売春地帯をさまよい歩いた日々:インドネシア編

売春地帯をさまよい歩いた日々:インドネシア編


タイ編熱帯の国はどこでも豊饒な大地に恵まれていると考えるのは大きな間違いだ。たとえばタイのイサーン地方では土地が痩せて農作物の収穫は毎年苦しい状況にある。痩せ細り、水はけの悪い土地に農作物は満足に育たない。 そんな不毛の大地を持つ地主が小作人に土地...
シンガポール編アジアの貿易国家シンガポールは、リー・クワンユー元首相が作り出した熱帯の実験国家だ。この卓越した政治家は、マレーシアから独立した後、多様な国民をまとめるために、あるいは国民の大多数を占める中国人の中華色を薄めるために英語を公用語とし...
シンガポール編ゲイラン・ストリートのLor20を入ると、すぐに右側に折れる小路がある。食堂「三友斉」の裏に当たり、夜中に行くと外灯のない小路は闇に吸い込まれるように暗い。小路に入る入口も奥もインド系の男たちで溢れ、人種の違うアジア系が入って行くと全員が...
シンガポール編ゲイラン・ストリートがシンガポールにおける置屋街の代表だとしたら、オーチャード・タワーは売春ディスコ群の代表になる。そして中でもクレイジー・ホースは現在のオーチャード・タワーのディスコの中ではダントツの人気を得ている。 真夜中にオーチ...
インドネシア編インドネシア・ジャカルタから遠く離れた離島に降り立った。そして、真夜中になると島の中心部にモトバイクを飛ばしてもらった。一本のどこまでも続く舗装道路をバイクは順調に走る。他に走っているバイクなど一台もない。 「真夜中は危険だ」とバイク...
シンガポール編貧しさに困窮して海外に目を向けるタイの女性たちがいる。あるタイ女性はスイスへ向かい、ある女性は中東へ向かう。スリランカへ行く娘もいれば、シンガポールを目指す娘もいる。自国よりも稼げるところであれば、娘たちはどこにでも出ていく覚悟があ...
インドネシア編彼女の名前はヘリナと言った。インドネシア・ジャワ人である。まるで優雅な黒豹のようだった。軽く波打ったショートカット・ヘアはその野性的な表情によく似合っていた。無駄な贅肉など一切ついていないスリムな身体にぴっちりと張りついた黒の衣服は...
シンガポール編夜の零時過ぎ、シンガポールのオーチャード・タワー4階にあるディスコ「クレイジー・ホース」に行く。すでに顔馴染みになった女たちが入口であきれたような顔で笑いかけてきた。二日も三日もこんなところに通う客も珍しいに違いない。どうかしてる、...
タイ編久しぶりにバンコクに降り立ってソイ3を歩きロシア女性を捜した。しかし、半年前にはあれほどいたロシア女性たちが、煙のように消えてしまっていた。ロシア女性はいつしかタイに現れ、バンコクのソイ3ストリートを歩き回っては男を誘っていた。それから半年...
インドネシア編シンガポールからガルーダ航空の飛行機に乗ってジャカルタのスカルノ・ハッタ空港に着くと、まずはガンビル駅行きの「ダムリ」のバスに乗って市内に向かう。バスの中は冷房など気休め程度にしか効いていない。 すっかり古くなってしまった座り心地の悪...
閲覧注意 インドネシア編インドネシアで経済の中枢をしっかりつかんでいる中国系の人々は、常に嫉妬や羨望の的だ。その事実は「中国系に搾取されているから他は貧しいのだ」という歪んだ感情となって鬱積してゆく。だから、暴動が起きると中国系の人々は真っ先に略...
インドネシア編ジャカルタの北部コタの街は真夜中になると怪しげな男たちが溢れ始める。肩を怒らせて歩くギャング、野放図なチンピラ、ぼったくりタクシーの運転手、高級外車に乗ったマフィア、ドラッグに飲まれた中毒者、そして何者なのか分からないヒマを持て余し...
