CATEGORY 風俗

◆フェミニズムという思想よりもセックス産業の方が需要がある。それが現実の姿

2020年、2021年はコロナ禍で社会は大ダメージを受けたのだが、水商売や風俗業もこの期間は凄まじい売上の減少と倒産に見舞われた。 コロナ禍は特に「人と人の接触」が避けられる疫病だったわけで、超濃厚接触をせざるを得ない風俗業界は特に2020年の春から夏にかけては全店舗が存続の危機に陥った。客は来ないし女性たちも出勤しなかったのである。 こうした逆風の中で、店は営業を停止したり、規模を縮小したりして […]

◆「職歴の空白」という不利に苦しむ風俗嬢たち。世間の風は凍えるほど冷たい

先日、刑務所上がりの知り合いといろいろ話をしていたのだが、ご存知の通り日本ではカタギになろうとして履歴書を開いて、正直に「刑務所に勤めていました」と書いても評価されることはない。 つまり、前科がある人間はいくら刑務所の中で更生したところで、それで再び表社会で普通に働けるようになるとは限らない。履歴書に正直に前科を書いたら、その時点でほとんどの面接は落ちる。 前科があることを言わなければバレないこと […]

◆坊主。風俗嬢を最も苦しめるのは、待機場にいて自分「だけ」が選ばれないこと

2020年からのコロナ禍で風俗の世界では風俗嬢も客も減ったのだが、2020年の秋頃から風俗嬢は戻りはじめ、2021年にはまだ緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が行われていたにもかかわらず客の方も戻って来るようになってきた。 2022年はオミクロンが流行して感染者数は増えているのだが、もう夜の世界では誰もコロナを恐れている人間はおらず、いまや風俗は新しい女性が次々と風俗に飛び込むフェーズとなっている […]

◆「BA.5」に「ケンタウロス」に「サル痘」の三重苦でも風俗にやってくる客とは?

オミクロン亜種の「BA.5」が広がって危険なことになっているというニュースの最中で、今度は「ケンタウロス」という半人半獣の化け物のような名前の亜種まで発生しており、これが「従来のオミクロン株の3倍」という。 なぜ、ケンタウロスという奇妙な名称になったのかというと、これが過去の変異株と比べてあまりに異質だからなのだという。6月から欧米やインドで急激に広がっていて、すでに日本でもポツリポツリ入ってきて […]

◆風俗不況で8月が修羅場になる理由と、風俗客に反ワク・反マスク・コロナ軽視の流れが届かない理由

5年以上に渡って私に情報提供してくれていた女性が、年齢のことや病気のこともあって風俗の世界から完全に引退して東京からも離れていった。 彼女からはさまざまな現場からの情報を頂いて、もう感謝しかないのだが、コロナ禍の中で彼女もまた風俗を続ける気力を失って、ここ最近は短期のアルバイトなどをしつつ、徐々に風俗から離れている最中だった。 風俗の仕事のせいかどうかは分からないのだが、女性特有の病気も抱えていて […]

◆「風俗をしたら誰でも金持ちになる」は大間違い? 風俗こそ大変な仕事なのだ

先日、風俗の仕事をまったくしたことがない表社会の30代の女性と話をしていて、「生活が苦しいので風俗の仕事を考えたこともある。風俗をやったら、すごく稼げるんでしょう?」と訊かれた。 「風俗は年齢やジャンルによって幅があるので、必ずしもみんながすごく稼げるわけではないと思う」 私がそのように言うと、「私の知り合いで100万円稼いだという人もいる」というので「そういう人もいるけど全員が100万円稼げるわ […]

◆忍び寄る不景気の足音。風俗も彼女たちが想像している以上に稼げなくなっていく

世の中が悪くなっていく。ロシアがウクライナ侵攻していて、ウクライナ国民と経済制裁されているロシア国民が共に奈落の底に落ちていこうとしている。 他にもコロナ禍による混乱、物価上昇、インフレ、利上げなどの悪材料が次々と襲いかかっている。これらの問題が次々と次の悪材料を生み出し、混乱した世界経済がこれによって大きく悪化しようとしている。 だから、私は「今年は小さく生きる」ことに決めており、余計なことは一 […]

◆オミクロンだろうが何だろうが鬼出勤する風俗嬢の裏側にいるのは誰なのか?

2022年2月2日、東京ではコロナの新規感染者が2万1576人となっており、病床使用率も51.4%だとマスコミが煽っているので、さすがに街からは人の流れは減っているという報告も出てくるようになっている。 当然、どこの風俗店でも風俗嬢の出勤が減っている。客も減っているので風俗店の中には大幅な割引をするようになった店もちらほら出てきている。言うまでもないが客が恐れているのである。 それもそうだ。オミク […]

◆吉原に隣接して山谷ドヤ街がある理由。そして吉原も山谷も衰弱死しつつあること

あなたは、吉原や山谷に足を踏み入れたことがあるだろうか? アンダーグラウンドを扱う作家としての職業柄として、吉原の元ソープ嬢と会って話を聞く機会も何度かあった。 若い頃からソープという特別な世界に生きていた彼女たちの話を聞いていると、「吉原」という地域に特別な感慨を持っているというのが言葉から伝わってくる。まるで背後霊に取り憑かれたように。 私は東京都台東区に「吉原」という地名があるものとずっと思 […]

