◆売春島。インドネシア領バタムにハイエナが来ない理由とは

◆売春島。インドネシア領バタムにハイエナが来ない理由とは

インドネシア編
シンガポールから船で30分から40分ほどの距離に、その「売春島」がある。

中国語で書くと「巴淡島」。

日本語で巴は「は」、淡は「たん」と読むので無理すれば「はたん(HATAN」』とも読めないことはない。 実際にはバタム(BATAM)なので、なかなか近いと思う。

中国人が語呂合わせで作ったような、この「巴淡島」という漢字が好きだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

売春地帯をさまよい歩いた日々カテゴリの最新記事