レイプ

1/3ページ

◆睡眠薬強盗・レイプは東南アジアやインドだけでなく日本でも広がっていくのだ

つい先日、「インドではチャイをご馳走してくれる」というあるツイートに対して、インド・スパイスの専門家の女性が次のように答えたのがバズっていた。 『インドで無償の飲み物を飲むのは絶対にダメ。特に女性は危険。睡眠薬が入っていたらもう逃げ場がありません。気持ちだけ感謝を伝えて、路上の他、小さな商店や洋服店などでも注意してました』 これは正しいかどうか。もちろん、正しい。インドに限らず、旅先で「親切の気持 […]

◆野獣のような性欲を持つ男が、性的に最も得するために身につけるべきこと

2022年1月24日。岡山県で飲食店店長の26歳の男が10代の女性を拘束し、首を絞めながらレイプするという事件が起きていた。女性は「強制性交致傷」であったと報道されている。 2022年1月18日。東京都昭島市立学校の非常勤講師だった28歳のパキスタン人が、30代の女性を自宅に誘ってレイプして逮捕されるという事件が起きていた。こちらも「強制性交致傷」であったと報道されている。 2022年2月1日には […]

インドという暗黒。16歳の少女が400人の男性にレイプされた事件の背景とは?

日本人女性だけではない。外国人女性でもレイプ被害に遭っている。アメリカ人女性も、イギリス女性も、見境いなくレイプされている。インドは、知る人ぞ知る「レイプ大国」なのである。殺された女性もいるが、かろうじて助かっても、もはやインドという国には恐怖しかないだろう。(鈴木傾城)

◆知られざるレイプ大国インドを女性は甘く見ない方がいい

(2021年9月。日本国内でインド人がマッチングアプリで知り合った女性を3人でレイプする事件が起きた。当初、性的関係を迫られた女性は連絡を切ったのだが、インド人の執拗さは止まらず、別のインド人を介して女性に会って輪姦していた。多文化共生で大量に入り込んできたインド人によって、いよいよ日本に住む女性も標的となる事件が起こるようになった。今後も起こり続けるだろう。2015年のこの記事を改めて読んで欲し […]

◆日本が「レイプ多発の時代」に入るのは、多文化共生が臨界点を超えた時か?

閲覧注意 日本の政財界は低賃金労働者が欲しいので、途上国から外国人を大量に入れているわけだが、治安の悪い国からの意味を大量に入れるということは、その国の治安が日本で再現されるということである。 治安というのは人々の規律や行動が作り上げているのだから、治安の悪い国の民族はその治安の悪さがライフスタイルに組み込まれている。 当然、そのような危険地帯に生きる人間たちが日本に来ると、日本にそのライフスタイ […]

◆日本で相次ぐ猫の虐待死。連続殺人鬼の多くは子供の頃、小動物を殺害していた

最近、日本で小動物、主に猫が大量に殺されているという事実を知っているだろうか。全国各地で次々と猫の殺害が起きているのだ。 2021年2月3日。『猫8匹が連続不審死!苦しみ悶える姿に涙、看取った住民の悲痛』。2021年3月20日、『池に浮かんだ「死んだ野良ネコ」次々発見…公園で見つかった死骸10匹以上 周辺にはネコ用のエサの袋散乱』。 2021年4月25日、『猫の公園で相次ぐ不審死、千葉・袖ケ浦公園 […]

◆すべての女性が突如として性的にも生命的にも巨大なリスクを抱える時代とは

「嫁という言葉は時代錯誤で古い価値観が染みこんでいるから使うな」という議論が湧き上がっている。「女性が家にいなければならないのは旧時代の話なので嫁という言葉は使うに値しない」と女性たちが言うようになっている。 時代が変わったのだから、私は別に「嫁」という言葉にこだわらず、女性が呼んで欲しいと思う言い方で呼べばいいのではないかと考えている。絶対に「嫁」という言葉をなくすなとは思っていない。 それは実 […]

◆フェミニストよ。法の庇護が吹き飛べば、狂気のレイプと殺戮が舞い降りるのだ

閲覧注意現在、中国共産党はウイグル人を100万人も強制収容所にぶち込んでいるのだが、そこでは若い女性が警官や警備員たちから次々とレイプされていることが女性収容者の証言で分かっている。 1年半も強制収容所に入れられていたグルジラ・アウエルカーンという女性はこのように証言している。 「男たちはかわいくて若い収容者を選ぶために金を払っていた」「毎晩、女性たちが連れ出され、覆面をした中国人の男にレイプされ […]

◆普通の男では萎えてしまう残虐な状況の中でレイプを完遂できる男が存在する

閲覧注意ナイフを振り上げて誰かを刺そうとすると、刺されそうになった人は驚愕と恐怖の表情を浮かべるはずだ。その表情を見て、普通の人は「恐怖」を浮かべていると認識することができる。 しかし、興味深いことがある。世の中には、脳の扁桃体が生まれつき小さい人、活動的ではない人が存在するのだが、これらの人の一部は「恐怖の表情」が認識できないのである。 つまり、相手が恐怖の表情を浮かべているのを見ても、なぜそん […]

