日本の女性受刑者の約40%は覚醒剤で刑務所に。女たちは知らずして堕とされる

日本の女性はどんな罪で逮捕され、受刑者となるのか。日本女性の犯罪の約40%は「たった1つの犯罪」で占めていることに驚く人も多い。その1つとは何か。 それは、「覚醒剤」の所持・使用だ。 平成27年版の「犯罪白書」では、女性受刑者の38.2%が覚醒剤取締法違反であったと記録している。 彼女たちはほとんどが出所したらまた覚醒剤に手を出して戻ってくる。覚醒剤は再犯率が高く、覚醒剤で受刑している女性たちの多 […]

◆身体中にタトゥーがあり、ピアスも14個いれた癒やし系デリヘル嬢(2)

彼女は光の具合では、ほとんどシルバーに見えるほどの明るい金髪をしており、眉にも、唇にも、耳たぶにもピアスが入っている。着ているものも、凄まじく派手だ。顔立ちも少し不思議な雰囲気があった。 一見するとごく普通の日本人女性の顔立ちなのだが、細部を見るとどこか作られたような人工的な感じがする。整形なのかと思ったが、整形と感じさせるほど誇張された部位があるわけでもない。 何だろうか。もしかしたら、化粧が普 […]

◆身体中にタトゥーがあり、ピアスも14個いれた癒やし系デリヘル嬢(1)

野良犬の女たち 私が初めて眉にピアスをした女性を見たのは、タイの売春地帯だったのか、それともシンガポールの売春地帯だったのか、どちらが先だったのか覚えていない。ただ、ピアスをした女性のひとりは鮮明に覚えている。 彼女は、シンガポールの売春地帯にいたインドネシアの女性だった。眉の左側にピアスが入っていた。そんなところにピアスが入った女性は見たことがなかったので、私はとても彼女のことを印象深く思った。 […]

時代は流れていき、私たちは知らずして取り残されたことに動揺する

2019年2月11日にドイツの首都ベルリンで映画祭があった。そこでレッドカーペットを歩くひとりの女性の写真があって「ナスターシャ・キンスキー」と説明が書かれていた。写真の女性の顔はまったく見覚えがなかったが、その名前はよく知っていた。 ナスターシャ・キンスキーと言えば、映画『テス』に出ていた女優のはずだ。(ブラックアジア:ナスターシャ・キンスキーが映画『テス』で見せた薄幸の由来) 彼女の映画はこの […]

◆盗撮カメラの氾濫。最悪の事態は覚悟しなければならないのかもしれない

2019年03月20日、韓国の警察は4人の男を逮捕している。この男たちはホテルに隠しカメラを設置し、その映像をインターネットで「生中継」していたのだった。 隠しカメラが設置されたホテルは30の宿泊施設で、総計42の客室に仕掛けられ、2018年11月24日から2019年3月3日までに1600人の宿泊客が盗撮の被害に遭っていた。このインターネットの「生中継」を見るために4099人がメンバー登録をしてい […]

資産数兆円のインド富裕層の結婚と、貧困にあえぐ売春地帯の娘のこと

2018年12月12日。インドのあるカップルが結婚した。花婿の方はアナンド・ピラマル。花嫁の方はイシャ・アンバニ。「ピラマル」だとか「アンバニ」だとか言われても、日本人はまるでピンと来ない。 しかし、このふたりはインド有数、いやアジア有数の「超」富裕層の一族の子息子女である。 イシャ・アンバニの父親は、インド最大のコングロマリット「リライアンス・インダストリーズ」の創始者ムケシュ・アンバニ氏であり […]

◆23歳の日本人ふたりが、カンボジアでタクシー運転手を殺害するという事件

閲覧注意 (最初は公開記事でしたが、遺体写真や本人たちのプライバシーを含むので急遽、会員制記事に変更しました。ご了承下さい) 信じられない事件がカンボジアで起きていた。ふたりの日本人の若者が「カンボジア人のタクシー運転手を殺した」というのである。 私たちは、途上国で日本人が金目当てで現地の人に殺される事件はよく聞く。しかし、日本人が途上国に行って、強盗計画を立てて現地の誰かを殺すなど聞いたことがな […]

◆そして神戸。元町の南京町、大安亭市場。そしてソープ街「福原」を歩く

アンダーグラウンドには、身体と性サービスを売りながら、日本を転々として回っている女たちがいる。今、私はこうした女たちを追いかけて話を聞いている。(ブラックアジア:野良犬の女たち(ストリート売春、そして流れ者の女)) 女性は一ヶ所に定住する傾向があるのだが、風俗の女たちは意外に流れ者のように生きていたのである。 その理由は「身バレしたくない」「追い込んで稼ぎたい」「地元に働き場所がない」「諸般の事情 […]

ブラックアジア:ストリート漂流(日本のいわくありげの街を写真で見る)

日本のストリートを漂流して書き留めた記事がかなりの数になってきましたので、ひとつのカテゴリーとしてまとめておきます。「ブラックアジア:ストリート漂流」と名付けました。鈴木傾城が実際に街を歩いて記録したものです。主に撮りためた写真でコンテンツを構成しております。

グレタ・トゥーンベリが大人になる頃、世界は災害まみれで終わっているか?

