◆タイは日本の28倍もレイプ事件が起きて、凶悪事件もすぐに忘れられる

◆タイは日本の28倍もレイプ事件が起きて、凶悪事件もすぐに忘れられる

閲覧注意
タイは「微笑みの国」ではあるが、裏に回れば殺人もレイプも非常に多い国である。日本では考えられないほど、安易に人が殺されている。

学生もライバル校の生徒と互いに刺し合って殺し合いをしているし、浮気や痴話喧嘩での殺し合いも尽きない。

警察官による汚職や殺人も日常茶飯事だし、権力者が関わる殺人は無罪になるようなことも平然と起きる。観光地で白人(ファラン)の女性がレイプされる事件が起きても、事件を明らかにすると観光客が減るという判断が為されると捜査もされずに隠蔽してしまう。

これでも現在のタイはかつてに比べると警察もしっかり機能するようになっているのだが、それでも日本の警察機構から見ると、かなりアバウトな点があるのは否めない。

隣国のカンボジアやラオスやミャンマーに比べると、タイはかなり機能しているはずだ。しかし、統計を見ると決して治安が良い国であるとは言い難い。

レイプ殺人が起きたら日本では大騒ぎだが、そうした重大事件であってもタイでは適当に受け流して犯人も逮捕されないようなこともしばしばだ。また、そうした犯罪は今でもアンダーグラウンドでは延々と続いている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

閲覧注意カテゴリの最新記事