レイプ

◆レイプ・ディフェンス。防御のための型を覚えるのは検討に値することだ

インドではレイプ事件が多発することもあって、少女たちに日本のカラテを教える教室が繁盛している。彼女たちは、別に男を打ち負かすつもりでカラテを覚えているわけではない。 男に拳によるダメージを与えることで、レイプする気を萎えさせるのが目的だ。勝たなくても、攻撃をかわして逃げられればそれで目的は達成することができる。顔面などを殴って、男がひるんだ隙に逃げればいい。 しかし、レイプというのは前から襲いかか […]

◆レイプされて喉を掻き切られて殺される少女とめった刺しされる男の世界

閲覧注意 ブラジルで10代の少女が殺された。赤いTシャツを一枚着ていたが、下半身は剥き出しでレイプされた痕があった。レイプされた後に喉を掻き切られて絶命していた。そして、その遺体は井戸に捨てられていた。 彼女が最後に目撃された時、知人の男2人と一緒にいたことが分かっているのだが、その男たちはすでに行方をくらましていた。男たちが性交を迫ったのを彼女が拒否したことによってレイプ殺人が起きたというのが状 […]

◆タイは日本の28倍もレイプ事件が起きて、凶悪事件もすぐに忘れられる

閲覧注意 タイは「微笑みの国」ではあるが、裏に回れば殺人もレイプも非常に多い国である。日本では考えられないほど、安易に人が殺されている。 学生もライバル校の生徒と互いに刺し合って殺し合いをしているし、浮気や痴話喧嘩での殺し合いも尽きない。 警察官による汚職や殺人も日常茶飯事だし、権力者が関わる殺人は無罪になるようなことも平然と起きる。観光地で白人(ファラン)の女性がレイプされる事件が起きても、事件 […]

◆女性の存在が許せないので、逆に女性に関わって「破壊」する男がいる

閲覧注意 夜の女たちは最初にどんな純真な心を持っていたとしても、その仕事が長くなればなるほど男を信用しなくなっていく。最初に知り合った時には初々しかった女性が、1年後に再会したらひどく猜疑心の強い性格に変わっていたことはザラにある。 なぜ、そうなるのか。 それは、出会う男たちが危険で信用できない人間が多いからだ。男たちは女性をモノのように扱い、騙し、利用し、脅し、罵倒し、軽蔑し、殴り、レイプし、下 […]

◆女性がレイプされる時にほとんど助からないのは理由がある?

閲覧注意 2017年に「仕事が欲しければ俺と寝ろ」と有名女優に迫って、次々と女優をセックスの相手にしていたハーベイ・ワインスタインという男が告発された。(ブラックアジア:「仕事が欲しければ俺と寝ろ」役職を持った男と性欲の闇) 以後、「私も被害に遭った」という告白を多くの女優が公にするようになって「#metoo」運動が吹き荒れた。ハーベイ・ワインスタインだけでなく、ハリウッドの大物俳優のセクハラやセ […]

◆女性をレイプし、直腸を引きずり出して殺す心理の裏側にあるもの

閲覧注意 母親に虐待された、子供の頃に「女」に馬鹿にされた、女から許せないような仕打ちをされた少年の一部は、やがて「女」という存在に対して愛情よりも嫌悪や憎しみを感じるようになっても不思議ではない。 普通、嫌悪する対象があれば近づくことも触れることも嫌うはずなのだが、それがそうならない場合がある。嫌悪する対象、憎むべき対象が「女」である場合はそうだ。 爆発的に膨れ上がる性への渇望は、女の「肉体」を […]

◆#MeTooは先進国女性のお遊び。レイプが渦まく中南米の地獄

閲覧注意 ブラジルでは年間14万3000件のレイプ事件が起きている。 しかし、レイプされた女性の多くは泣き寝入りする。ブラジルでも、レイプされた女性が警察に通報する率はわずか35%しかないと言われている。 表面化するレイプ事件の陰で、65%の女性が泣き寝入りだ。それほどレイプ事件は多い。そして、ブラジルではレイプされるだけではなく、残虐に殺されることも多い。 ブラジルで起きている女性への性的虐待は […]

◆レイプ犯罪者にとって暴動が「天の恵み」となる理由とは

アフリカのケニアで、あるとき16歳の少女が葬儀の帰り道に6人の男に拉致されて、殴られながら次々とレイプされた事件が起きた。 その後、6人の男たちはぼろ切れのようになって意識不明の彼女を汚水溝に投げ込んで逃げた。瀕死の状態で発見された彼女は医者に連れ込まれたが、内臓は損傷し、背骨は折れ、事件以降は車いすの生活になってしまった。 16歳の少女をレイプして半殺しの目に遭わせた犯人の男6人は、その後全員が […]

◆法の庇護が吹き飛べば、狂気のレイプと殺戮が舞い降りる

閲覧注意 外国からの侵略を受けた国・民族・組織の女性は、常にレイプされているのはよく知られている。 ヒトラー率いるドイツ軍がロシアで何をしたか。アウシュビッツのユダヤ女性に何をしたか。敗戦したナチスドイツになだれ込んだロシア兵がドイツ女性に何をしたか。 独立運動を戦っていた東ティモールでインドネシア軍が民兵と共に何をしたか。 そこではレイプの嵐だった。 ルワンダでツチ族、フツ族の女性たちがそれぞれ […]

