◆インターセックスもまた「ありのまま」受け入れようとする動きになった

◆インターセックスもまた「ありのまま」受け入れようとする動きになった

ベルギー出身のモデル、ハンネ・ギャビー・オディールは、自らを「インターセックスである」と明かしたのは2017年1月、29歳の時だった。

インターセックスと言われてもほとんどの人はそれが何か分からないはずだ。かつて「半陽陰」「両性具有」と言われていた男女両方の性器を備えて生まれてきた人たちのことを今では「インターセックス」と呼ぶ。

私たちはほとんどインターセックスの人たちがそうであることを知らない。そのため、彼らが全人口の1.7%を占めていると聞くと、それが「それほど少なくない数である」ことに気づいて驚く。

たとえば、日本の人口は1億2000万人だが、この1.7%と言えば204万人である。これは、だいたい長野県の人口と同じくらいの人数だ。それほどインターセックスの人たちは存在する。

しかし、なぜ私たちはインターセックスの人を見ないのだろうか。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事