フィリピンが大変なことになっている。深刻な「水不足」だ。雨が降らず、貯水量も21年ぶりの少なさとなり、100万世帯が3ヶ月の断水となっている。人々は仕事をすることもできず、水を求めて給水車に並んでいる。農作物にも多大な悪影響が出てきている。 インドネシアが大変なことになっている。「洪水」だ。東部パプア州で広範囲が水に覆われて救援活動もできず、すでに50人以上もの人が犠牲になった。まだ水が引かないの […]

◆ニュージーランドの大量殺人。多文化共生の強制は大量殺人を引き起こす

閲覧注意 2019年3月15日。ニュージーランドのクライストチャーチで、銃で武装した男がモスクを襲撃し、50人が死亡するという事件が起きた。まさに大量殺人事件である。この数字はニュージーランドでも最悪の犠牲者数となっている。 犯人は、28歳のオーストラリア人で名前を「ブラントン・タラント」と言った。この他にも男2人、女1人が共犯者として逮捕されている。ブラントン・タラントの自称だが、「ごく普通の白 […]

◆インドネシアの「線路沿いの売春地帯」を取り巻く厳しい現状とは?

インドネシアの首都ジャカルタには、いくつかの売春地帯があるのだが、最近はその中でも「線路沿いの売春地帯」がよく話題になっている。 ブラックアジアでも、この売春地帯は取り上げた。(ブラックアジア:ジャカルタの線路沿いの売春宿がこんな風になっていたとは) この売春地帯にはブラックアジアの読者も複数人が訪れており、生々しい写真と共にレポートも頂いている。 ・ジャカルタにある「線路沿い売春宿」は生き残って […]

「何もしない、できない」人は、今後は家庭からも社会からも見捨てられる

世の中には、誰から何も言われなくても自分から努力して成り上がれる人もいる。彼らは「継続は力なり」のような言葉を座右の銘にして、よく考え、よく働き、着々とキャリアを積み上げて社会の頂点に向けて動いていく。 しかし、そんな人ばかりではないのは事実だ。遺伝的に、性格的に、気質的に、どうしても努力できない人がいる。 努力すれば何とかなる局面でも、努力しないのでなし崩しに落ちぶれていく。そして、必然的に社会 […]

◆ヌードもセックスも、さらけ出すことができる女性が生きやすい時代に

「自分のヌードを見て欲しい」「自分のヌードで注目を浴びたい」と思っている女性はそれほど多くない。しかし、皆無ではない。自分のヌードで注目を浴びたい女性はいる。 インターネットもスマートフォンもなかった時代、女性が自分のヌードを大勢の人に見てもらいたいと思ったら、どうすればよかったのか。 まずは、「自分を撮ってくれる人」と「ビデオやDVDを作ってくれる人」と「それを流通に乗せてくれる会社」のすべてが […]

ホームレスではないが、限りなくそれに近いギリギリの一線にいる人たち

日本はバブルが崩壊した1990年代から底辺で貧困層が増え始め、自殺も3万人超えが普通になっていた。しかし、1990年代は「まだ日本は経済大国である」という自負もあったせいか、ほとんどの人は底辺の異常に気付かなかった。 この頃、「貧困」は日本人の意識外だったのだ。 その忘れられていた「貧困」が意識されるようになっていったのは2000年以降だが、ちょうどこの頃から製造業でも非正規雇用が取り入れられて拡 […]

◆異国で結婚生活を長く送るには「4つの許容」がないとやっていけない?

東南アジアの女性と日本人を国際結婚させる会員制の「結婚紹介所」が日本にはいくつかある。女性の出身は、タイ、カンボジア、ベトナム、フィリピンと多岐に渡っている。怪しいところもあるのだが、しっかりしたところもある。 こうした結婚紹介所を利用して結婚する日本人男性に、紹介所のスタッフが必ず説明することがある。それは、「女性が毎月親に仕送りするのを許容し、仕送り金を出してあげて下さい」というものである。 […]

価値よりも価格の安さに釣られて粗悪品を買うと最終的に損する理由とは?

中国は競争に打ち勝つために、全世界から非合法な手段で技術や機密を盗んで高品質な商品を製造する。しかし、その一方で丸パクリして劣化させた「粗悪品」をも世界中にばらまく。 高品質なものを作るのは難しいが、粗悪品を作るのは簡単だ。そのため、世界中どこでも粗悪品を見ない日はない。「安かろう、悪かろう」であると分かっていても、安ければ買う人間がどこにでもいるのだ。 私は途上国を好んで旅していたので、粗悪品を […]

◆「脳」をドーピングすると、増強された記憶力が手に入るという裏の事実

身体的な能力は鍛えれば伸びる。だから、努力は必要であるのは間違いない。しかし、努力が必要なものには「チート(裏道)」が常に存在する。それが、ドーピングだ。身体能力をドラッグで増強する。 オリンピックではドーピングがいつも噂になる。ドーピングとは要するにドラッグで肉体能力を向上させる方法だ。これが禁止になるのは、ドラッグを使った選手と使っていない選手の差が歴然として現れるからだ。 ところで、「脳」も […]

◆白い膜を顔に張り付けたような女(2)コミュニケーションが取れない

野良犬の女たち 自分の境遇をうまく説明して話ができる人もいる。しかし、自分の身に何が起きているのかを順序立てて話せない人もいる。対人関係が苦手で、コミュニケーションがうまく取れないというのは不幸なことだ。 私の目の前にいた女性は、まさにその典型だったと言えるかもしれない。 うまく話せない。うまく説明できない。恐怖ですくみ上がり、やるべきことが何もできない。普段の彼女がどんな風なのかは分からないのだ […]

◆白い膜を顔に張り付けたような女(1)彼女は小刻みに震えていた

野良犬の女たち 雨が止まない。3月に入って少しは暖かくなってきたのかと思ったが、再び冷たい空気が戻ってきて傘をさして歩く人々も不機嫌に見えた。そんな中、私もまた雨にうんざりする人々の中に紛れ込み、新宿東口から久しぶりの歌舞伎町に入った。 雨だというのに、中国から来た観光客は相変わらず精力的で、キャリーバッグを転がしながら歌舞伎町を行き来している。その脇を大きなカバンを持って奥へ奥へと歩いている若い […]

1 151

カテゴリ別・新記事