◆現地妻。シンガポーリアンの現地妻だったヨシという名の女性

NO IMAGE

インドネシア編
「現地妻」という女性の生き方がある。

男は本土で妻や子供を持っている。それを分かった上で、男が現地に来たときだけ「妻」になる。

同じ国で、同じ国籍同士であれば、それは「愛人」なのだが、国が違えば「現地妻」になる。海外出張している日本人の男も、結構な数の男が「現地妻」を持っている。

タイでもインドネシアでも中国でもマレーシアでも、どこでもそうだ。一流企業の男も、中小企業の男も関係ない。みんな妻には素知らぬ顔をして、現地で特定の女性を囲い込む。

シンガポーリアンはインドネシア女性を「現地妻」にしている。彼らはゴルフに行くという名目でインドネシアのどこだかに渡って、ゴルフとは別のこともして帰る。

そんなシンガポーリアンの現地妻だった女性を知っている。ヨシという名の女性だった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

売春地帯をさまよい歩いた日々カテゴリの最新記事