◆レイプ大国インド。標的になるのは貧しい女性、そして抵抗力が弱い少女

インドが恐るべき「レイプ大国」であることを知らない人は日本人くらいだ。毎年、表沙汰になるレイプ事件だけでも2万件から4万件になる国。1日に100件以上のレイプ事件が起きる国、生まれたばかりの乳児ですらもレイプされる国。 アルジャジーラも「女性にとって最も危険な国のひとつ」と呼ぶ国。それがインドの現状である。 インドでは2012年のバス内レイプの事件が国際的に広く報道されて世界中がインドのレイプの残 […]

◆連続レイプ鬼を生み出す機能不全家庭の共通点と、これから日本で起きること

閲覧注意ジャック・モガレという南アフリカ出身の男がいる。この男は分かっているだけで19人の女性をレイプし、16人を殺し、9人を誘拐して、61件の罪状で有罪判決を受けた。凶暴極まりない男だった。 南アフリカでは、ファンウェル・クマロという男もいた。この男は分かっているだけで103人の少女や女性をレイプしていた連続レイプ鬼だった。同じくセドリック・マーケという男は、車に乗っていた男を射殺し、女性をその […]

◆レイプ、レイプ殺人、屍姦。女性の肉体を性的客体化した男の辿り着く場所

閲覧注意凶暴凶悪な男、あるいはサイコパスと呼ばれる男、あるいは精神的に問題を抱えた男の中には、最初から相手を思いやる感情がすっぽりと欠落していることが往々にしてある。 こうした「思いやる感情を欠落した男」たちが実際に女性をレイプしたり、その後に殺してしまったりする。いや、逆に最初に殺してから屍姦する男も中にはいる。生きている女性よりも、死んでいる女性の方が自分のやりたいようにできるので「便利」だと […]

◆女たちを昏睡させてレイプする男たちの手口と使っているドラッグとは

野村證券の社員だった「千葉健太」という男と「樋野良輔」という男のふたりは、合コンで知り合った20代の女性にゲームと称してアルコールを大量に一気飲みをさせて意識を飛ばし、この女性をホテルに連れ込んでレイプして逮捕されていた。 女性に意識を失わせて性行為をするというのは、泣き寝入りレイプの最たるものである。日本でも、最も多いレイプは夜道で知らない女性を後ろから襲ってレイプするものではない。 友人や同僚 […]

◆レイプ・ディフェンス。防御のための型を覚えるのは検討に値することだ

インドではレイプ事件が多発することもあって、少女たちに日本のカラテを教える教室が繁盛している。彼女たちは、別に男を打ち負かすつもりでカラテを覚えているわけではない。 男に拳によるダメージを与えることで、レイプする気を萎えさせるのが目的だ。勝たなくても、攻撃をかわして逃げられればそれで目的は達成することができる。顔面などを殴って、男がひるんだ隙に逃げればいい。 しかし、レイプというのは前から襲いかか […]

◆レイプされて喉を掻き切られて殺される少女とめった刺しされる男の世界

閲覧注意 ブラジルで10代の少女が殺された。赤いTシャツを一枚着ていたが、下半身は剥き出しでレイプされた痕があった。レイプされた後に喉を掻き切られて絶命していた。そして、その遺体は井戸に捨てられていた。 彼女が最後に目撃された時、知人の男2人と一緒にいたことが分かっているのだが、その男たちはすでに行方をくらましていた。男たちが性交を迫ったのを彼女が拒否したことによってレイプ殺人が起きたというのが状 […]

◆タイは日本の28倍もレイプ事件が起きて、凶悪事件もすぐに忘れられる

閲覧注意 タイは「微笑みの国」ではあるが、裏に回れば殺人もレイプも非常に多い国である。日本では考えられないほど、安易に人が殺されている。 学生もライバル校の生徒と互いに刺し合って殺し合いをしているし、浮気や痴話喧嘩での殺し合いも尽きない。 警察官による汚職や殺人も日常茶飯事だし、権力者が関わる殺人は無罪になるようなことも平然と起きる。観光地で白人(ファラン)の女性がレイプされる事件が起きても、事件 […]

◆女性の存在が許せないので、逆に女性に関わって「破壊」する男がいる

閲覧注意 夜の女たちは最初にどんな純真な心を持っていたとしても、その仕事が長くなればなるほど男を信用しなくなっていく。最初に知り合った時には初々しかった女性が、1年後に再会したらひどく猜疑心の強い性格に変わっていたことはザラにある。 なぜ、そうなるのか。 それは、出会う男たちが危険で信用できない人間が多いからだ。男たちは女性をモノのように扱い、騙し、利用し、脅し、罵倒し、軽蔑し、殴り、レイプし、下 […]

◆女性がレイプされる時にほとんど助からないのは理由がある?