◆レイプと殺人が横行する国と、暴力性の裏側にあるもの

閲覧注意 どこの国でもレイプは重大犯罪であり、レイプ犯には十年以上にも及ぶ懲役刑が科せられる。なぜか。もちろん、女性の心身を破壊することもあるのだが、それだけが理由ではない。 こういった事件を放置していたら、国中がレイプ犯罪で覆い尽くされるという恐怖があるからでもある。 まだ法が人々を縛る前は、宗教が法の役割を担っていて、必死になって人々に性の自制を説いていた。なぜか。レイプは、いつでもどこでも起 […]

◆女性を力づくで押さえ付けてレイプしようとする男たちの姿

女性の力は男の力に負ける。男が本気になって襲いかかってきたら、女性が必死になってもなかなか男を押しのけて逃げることができない。 街中で、あるいはエレベーター内で、無防備に歩いているとき、後ろから突如として見知らぬ男が襲いかかってのしかかってきたとき、どうなるのか。 女性がレイプされずに助かるかどうかは、もはや運が左右するとしか言いようがない。 最近は街の中や建物内に防犯カメラが設置されているので、 […]

◆矯正レイプ。レズビアンの女性たちをレイプして治す

イスラム国家のみならず、多くの国々で同性愛者は激しい排斥に遭っていて、たとえば南アフリカでもそれはほとんど理解されていない。 だから、南アフリカではレズビアンの女性たちを無理やりレイプするということも行われている。それは「矯正レイプ」と呼ばれているのは以前にも書いた。(9ヶ月の赤ん坊もレズビアンも。南アフリカのレイプ地獄) 人間というのは、異性を愛するのが普通なので、同性を愛する人々は異端だとして […]

◆2013年から、なぜかレイプ事件が急増しているフィリピン

閲覧注意 フィリピンの性犯罪が2013年から急上昇していると言われている。その原因についてはよく分かっていないが、被害に遭う女性の年齢が下がってきていることが懸念されている。 フィリピンでは、今やレイプされる女性の年齢層は、14歳から18歳の女性に集中するようになっている。その次に多いのが、10歳から14歳。その次に多いのが5歳から10歳。 要するに「少女」がレイプの対象になっていると、社会福祉開 […]

◆集団レイプされて殺害された女性は、自分の従姉妹だった

閲覧注意 日本は世界で最も安全な国のひとつだが、それでも至る所でレイプ事件も起きているし、拉致・監禁事件も起きている。しかし、世界に目を転じるとそれどころではなく、多くの悲劇が夥しく起きている。 その結果、身内や友人がレイプ被害に遭ったり、最悪の場合は殺されたりする経験をすることもある。 私たちが、多くの犯罪や殺人の事件を冷静な感情で接することができるのは、それが「見知らぬ他人」だからである。 も […]

◆昏睡レイプ。女性はこれを警戒しないと一生の地獄になる

2012年、アメリカの司法省は、「レイプの定義」を改訂したことをご存知だろうか。 実は、2001年から女性団体がずっと採用するようにアメリカ司法省に訴えていたものが取り入れられたものだが、この改訂の注目すべき点が1つある。 それは、「薬物によって女性が意識を失っている場合のレイプも、どんな軽微なものであってもそれらをすべてレイプとして見なす」というものだ。 女性に意識を失わせて性行為をするというの […]

◆「レイプが風土病」だと言われる国、パプア・ニューギニア

パプア・ニューギニアは、2013年2月に魔女狩りで女性が焼き殺された事件があった。(20歳の女性が「魔女」だと断定され、生きたまま焼き殺される) この国はこういった原始的な因習がまだ根強く残っている。 国土はジャングルに覆われて、いまだに裸族が暮らしている土地柄なので、文明を持つ人々が同じ感覚で見ると理解できない事件が起きる。 たとえば、この国に住むフォア族の間ではクールーという疾病が発生していた […]

◆今度は5歳の少女がレイプ。止まらないインドのレイプ事件

インドが恐るべきレイプ大国であることは、徐々に世界中の人々が知るようになり、2013年に入ってからインドを旅行する女性が急減している。 ここ数ヶ月の間に35%近くも女性旅行者が減ったと報告されているが、もちろんこれは2012年12月に起きたバス内の集団レイプに端を発している。 その後もイギリス女性がレイプされそうになって窓から飛び降りてケガをしたり、スイス女性が集団レイプされたり、カースト最下層の […]

◆残虐な性犯罪者は、いったい誰がどうやって生み出すのか?

連続レイプ犯罪を犯す人間や、連続殺人を犯す人間たちが、いつの時代でも一定の数だけ世の中に存在する。彼らは、思春期や成人になってから、いきなり犯罪を思いついてやったというわけではない。 実は、子供の頃から、彼らは生き物に対して非常に残酷だったり、他人に対して無慈悲だったりする。 幼少期の頃の性癖がその後の人生にもずっと尾を引いていて、なるべくして犯罪者になったような人が多い。 あるいは、逆に幼少期に […]

◆戦争とレイプ(1)アブグレイブ刑務所で起きていた惨劇

ダークネス イラク郊外にあるアブグレイブ刑務所では、以前からアメリカ兵によるイラク女性(女性囚人)へのレイプが恒常的に行われていたことが噂されていた。 もちろん、アメリカ軍は否定しているのだが、そのレイプの動画や写真が多数あるといわれているのだが、一部がインターネットに漏れた。 これは反米感情を催すニュースになるので、報道規制の強い日本ではまったく報道されることはない。 そもそもイラク女性がアブグ […]