トークイベント、8月10日『Loft PlusOne West』でやることに決まりました

先日、周知した『ボトム・オブ・ジャパン刊行記念トークイベント』ですが、8月10日(月)に、大阪の『ロフト・プラスワン・ウエスト』でやることに決まりました。具体的な場所は、以下のところになります。(チケット購入も以下のページでお願いします) ロフト・プラスワン・ウエスト大阪府大阪市中央区宗右衛門町2-3 美松ビル3Fhttps://www.loft-prj.co.jp/schedule/west/1 […]

ブラックアジア有料メンバー募集のお知らせと、新著とトークイベント等のこと

ブラックアジアでは、有料会員を募集しております。会員登録することによって、膨大な過去記事がすべて読め、新規に上がる会員記事も1年間読むことができます。売春、暴力、殺人、犯罪、狂気、戦争……。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドの世界を、読んでみませんか?

◆「早くて来年、遅くても3年以内にはコロナに感染するかもしれない」と思う

自分がコロナにかかるかどうか。私自身は、東南アジアやインド圏をさまよい歩くハイエナ稼業をやめないのであれば「早くて来年、遅くても3年以内にはコロナに感染するかもしれない」と考えている。 コロナのワクチンについてはアメリカ政府が製薬大手と組んで、一刻も早くワクチンが製造できるように動いている。 場合によっては今年中に「それなり」に効くワクチンが開発されて、来年から出回るかもしれない。だから、コロナ自 […]

100人に1人はサイコパス。私たちは人生のどこかで必ずサイコパスと出会う

サイコパスは決して変わらない。傲慢で、自分勝手で、極度に利己主義で、他人を利用し、言うことを聞かなければ恫喝し、罵倒し、従わせる性格は一生そのままだ。だから、サイコパスが変わることを期待してはいけない。サイコパスは話せば分かるわけではない。話しても分からない。(鈴木傾城)

◆梯 沙希(かけはし・さき)が起こした育児放棄と、責められるべき裏側の闇

2020年7月7日。ひとりのシングルマザーが保護責任者遺棄致死の容疑で、警視庁捜査1課に逮捕されていた。 彼女の名前は、梯 沙希(かけはし・さき)、24歳。3歳の長女を東京のJR蒲田駅近くの1DKのマンションに放置したまま、6月5日から13日まで九州に出かけて知り合った男性と会っていて子供を餓死させていた。 彼女はJR品川駅近くの居酒屋で働いていたのだが、この時に九州で会っていた男性は、その居酒屋 […]

災害で壊滅するかもしれないのは日本も同じ。災害の巨大化は他人事ではない

気象の異常によって起こるのは、豪雨・豪雪・ハリケーン・台風・ゲリラ雨・干魃・熱波・洪水・海面上昇だけでなく、地球上を覆い尽くすような蝗害被害も生まれるということを私たちは目にした。現代文明も脆弱だ。先進国が災害によって崩壊したら、超ハイテク文明は維持できなくなって一気に崩壊する。(鈴木傾城)

◆ほとんどのハイエナは身動きできないままだが、死んでいるわけではない

観光地としてのパタヤはコロナによって壊滅的ダメージを受けており、多くのゴーゴーバーやオープンバーが開店休業に追いやられている。 そんな中でも、わずかに残った長期滞在組のファラン(白人)を目当てにして、開いているバーもあったりする。しかし、客の絶対数が少ないためにパタヤはかつての姿には到底戻れない。 タイでも「国内旅行をしよう」というキャンペーンが2020年7月15日から行われて、パタヤにもタイ人観 […]

◆『ボトム・オブ・ジャパン』はできています。あとは本屋に並ぶのを待つだけ

今まで何の制限もなく、自由に気ままに好きなだけ夜の街をほっつき歩いていた。しかし2020年は、中国発コロナウイルスのパンデミックでそういうわけにはいかなくなった。「やれやれ」と思う。 本当は3月に東南アジアのどこかに出かけ、東南アジアの真夜中を再びうろうろしたいと思っていた。スラムみたいなところに沈没して、安いメシを喰らい、暑さに汗をかき、野良犬のようにさまよい歩きたかった。 タイに行こうか、カン […]

コロナで現代の資本主義社会が崩壊する不吉な予感を持つ人がゴールドを買う

資本主義の崩壊、国家崩壊、クーデターと預金封鎖、第三次世界大戦のような大きな戦争、大量殺戮を伴う内戦、国をまたぐ逃亡……のような生存すらも脅かされるような極限的なサバイバルをしなければならない将来が想定されるとき、ゴールドだけが燦然と輝く真のサバイバルツールとなる。不動産は持って逃げられないし、資本主義が完全に崩壊したら紙幣も株式も意味がなくなる。ところが、ゴールドだけは相変わらず価値があるのだ。 […]

◆ホストの犯罪。「夜の街」の人間たちを舐めていたら100%騙されると思え

2020年7月。大阪ミナミのホストクラブ『ONE STARS』を経営していた田中雅秀という男と店の従業員2人が、ひとりの女性を1年2ヶ月に渡って売春を強要していたとして逮捕されていた。 このホストクラブの経営者に売春を強要されていた女性は40代の女性だったが、ほぼ毎日のように売春をさせられていて毎日10万円を稼ぐようにノルマを課せられていた。 結局、警察に保護されるまでに2900万円近くを売り上げ […]