閲覧注意 2017年に「仕事が欲しければ俺と寝ろ」と有名女優に迫って、次々と女優をセックスの相手にしていたハーベイ・ワインスタインという男が告発された。(ブラックアジア:「仕事が欲しければ俺と寝ろ」役職を持った男と性欲の闇) 以後、「私も被害に遭った」という告白を多くの女優が公にするようになって「#metoo」運動が吹き荒れた。ハーベイ・ワインスタインだけでなく、ハリウッドの大物俳優のセクハラやセ […]

◆女性をレイプし、直腸を引きずり出して殺す心理の裏側にあるもの

閲覧注意 母親に虐待された、子供の頃に「女」に馬鹿にされた、女から許せないような仕打ちをされた少年の一部は、やがて「女」という存在に対して愛情よりも嫌悪や憎しみを感じるようになっても不思議ではない。 普通、嫌悪する対象があれば近づくことも触れることも嫌うはずなのだが、それがそうならない場合がある。嫌悪する対象、憎むべき対象が「女」である場合はそうだ。 爆発的に膨れ上がる性への渇望は、女の「肉体」を […]

◆#MeTooは先進国女性のお遊び。レイプが渦まく中南米の地獄

閲覧注意 ブラジルでは年間14万3000件のレイプ事件が起きている。 しかし、レイプされた女性の多くは泣き寝入りする。ブラジルでも、レイプされた女性が警察に通報する率はわずか35%しかないと言われている。 表面化するレイプ事件の陰で、65%の女性が泣き寝入りだ。それほどレイプ事件は多い。そして、ブラジルではレイプされるだけではなく、残虐に殺されることも多い。 ブラジルで起きている女性への性的虐待は […]

◆レイプ犯罪者にとって暴動が「天の恵み」となる理由とは

アフリカのケニアで、あるとき16歳の少女が葬儀の帰り道に6人の男に拉致されて、殴られながら次々とレイプされた事件が起きた。 その後、6人の男たちはぼろ切れのようになって意識不明の彼女を汚水溝に投げ込んで逃げた。瀕死の状態で発見された彼女は医者に連れ込まれたが、内臓は損傷し、背骨は折れ、事件以降は車いすの生活になってしまった。 16歳の少女をレイプして半殺しの目に遭わせた犯人の男6人は、その後全員が […]

◆赤ん坊をレイプする趣味を持った男たちが徘徊する世の中

2016年3月22日の夜、インディアナ州である母親が自分の家で14ヶ月の赤ん坊をベッドで寝かせて眠りに就いた。赤ん坊の名前はシェイリンと言った。青い目の人懐っこく可愛らしい赤ん坊だったという。 翌日、信じられないことが起きていた。 ベッドに寝かせていた赤ん坊が忽然と消えていた。母親ジェシカは何が起きたのかまったく分からなかった。半狂乱になった彼女は夫ジャスティンと共に家の中を必死に探したが、どこに […]

◆レイプ殺人の犯人が必ずしも100%逮捕されるわけではない

閲覧注意 テレビや映画では、残虐非道な犯罪を犯した者は必ず逮捕されたり、復讐されたり、法の裁きを受けて罪をあがなうことになっている。 そうでもしないと、やりきれないし、見ている人は不満で破裂してしまいそうになるだろう。極悪非道なレイプ殺人鬼なら、なおさらそうだ。 ところが、世の中は必ずしも、悪人が逮捕されるハッピーエンドで終わるわけではない。 自分の娘がレイプされて殺され、16年経った今も犯人が逮 […]

◆レイプされて、生きたまま膣に鍬を押し込まれて内臓破壊

閲覧注意 2016年5月14日、インドネシアで凄まじく残虐なレイプ事件が起きている。 スマトラ島南部のベンクルという地区で、3人の男が19歳の少女を繰り返し集団レイプした後、1メートルほどある鍬(くわ)の柄の部分を彼女の膣から中に押し込んで内臓破壊して殺したという信じがたい事件だ。 鍬の柄は彼女の子宮を貫いたというレベルではない。 子宮を突き抜け、内臓を破壊し、柄の尖端の部分は肺にまで達していた。 […]

◆レイプ殺害された女性の腐爛死体と逮捕された犯人の行く末

閲覧注意 ブラジル南部アラサトゥバに住むパオラ・ブルガレッリという20歳の女性は双子の姉妹のひとりだったが、地域では評判の美女だった。明るく、賑やかで、誰からも好かれていた。 そんな彼女に惚れていて、付きまとっていたのが18歳のジョセ・リンスという男だった。ジョセは彼女に夢中だったが、彼女の方はどちらかと言えば恋人のような関係をジョセには求めていなかったようだ。 友人としては付き合ってくれるが、恋 […]

◆成功した女性弁護士もSNSで釣られてレイプ殺害された

閲覧注意 社会的に見て「問題あり」と烙印を押されるタイプの人たちがいる。反社会的な人間と言い換えてもいい。あるいはアウトサイダーとも言える。 アウトサイダーの中には、怒りっぽくて周りと衝突を起こす人、若干思想の偏ったレベルの人から、犯罪行為で刑務所を行き来する本当に危険な人間までいろいろある。 夜の街をうろうろさまよい歩いているような男や、セックス産業に関わっている女性も、アウトサイダーである。一 […]

1 3