◆シティ。はじめて堕ちる彼女の心の中には何があるのだろう

◆シティ。はじめて堕ちる彼女の心の中には何があるのだろう

インドネシア編
はじめての性体験は、誰でも強烈な印象として脳裏に刻まれているはずだ。それは人によって素晴らしかったり、あるいは惨めなものだったりする。

真夜中の退廃した世界で生きる女性は、初体験とは別に、もうひとつの体験をしなければならない。それは、売春ビジネスでの初体験だ。

愛ではなく、金で自分の身体を売る。結婚のあとの性体験は祝福されるが、売春での性体験は社会から批判される。

売春ビジネスに堕ちた女性は、それを隠して生きない限り、永遠に社会から白い目で見られることになる。

隠し通しても、暴露された瞬間に、もう表社会の人間関係は壊れ、軽蔑や嘲笑の視線を浴びることになる。だから、「堕ちる」という。

真夜中の女性たちも、当然「はじめて堕ちた夜」がある。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

売春地帯をさまよい歩いた日々カテゴリの最新記事