どん底が広がる世界では、今よりも清潔ではない環境を受容できる精神力が必要

その清潔さに子供の頃から慣れてしまうと、今度はそれより劣る環境に対する耐性が持てなくなる。無理やりそこに放り込まれると、激しい失意や恐怖に陥る。社会が清潔になりすぎると、今よりもレベルの落ちた環境を不潔に思い、精神的に対応できなくなってしまうのである。その気持ちが人生の困難なときに訪れる生活のダウングレードを難しくする。どうすればいいのか。(鈴木傾城)

◆東南アジア行きが解禁されたら、私の理性は吹き飛んでコロナに感染する

中国発コロナウイルスは人々に「非接触」を強いるのだが、夜の街というのは「超濃厚接触」のためにある場所なので、「非接触」とは真逆にある。 そのため、夜の街がコロナの感染源になるというのは分かっていたし、実際にホストクラブ・キャバクラ・風俗は4月あたりから感染者が相次いでいて「感染源」になっていたのは明白だった。 そういう状況は分かっていたので、私は3月あたりから「真夜中の女たち」「野良犬の女たち」に […]

◆「竹の塚」のリトル・マニラ。フィリピン女性は今もいる

(2020年7月20日、竹の塚のフィリピンパブ「ソシアリスタ」と「ヴィーナス」で中国発コロナウイルスの集団感染(クラスター)が発生しているのだが、竹の塚のフィリピンパブは、私も2015年11月に訪れて記事にしたことがある。このようなところだった) * 東京都足立区の東武伊勢崎線に「竹の塚」という駅がある。公団住宅や都営住宅が建ち並ぶこの界隈は、2005年ほどまでは「リトル・マニラ」と呼ばれていた場 […]

「1日でも1分でも1秒でも長生きした方が幸せ」と人生を考えるのは浅はかだ

老いていなくても、何らかの不治の病、何らかの精神的な疾患、何らかの事情で、本人が死にたいと思うほどの困難で第三者が見ても生きている方が苦痛であると認識される場合、「死の選択」はあって然るべきではないのか。確かに生命は大切だ。思いつきで死ぬのは馬鹿げている。しかし、生きることに対して多大な苦しみしか生まない人生もあるわけで、そういう人たちに対しては「死」という選択肢があることは救いではないのか。(鈴 […]

◆悪い女との出会いも、思春期の頃の甘酸っぱい想い出と同じように昇華する

世の中には男を騙すことしか考えていない「悪い女」も大勢いる。そんな女性にハメられたことは何度もある。人間なんて何を考えているのか分からないものだ。女性が本気で騙してきたら見抜けるはずなんかない。 真夜中を野良犬のようにうろついていると、多くの出会いがあって別れがあるのだが、多く出会った分だけ痛い目や悲しい目に遭わされてきた。さんざん騙されて、盗まれて、たかられて、ワナにかけられて、罵られてきた。 […]

◆武器としてのワクチン。もし、ワクチンを一国が独占したら何が起こるのか?

中国発コロナウイルスのワクチンの開発に成功するのは「先進国」か「途上国」か。この答えは100%「先進国」である。多くの途上国はワクチンを開発する技術もなければ基盤もない。 パンデミックで経済的に極度に追い詰められるのは「先進国」か「途上国」か。この答えは100%「途上国」である。先進国は金融緩和と財政出動で企業や国民を守るだけの余裕がある。しかし、経済的に脆弱な国は余裕がない。そのため、大量の国民 […]

問題解決能力が備わっている人から見ると、何もできない人は理解できない

問題解決能力がある人は、自分が追い詰められたら、必ず解決方法を探し、対処方法を考え、実行し、時には多くの人に助けを求めて窮地を脱する手がかりを得ようとする。こうした努力ができる人は気付いていないかもしれないが、実は「改善に向けて努力する」ということ事態が「能力」なのである。(鈴木傾城)

◆インドネシアで300人の子供を性的に弄んでいたフランス人が自殺している

2020年7月9日。インドネシアで、フランソワ・カミーユ・アベロという65歳のフランス人の男が拘置所の監房内で自殺した。首の骨が折れた状態で発見され、3日後に病院で意識が戻らないまま死んだ。 この男は何者だったのか。 年金生活に入ってからインドネシアのジャカルタを観光ビザで何度も訪れて、そこで貧しい子供たちをカネで釣ってホテルに連れ込み、性的な虐待をしていた男だった。典型的なペドフィリア(児童性愛 […]

映画『太陽の墓場』。大阪のドヤ街『釜ヶ崎』を描いた1960年の生々しい映画

2014年7月、大阪を訪れて大阪環状線に乗っている時、今宮駅で人身事故が起きて電車が1時間以上も再開不能になったことがあった。 仕方なく電車を降りて、たまたまその時に停まっていた駅「新今宮」で降りて、街をぶらぶらしてみた。(ブラックアジア:大阪。あいりん地区と、飛田新地に寄ったので歩いてみた) それが私と「あいりん地区=釜ヶ崎」との初の出会いだった。それまで私は日本の貧困にはほとんど関心を持ってい […]

◆食べていけない風俗嬢がいるのは分かっているが風俗は休業した方がいい理由

私は2020年の3月の段階で、中国発コロナウイルスは間違いなく「夜の世界」を直撃すると冷静に観察して、その時点から一切「夜の世界の住民」に会わないように決めた。そして、仕事に出るべきか辞めるべきかという選択で悩んでいる風俗嬢がコンタクトしてきたら、迷わずこう言った。 「仕事はすべきではない」 なぜなら、風俗の仕事は「超濃厚接触」であるのは間違いないし、市中感染が広がったら間違いなく風俗嬢も感染する […]

1 146

カテゴリ別・新記事