◆知られざるレイプ大国インドを女性は甘く見ない方がいい

NO IMAGE

2015年1月3日、インドで22歳の日本人女性を約1ヶ月に渡って拉致・監禁・レイプしていたインド人の男5人が逮捕されている。

イギリスの「ザ・ガーディアン」紙によると、22歳のこの日本人女性は旅行者ではない。インドの農村地帯の研究をしていた女性だという。

まずはコルカタを基点にしたようだが、そこで容疑者の1人と2014年11月20日に知り合っている。この彼は日本語を話す男だった。コルカタでインド人が日本語をペラペラしゃべって日本人女性に近づく場所はひとつしかない。サダル・ストリートだ。

記事には書かれていないが、恐らくサダル・ストリートで彼女はこの男と知り合い、この男が旅行ガイドだというのを信頼し、彼の仲間2人と共に北部のブッダガヤに向かったのだと思われる。

ブッダガヤはビハール州でコルカタの上部の州だ。仏教の巡礼の地であり、仏教遺跡も残っている。彼女もまたそこに向かったのだが、そこで拉致されて民家に監禁された。そこに他の容疑者も加わって、1ヶ月間にわたり5人(一部報道では4人)に集団レイプされ続けていたという。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事