性奴隷・人身売買された女性たち

性奴隷・人身売買された女性たち
人間は、本質的には自分の言うことを何でも聞く「奴隷」を求めていて、人権意識がない過去は未開の地から連れてきた人間を「奴隷」として酷使していた。男尊女卑も基本的には女性を奴隷化させる無意識が裏側にあるし、身分制度も身分の低い人間を奴隷として扱うため...
あなたはも2015年4月25日に起きた地震のことなど、もう関心がないはずだ。この地震はネパール経済を直撃しており、現地の復興も遅れているばかりか、被災者の救済も遅々として進んでいない。これはネパールに限った話ではないが、途上国・新興国では、大規模な自然...
親露派と親欧米派の激しい衝突、ロシアの介入、債務危機、失業と貧困に揺れ、今や国家分裂寸前の危機に陥っているのがウクライナだ。ウクライナは、もう無政府状態になっている。(突如として殺されていく女性。ウクライナの内戦の真実)すでに国民はこの国に見切り...
イラク・シリアの広大な土地を暴力で覆い尽くしているISISは、その指導者の半分を失いながらも、組織は壊滅することなく動いている。アメリカの度重なる空爆、トルコやヨルダンの参戦、イランにも軍事支援されるイラク軍、アサド軍、グルド人兵士などが四方からISIS...
イスラム国(IS)の激しい暴力で、もはや無法地帯と化しているシリアからイラクだが、このシリアの混乱を逃れた女性たちは難民としてレバノンやヨルダンに入っている。シリア難民はすでに2014年8月の時点で300万人を超えている。レバノンには114万人、そしてヨルダ...
ミャンマーの少数民族ロヒンギャ族は、現在、東南アジアで最も迫害されている民族として知られている。彼らはビルマで殺戮されており、迫害から逃れて多くが国境を越えてミャンマーを去っている。そのルートは海洋ルートと陸上ルートがある。以前はジャングルを越え...
2009年に、ユニセフが調査した結果によると、国境を越える人身売買の犠牲者は毎年60万人から80万人ほどいると言われている。そのうちの半分が子供たちだ。子供たちは自分で親から離れたり、国境を越えたりしない。そこには必ず誰かが介在しているのだが、それが人身...
閲覧注意超過激暴力集団「イスラム国(ISIS)」は、その残虐性をシリア・イラク一帯に広げている。複雑な政治対立が渦巻いているのでアラブ諸国はほとんど動けず、アメリカも空爆をしているだけで本格的な壊滅に動いていない。さらに、今の国連はまったく仕事をしな...
「人権を守れ」という言葉がある。「守れ」と叫んでいるということは、守られていないということだ。日本人の多くには、すでに人間は誰でも対等な存在であるという意識があるが、日本人がそうだからと言って、全世界がそうだとは決まっていない。先進国には人権意識...
性奴隷を目的に、女性を拉致・監禁するという事件は世界中で起きているのだが、日本でももちろんそういった事例はたくさんある。クズのような男は、日本でもたくさんいるのだ。2000年1月28日に新潟県で保護された女性は、佐藤宣行という男に9年も監禁されて性奴隷...
ナイジェリアが、混乱した国であることはブラックアジアでは以前からしばしば取り上げてきた。この国では奇妙なブラックマジックが横行して女性の乳房を切り取った死体が発見されたり、赤ん坊の産み捨てや赤ちゃん工場が摘発されたりしている。エイズまみれの売春女...
中東各国で、相変わらず雇い主が家政婦(メイド)の女性をレイプする事件が多発している。最近では24歳のエチオピア女性がレバノンで雇い主の主人にレイプされて自殺未遂を引き起こしたことを現地のNGO団体が報告している。メイドたちはパスポートを取り上げられ...
今やロシア系の売春女性は、どこにでもいる存在だ。東南アジアの各国には、電話による売春(コール・ガール)にもロシア系の女性が普通に存在している。シンガポールでは、オーチャード・タワーのディスコに、ロシア系の女性がいる。もちろん、タイでもロシア系の女...