インドネシア編シンガポールから船で30分から40分ほどの距離に、その「売春島」がある。中国語で書くと「巴淡島」。日本語で巴は「は」、淡は「たん」と読むので無理すれば「はたん(HATAN」』とも読めないことはない。 実際にはバタム(BATAM)なので、なかなか近い...
インドネシア編シンガポールに近いインドネシア領バタム島……。夜が更けてハイエナの時間がやって来ると、蒸し暑い夜の街に出向いて一軒の店に入った。"Queen Bee's"(クイーン・ビーズ)である。昼間、何気なく街を歩いているときに偶然見つけた店だ...
インドネシア編インドネシア首都ジャカルタは、高層ビルが林立する大都市にふさわしく眠ることはない。マンガ・ブザール通りを西に歩いて大通りに出ると、そこはハヤム・ウルッ通りである。夜の11時頃、マンガ・ブザールからハヤム・ウルッ通りに出て南に向かって歩...
インドネシア編夕方も過ぎて徐々に暗くなって来ると、インドネシアの巴淡(バタム)島ナゴヤの喧噪は、少しずつ薄らいでいく。走っている車は相変わらず減ることはないが、人の姿は心なしか少なくなって来るのが分かる。開いていた雑貨屋やマーケットが閉じられ、一...
インドネシア編インドネシア・バタム島。ここには夜の世界に棲息する男たちの誰もが「良い」と口を揃えて認める有名なカラオケ屋がある。『ハリウッド』だ。名刺には『スポーツ・マッサージ&ミュージック・ラウンジ』とある。「スポーツ・マッサージ」が何か別のも...
インドネシア編店ではあれほど異常な雰囲気を醸し出していたのに、ふたりきりになるとアイリーンは他の誰よりもまともだった。もしかしたら彼女は、わざとつれない態度を出していたのかもしれない。投げやりな態度は、自分が本命ではなく、あくまでも他の女の代わり...
インドネシア編インドネシアの首都ジャカルタ・コタ地区ジャラン・テー(Jl.Teh)にある置屋で会った娘のことを思い出すと、とても複雑な気分になる。彼女の名前はリリーと言った。猫のような目を持ったキュートでかわいらしい娘だった。この置屋は舗装もされていな...
インドネシア編降りようとして車のドアを開けたときだった。急に隣に座っていた娘が、振り向いた助手席の青年に抱きついた。そして、ふたりはしっかりと抱擁しあった。それを見て絶句してしまったが、運転席のジョニーも固く抱き合うふたりのカップルを見て、顔面蒼...
インドネシア編彼女の名前はシタと言った。清楚で端正な顔立ちをした娘で、歳はあえて訊かなかったが25歳前後に見えた。インドネシア領バタム島で出会ったのだが、彼女の出身はバンドゥンだった。バタム島の夜のビジネスに関わっている娘たちは、大抵が近くのスマト...
インドネシア編とは言っても、彼女たちにとって、男がシンガポーリアンだろうが日本人だろうがそんなに大して違いはなかっただろう。それは、日本人の男が、目の前の女性がカリマンタン出身だろうがバンドゥン出身だろうが、大して違いはないと思うのと同様だ。本当...
インドネシア編インドネシア領バタム島も緑は多かったが、ビンタン島の緑はバタムよりもはるかに濃いように見えたのは気のせいかもしれない。激しい雨音で目が覚めて、カーテンを開けると窓から見える外の緑が雨に打たれて揺れていた。リアウ諸島はよく雨が降る。さ...
インドネシア編インドネシア領バタム島ナゴヤの真夜中の向こう側、妖しく灯(とも)るダークサイドをくぐり、退廃の世界に入る。入り口に立つインドネシアの男たちの鋭い目は闇の中では肉食動物のようだ。そこはインドネシア全土から集められた若い女性たちの「肉体...
