モデル

◆ジュリアナ・ユーセフ。先天性色素細胞母斑の女性もまたスターに

あなたの身体には、目立つホクロはあるだろうか。ホクロはけっこう目立つ人もいれば、ほとんど目立たない人もいる。ひとり平均して500個あたり存在すると言われているが、かなりの個人差がある。 ホクロの正体はメラニンだ。メラニンが多い人は皮膚が黒く見え、メラニンが少ないと皮膚が白く見える。メラニンは皮膚にまんべんなく広がって存在しているのだが、たまに一箇所にかたまっていることもある。 この部分が「ホクロ」 […]

◆アニメの女の子のようになりたいと19回の整形をして合併症の嵐に

スマートフォンとSNSの普及で、女性が簡単に自分の写真をインターネットに上げられるようになっていくと、多くの女性が自分の顔写真や身体をアップして承認欲求を満たすようになっていった。 飾った自分の容姿を上げるたびに「いいね」が付くようになり、自分のアカウントが多くの人たちにシェアされるようになっていく。シェアされた数字も「いいね」された数字もその増減がリアルに見える。 そうすると、「もっと多くの人に […]

モデルとして成功した女性は、貧しいボーイフレンドをどうするか?

最近、タイである一組のカップルが話題になった。色白で長身で容姿端麗な22歳モデルと、低所得の25歳バイクタクシー運転手の収入的にも容姿的にも釣り合わないカップルだ。 彼女の方の月の収入は記事には書かれていないのだが、彼女はモデルとして成功し、フェイスブックなどを見ても普通のタイ人よりも収入は多いように見受けられる。 一方で25歳のバイクタクシー運転手の方の収入は一日15ドル(約1665円)、一ヶ月 […]

◆カメラマンに性器まで撮らせていたマレーシアの売れっ子モデル

マレーシアと言えば、イスラム教国家で女性も宗教に縛られていて真夜中の世界をうろつく男たちにとっては、それほど面白い国ではないという印象がある。 実際、マレーシアの男たちも夜の女を追いたいと考える男は、自国のカラオケ屋に擬態した売春宿では物足りないと考えて国外に出る。 国外と言ってもマレーシアは隣国と陸続きだ。国境越えはそれほど大変ではない。だから、週末になると国境では民族大移動のような混雑になる姿 […]

◆ウィニー・ハーロウ。世界で最も美しいまだら肌のモデル

尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)という病気がある。肌の色素がまだらになって抜け落ちる。そのため、見た目がとても不思議な模様になる。 子供の頃から少しずつ色が抜け始め、皮膚の10分の1ほどが色素のない状態になっていくという。最終的に、どのような模様になるのか分からない。 原因はいくつか挙げられているのだが、まだ解明できていない部分も多く、治療方法もない。 人口の1%から2%に発生し、その目立つ容 […]

◆ムーキー・ザップ。「醜いアヒルの子」から白鳥になった

以前、ベトナムの「エリー・トラン・ハ」という女性を取り上げたことがある。(エリー・トラン・ハ。巨乳とメガネでアジアの男を虜に) 彼女は、どこかの芸能プロダクションが売り出したスターではなく、インターネットに自分撮りした写真をアップしているうちに、いつしかファンがフォローするようになり、あれよあれよという間にベトナムで最も名の知られるモデルとなっていった。 今ではインターネットで自分撮りをして写真を […]

◆エリー・トラン・ハ。巨乳とメガネでアジアの男を虜に

今までベトナム女性と言えば、アオザイを着た古風なイメージが強かったと思う。 アオザイ自体は女性の身体のラインを強調させる非常にセクシーな民族衣装なのだが、民族衣装であるところからもやはりどこか古風なイメージが漂っていた。 しかし、今、全世界で活躍し、東南アジアでは「彼女を知らない男はいない」と言われている「エリー・トラン・ハ」という名前のベトナム女性は、そんなベトナム女性の印象とは大きく外れ、今や […]