◆ナイジェリアの少女270名拉致事件でボコ・ハラムが犯行声明

NO IMAGE

ナイジェリアが、混乱した国であることはブラックアジアでは以前からしばしば取り上げてきた。

この国では奇妙なブラックマジックが横行して女性の乳房を切り取った死体が発見されたり、赤ん坊の産み捨てや赤ちゃん工場が摘発されたりしている。

エイズまみれの売春女性が街で売春ビジネスをしていたり、セックスの仕事も仕事のうちだとつぶやく少女がいたり、はるかイタリアにまで売られて路上で売春している。

テロも横行している。ナイジェリアのテロ組織である「ボコ・ハラム」はしばしば凶悪な事件を引き起こしている。

ナイジェリアは実はアフリカでも有数の経済発展国になりつつあるのだが、これによって国民の間で格差がどんどん開いている。貧しい人々がイスラムに傾倒して、「ボコ・ハラム」のような過激派を支援するようになる。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net