インドネシア編売春地帯。「女の地獄」の生々しい現実は、覆い隠される。多くの男たちはそこに利用価値を見出しているので、誰もが見て見ぬ振りをしている。それは地獄ではないと心から信じている男もいるが、女の選択権を奪っているのだから、支配者側に立っている...
インドネシア編南国インドネシアのリアウ諸島は新鮮な果物や魚介類が採れてうまい食事に事欠くことがない。パサル(市場)に行くと肉も野菜も果物も魚も豊富に山積みされている。よく分からないものがたくさんあるので、実際に食べるかどうかはともかく、長い間見て...
インドネシア編ちょっとした表情、しぐさが気になる。意味深な視線が気になる。どうしてもそれを知りたい。そして、「謎」を知るために、その女性を追いかける。意外にそういう経験がある男は多い。秘密は男を惹きつけるのだろうか? どうやら、そのようだ。インド...
インドネシア編貧しい国、悲惨な境遇、追い詰められた女、絶望……。そう並べると、女性たちは誰もが意気消沈して暗い目をしているという光景が目に浮かぶと思う。それは正しくもあり、間違ってもいる。女性たちの態度は、ひとりとして同じではない。確かに押しつぶさ...
インドネシア編知られたくない秘密を何とか必死で隠そうとする女性がいる。その秘密は分かりやすいものもあれば、最後まで窺い知れないものもある。ポピーもまた秘密を隠した女性だった。ポピーはなぜ、そんな態度だったのか。あの妖気はどこから来ていたのか。なぜ...
シンガポール編女性に対する好みというのは、刻々と変わっていく。歳を取って変わることもあるし、時代が美しさの定義を変えることもあるし、自分の考え方が違ってきて変わることもある。私は20代に入ってから東南アジアの女性しか目に入らなくなった。死ぬまでその...
インドネシア編今までさまざまな女性を思い起こして、その女性の不幸を思い返して哀しい気持ちになったり、どうしているのかと想い返したり、気にかけたりすることがある。中には、とても不幸を感じさせるガラス細工のように壊れそうな娘の思い出もあり、それをふと...
インドネシア編女性はいずれ若さを失い、華々しさを失い、男たちにちやほやされなくなり、やがては恋愛の第一線から退いてしまう。それで女性の人生は終わってしまうのだろうか。実は、案外そうでもなさそうだ。インドネシアの山奥に棄てられた女たちを見てきてそう...
インドネシア編インドリィという娘の転落はどこにでもある話だった。彼女は不器用な女性で、人見知りはするし、それほど聡明でもない。そんな女性が何もない田舎から都会に出てきて、働くところが見つからないまま転落して夜の世界に堕ちていった。それは絵に描いた...
インドネシア編リヤンティという名のインドネシアの女性と出会ったその日、男という生き物とは「いったい何なのか」が分かったような気がした。リヤンティと出会ったとき、彼女は赤ん坊と遊んでいた。そのときの彼女の赤ん坊を見つめる「目」と、彼女が夜のビジネス...
シンガポール編シンガポールの紅灯街である「ゲイラン」は好きだ。実に退廃しており、それが陰湿で、剥き出しなのが素晴らしい。ハイエナにとって、シンガポールとはすなわちゲイランのことである。かつてシンガポールはゲイランの他にいくつかの地域が売春地帯とし...
インドネシア編目的もなく、はっきりとした予定もなく、ただひとりで好きなように地を這うのが私の旅だ。そこに行けば何があるのか分からないので、そこに行く。何もないかも知れない。しかし、何もないということが印象に焼き付いて、忘れられなくなる。インドネシ...
インドネシア編欲望の渦巻くアジアの夜の街は、マラム(夜)になってもさまざまな人間があたりを徘徊している。近くの村からは自家栽培した芋や野菜を天ぷらにしたものを売りに来る老人もいるし、いつまでも寝ないで駆け回って遊んでいる子供も多い。客を待っている...
