◆「子供は死ねばいいと思ってる」と私にさらりと言った美しい女性がいた

◆「子供は死ねばいいと思ってる」と私にさらりと言った美しい女性がいた

タイ・バンコクの歓楽街には無数のゴーゴーバーがある。そこで出会ったひとりの女性と一緒にいる時、彼女は「自分の生んだ子供がかわいくない」「子供は死ねばいいと思ってる」と、さらりと私に言った。

「本気なの?」と私が言うと、彼女は屈託なく”100%, Yes!”(100%、そうよ)と答えた。

そんな母親も中にはいる。そんなことくらいは私も知っていたが、率直にそのように言う女性を前にして、私は居心地の悪いものを感じた。

タイの歓楽街には男をカモにしようとする小悪魔な女たちも多い。(ブラックアジア:小悪魔のワナ。数を撃てば当たる戦略からラブレター本まで

彼女の「危険さ」はそうしたタイプとは違った。私とは感受性がかなり違っていて、それが危険に思えたのだ。

彼女は美しい女性だった。私のことを好きだとも言ってくれた。彼女は私に対しては優しかった。そして、一緒にいる時間は決して緊張をはらむものでもなかった。逆に甘美だったかもしれない。

しかし、私は「子供は死ねばいいと思ってる」という彼女とはロングの予定だったところをショートで別れ、ほっとして夜の雑踏を歩いたのだった。たまに、こうした女性と出会うことがある。感受性が違う女性と……。(鈴木傾城)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事