◆星島貴徳。女性を性奴隷にしたかった四肢切断女性愛好家

NO IMAGE

性奴隷を目的に、女性を拉致・監禁するという事件は世界中で起きているのだが、日本でももちろんそういった事例はたくさんある。クズのような男は、日本でもたくさんいるのだ。

2000年1月28日に新潟県で保護された女性は、佐藤宣行という男に9年も監禁されて性奴隷にされていた。

2002年4月16日には青森県の自宅で20歳の女性を2週間監禁して、首輪を付けて自分を「ご主人様」と呼ぶように強要していた小林泰剛という25歳の男が逮捕されている。

2004年にも、同じような事件が兵庫県で起きていて、こちらは18歳の女性が3ヶ月も監禁されていた。

その中で、2008年4月18日に、東京都江東区で起きた事件は、同様の事件でも、「死体処理」の方法が日本人離れしていて非常に特異なものであった。

この事件で死体処理の方法を知った瞬間、私はすぐにこれは紛れもなく「ネクロサディスト」、もしくは「ネクロフィリア」だと直感した。(暴力性愛・死姦・死体損壊という快楽は、どのような快楽か

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事