インドネシア編自分がどのような身体の動かし方をしているのか、最初から最後まで自覚している人はいない。人は無意識で自分の身体を動かす。ちょっとしたしくさ、ちょっとした視線の動き、身体の動き、手の動き。無意識であっても、すべて意味があるのだという。上...
インドネシア編 人は誰でも、自分がうまくやっていると思う。この世界のことはよく知っていて、自分は要領よく立ち回っていると得意になる。実際、うまく立ち回れる人もいる。しかし、歯車がひとつ狂ってしまうと、あとからあとから、すべての言葉、行動が裏目に出て...
インドネシア編「現地妻」という女性の生き方がある。男は本土で妻や子供を持っている。それを分かった上で、男が現地に来たときだけ「妻」になる。同じ国で、同じ国籍同士であれば、それは「愛人」なのだが、国が違えば「現地妻」になる。海外出張している日本人の...
インドネシア編インドネシアはインドネシア人の国だと思っている人がいる。実はとても大きな間違いだ。インドネシアはインドネシア人のための国ではない。たとえば、スハルト時代、スハルト一族は稀に見る資本独占に成功して「スハルトは金に狂った男だった」とワヒ...
インドネシア編インドネシア・リアウ諸島も奥地の島に入っていけば、シンガポール資本の影響力も急激に薄れていく。せいぜい、シンガポール資本が目に付くのは、バタム島、ビンタン島までだ。あとはあまり目立たない。また、バタム・ビンタン以外の島になると、ジャ...
シンガポール編ときどき、正体がつかめない女性が売春地帯にいる。シンガポールの売春地帯ゲイランにいた中国大陸から来たひとりの女性は、まさに正体のつかめない得体の知れないものを持っていた。1キロ先でも男が全員振り返るような派手なファッション。大きな胸...
シンガポール編そのままフロントで鍵を借りて部屋に直行するはずだったが、フロントの中年女性が「IDカードを見せて下さい」と言い始めて事はおかしくなった。ゲイランのホテルでこんなことを言われたのは初めてだった。IDカードは持っていないと答えると、今度は「...
インドネシア編 インドネシア・リアウ諸島のある島で、港町からずっと外れた山奥の村に沈没したとき、見えて来たのは激しい荒淫の嵐が通り過ぎて、今は静かに生きるだけの年を経た女性だった。彼女たちは、外国人に対しても温かく包み込んでくれるように接してくれる...
インドネシア編はじめての性体験は、誰でも強烈な印象として脳裏に刻まれているはずだ。それは人によって素晴らしかったり、あるいは惨めなものだったりする。真夜中の退廃した世界で生きる女性は、初体験とは別に、もうひとつの体験をしなければならない。それは、...
インドネシア編もし彼女と同じ境遇だったとき、耐えられるだろうか、と考えることがよくある。ウィナのときもそうだった。来る日も来る日も、夜になると、熱帯のどんよりと湿った空気の中で立ち続け、道ゆく男たちの好奇の目にさらされ続けなければならない。体調が...
インドネシア編売春する女性は「淫乱」だと誤解している男が多い。実はまったくそうではない。露出の高い恰好や、挑戦的な目つきは誤解させるに充分だが、それでも世間の認識する「淫乱」のイメージを、売春する女性に当てはめるべきではない。なぜなら、彼女たちの...
インドネシア編売春する女性が男を誘う言葉は「彼女は淫乱だ」と世間を錯覚させるに充分なほど直接的かつ刺激的だ。「ボンボン・グッド。ニャムニャム・グッド」「チキチキ・グッド。サービス・グッド」タイ・カンボジア・ベトナムではセックスのことを「ボンボン」...
シンガポール編人身売買というのは、「人間を売り飛ばす」のだから、そんなものはすべて悪いに決まっている。そして、人身売買のビジネスをするような業者はすべて叩きつぶさなければならない……。これが先進国に住む、普通の人たちの感覚である。もちろん途上国でも...