スーダンの山岳地帯にはヌバ族という民族が暮らしているが、このヌバ族が大虐殺されていることは以前にも取り上げたことがある。(国際社会の無関心の中で、ヌバ人が大虐殺で絶滅する可能性も)誰もヌバ族には関心がない。だから、それをいいことにスーダンのオマル...
フィリピンは出稼ぎ国であり、国外とのつながりが深い。そうなった理由のひとつに、フィリピン人が流暢に英語を話すという背景がある。英語が話せ、国外とつながりが深い。それは、表側から見ると国際的に活躍できる条件が整っているということだ。場合によっては次...
1990年代に入ってからキューバの経済状況は最悪の状態になり、このときからキューバ女性の多くが売春に追いやられていったことは以前に書いた。(キューバ。どん底の共産国家で、女性が売春ビジネスに殺到)欧米人のハイエナ(99%は白人)たちは、無法・貧困・売春...
世界中に数限りなく売春地帯があるが、その売春地帯では特定の国家の女性が売春ビジネスをしている現象が多く見られる。ヨーロッパ系 モルドバ女性アジア系 韓国・中国女性アフリカ系 ナイジェリア女性これらの国は、要するに自国の女性を売り飛ばしているという...
東欧の貧国モルドバの女性が人身売買されるとき、たとえばイスラエルに彼女を送り込もうとするときは、飛行機に乗せて一直線にイスラエルに連れて行くわけではない。モルドバの若い女性が飛行機に乗ってイスラエルに入ると、それだけで売春絡みだと察知されるので、...
イスラエルにも外国からやってきた売春女性は多い。そのほとんどは旧ソ連の女性たちで、待遇は監禁・性奴隷に等しいものであると言われている。現在、イスラエル国内でも人身売買への取り組みが活発化するようになった。彼女たちの境遇がイスラエル国内でドキュメン...
かつて日本では、貧困故に親が娘を売り飛ばすという闇の歴史があった。日本が豊かになった今、この悪習は消えた。しかし、親が「娘を売り飛ばす」というのは、東南アジアや南アジアでは未だに続いている悪習だ。1980年代まではタイでも当たり前のように起きていたし...
社会の裏側にはポイゾナス・スネーク(毒蛇)がいる。アジアでは中国の蛇頭(スネーク・ヘッド)が有名だ。若い女性を見つけて、金で釣ったり、拉致したりして、他の国のマフィアに売りつけるのである。現地のマフィアは女性を買うと、売春地帯で女性に身体を売らせ...
『フレッシュ』というドキュメンタリー映画がある。NPOが製作したものだ。アメリカの小資本で製作されたドキュメンタリー映画だから商業サイドには乗っていない。恐らく日本には恐らく入ってこないし、話題にもならないものだと思う。扱っているのはロスの人身売買(...
最近、北朝鮮では20代の美女を国家が結婚仲介という形で人身売買をするようになった。つまり、北朝鮮の女性を国家から買うことが可能になった。ひとり370万円で北朝鮮でビジネスをすることが条件だ。これについてはダークネスの「北朝鮮が女性の売買を開始。20代美女...
2011年9月。中国の河南省洛陽市で、ひとりの女性が警察に「性の奴隷にされていた」と駆け込んで奇妙な事件が発覚した。彼女以外にも3人の女性が未だ地下室に監禁されていて、他に2人が殺されて埋められたという。この通報に仰天した洛陽市警察はただちに特別捜査...
インド編インドでは警察が異様なまでに腐敗していて、警察を相手取った告訴が毎年約6万件もある。そのうちで逮捕される警察官は20人や30人でしかない。告訴の半数以上は「根拠がない」という理由で却下されている。どういうことか。警察官が行ったダリットに対する...
少し、恐ろしい話をしたい。数字が大きくて信じられない話だが、今起きていることだ。アメリカでは行方不明者が年間60万人以上もいる。これはあくまでも届け出のあった行方不明者をカウントしたものだが、それでも60万人とは恐ろしい数字だ。1997年は98万人を超えて...

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事