◆夜に馴染んだ女性は、表社会に戻りたいと思っても戻れない体質になっている

2022年1月17日、オミクロンの感染が広がったことで、日本政府は東京・千葉・神奈川・埼玉・三重・岐阜・新潟・長崎・宮崎・熊本の一都九県に、新たに「まん延防止等重点措置」を適用する方向で検討に入っている。 風俗嬢は2020年から2年、コロナ禍による環境の激変でひたすら耐えて生き延びてきたのだが、やっとコロナ禍も終わると思われた11月から突如としてオミクロンの流行が始まって、またもや危機にさらされて […]

◆再び絶不調に陥っていく風俗ビジネス。オミクロンで客が来なくなってしまった

オミクロンが先週あたりから猛威を振るっている。日本も全国で2万人超え、東京でも4000人超えとなっている。 オミクロンに関して言えば、客観的に見るとデルタ株よりも症状が軽く、重症者や死者は極度に低い。もちろん、症状は人によって違う。年齢や、ワクチン接種の有無でも、症状は変わってくるだろう。 無症状の人もいるのだが、インフルエンザよりも重症化する人もいるので、必ずしも楽観視して良いものではない。しか […]

◆風俗嬢にとって「それ」は、自分の人生を変えてくれる重要なツールだが……

日本の風俗店を管轄しているのは警察庁である。警察庁の生活安全局保安課が2021年5月に出した最新の情報によると、性風俗店の届け出は2020年の段階で3万2066件となっていた。 そのうち、店舗型(ソープランド、ピンクサロン、ファッションヘルス等々)は7402件で、デリヘルは2万2837件だった。映像送信型性風俗(ライブチャット、有料アダルトサイト等々)は2641件、その他186件となっている。 つ […]

◆なぜトップランクの風俗嬢たちはコロナ禍の中でも出勤を減らさなかったのか?

五反田の喫茶店で以前から知っているひとりの風俗嬢と半年ぶりくらいに会った。 彼女は、私が情報源にしている女性のひとりなのだが、生まれてこの方ただの一度も表社会で働いたことがないという筋金入りの風俗嬢でもある。今は、たまにデリヘルで働いたり働かなかったりしながら何となく暮らしている。 去年の秋頃から風俗には戻ったことは戻ったが、最近は風俗の仕事はあまりしていなくて「貯金で暮らしている」と彼女は言った […]

◆貧困ビジネス。「風俗を廃止しろ、生活保護を出せ」と訴える人の裏の儲け方

非常に情熱的で、非常に熱意があって、それなりに影響力のある人が、風俗廃止論や売春廃止論を訴えて世論を動かしたとする。それは成功するだろうか。簡単に結論から言おう。 失敗する。 その人がどんな聖人君子で、どんな正しい発言をしていて、どんなに立派な活動をしていて、どんなに強い正義感があって、どんなに影響力があったとしても、セックス産業を消し去ることは絶対にできない。100%失敗する。 「世界からセック […]

◆復活の狼煙。2021年9月の中旬以降から日本の風俗業界が復活すると思う理由

日本は2020年3月から真夜中の世界で客足が途絶えるようになった。一時期は2020年の秋頃には客が戻るステージに入ったのだが、11月からは再び感染者が拡大して経済が萎み、以後は延々と低空飛行が続いている。今も緊急事態宣言の最中《さなか》であり、経済は正常に回っているわけではない。しかし、だ。来週あたりから風俗業界は「復活の狼煙」を上げるのではないかと思って私は様子を見ている。なぜ来週なのか……。( […]

◆暴力団・チンピラ・半グレ・ホスト・詐欺師・犯罪者を引き寄せる女性とは?

アンダーグラウンドには、粗暴な男、暴力的な男、狡猾な男、ずるい男、他人を突き落とすような男、欲望にまみれた男、金を奪うことしか考えていない男……と、ありとあらゆるタイプの悪人がいる。 こうした悪人たちは、暴力団・チンピラ・半グレ・ホスト・詐欺師・犯罪者だったりするのだが、普通このような男と関わりを持ちたいという女性はいない。関わったらトラブルに巻き込まれるのは見えている。 普通なら、そんな男たちは […]

◆国際イベントと風俗店の浄化はセットで行われる。今回は何が狙われたのか?

オリンピック期間中に苦境に落ちる世界がある。風俗業界、売春業界である。人々はイベントに釘付けになって夜の世界に来なくなる。さらに警察は国際イベントになったら摘発を強化して店が警戒して自粛する。 東京五輪のような華やか「国際イベント」は多くの国民にとって喜ばしいことなのだが、夜の世界に生きる女たち、特に風俗業界や売春の世界に生きている女たちにとっては、息を潜めて警戒しなければならないものである。 警 […]

◆再び緊急事態宣言。また来週から風俗嬢は客が減って稼げなくなるのか?

2021年7月8日。政府はまたもや東京都に対して「緊急事態宣言」を発出すると発表した。7月12日から8月22日まで、である。埼玉・千葉・神奈川・大阪は「まん延防止等重点措置が8月22日まで延長される。 今回のこの決定は、東京都でも感染者が増え、しかも感染力の高いデルタ型のコロナウイルスが広がりつつあることから取られた措置であるとされているのだが、それは建前で、「国民の生活を押さえつけてでもオリンピ […]

◆コロナ禍で風俗嬢が経済的危機に陥っても誰もそれを知らないのは理由がある

コロナ禍はワクチン接種の拡大によって今後は収束していく見込みであり、数ヶ月後は今とはまったく違った光景になっているはずだ。 しかし、コロナの変異種が警戒されているので、ワクチン接種が高齢者だけでなく、10代から50代まであまねく広がらないと、風俗業界にしっかりと客が戻るのは秋以降になるのではないだろうか。 それまでは、推定30万人にものぼる風俗嬢は、「感染を怖がって客が来ない」という冬の時代を何と […]