インドネシア編人は誰でも自分の人生で、どうしても忘れられない人と出会うことがある。自分の心をときめかせてくれる人がいる。優しくて、一緒にいると安心できて、触れ合うことに喜びを感じることができる人。出会った瞬間に、本当に何の違和感もなく受け入れられ...
インドネシア編夜が近づくにつれ、だんだん落ち着かなくなってきた。頭の中にあったのは、今日の朝の別れ際に切ない目でこちらを見ていたミミンの顔だった。気がつかない振りをしていたとしても、ミミンのすがるような目つきは脳裏に焼きついていた。約束を破ったら...
インドネシア編昔、子を失って悲嘆に暮れている母ザルがいたという。愛する子供が死んでしまったのだ。母ザルは泣き声を上げ、悲しみに暮れ、やがてその母ザルもまた子供を追うように死んでしまった。その母ザルの腸は、失った愛児の死を想うあまり、ズタズタに傷つ...
インドネシア編自分が好きになった相手を思い浮かべて欲しい。好きになった相手に、自分と同じ「波長」を感じないだろうか。人は、自分と同じ心理・境遇・人生・悩み・欠点を相手から感じると、「同じ匂いがする」とか「波長が同じだ」と表現する。相手のやること、...
インドネシア編サンティが嫌われて皆から遠ざけられている理由は、ふたりでテラスに出てから知ることになった。そこでは3人ほどの娘たちがビデオCDをテレビで見ていた。中にはビデオに合わせて鼻歌を唄っている娘もいた。ところがサンティは、そんな先客にお構いな...
インドネシア編人生を捨てた女の目を、あなたは見つめたことがあるだろうか。それは、とても強烈なものだ。寂然(せきぜん)の瞳というのだろうか。ままならぬ人生に長らく耐え、もの哀しさを抑えた瞳。それでいて、猛烈な意志の強さをまだ失っていない瞳。エラの眼...
インドネシア編セックスを動画や写真で記録するのが好きな男たちの存在はもう当たり前のように知られていて、そんなことは改めて言うようなことではない。しかし今はすでにその時代を経て、数年も前から女たちがセックスを記録し始めていることに気づいている人はい...
インドネシア編インドネシア語は、もうほとんどすべて忘れていた。しかし、バタム島に向かう船の中で、まわりの人たちが話す言葉のイントネーションを聞いて、懐かしくて仕方がなかった。この優しい響き。この郷愁。好きだった。インドネシアは、私にとってとても大...
インドネシア編初めてインドネシアのビンタン島を訪れたのは雨期の頃だった。空はどんよりと曇っており、タンジュン・ピナンに降り立つと小雨が降っていた。雨足は強まるばかりで、ホテルに着いた時はすっかり濡れそぼっていた。暗く、陰鬱だった。それから私はたび...
インドネシア編リッキーにセチア・ジャヤへ急いでもらう。すっかり陽が落ちており、夜のセチア・ジャヤに向かう道は、街灯のまわり以外は漆黒の闇の中であった。狭い「秘密の路地」を抜けて見えてきたセチア・ジャヤの建物も、半分以上が闇に溶けて薄気味悪い。しか...
インドネシア編この日もよく雨の降る日だった。陽はさすのだが、すぐにどんよりとした雲がやって来ては気まぐれにどしゃぶりの雨を落とした。昼間はヌーリと一緒にホテル近くをあちこち散策して楽しんだが、本格的な雨が降って来たので濡れながら私たちは部屋に戻っ...
インドネシア編翌朝、ヌーリを一度セチア・ジャヤに帰したが、昼下がりにはすぐセチヤ・ジャヤに行って彼女と合流した。翌日、バタム島を経由してシンガポールに戻るつもりだった。それを伝えると、彼女は不安そうな、落ち着きのない表情をした。小さな顔の大きな目...

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事