◆性奴隷にされていく少女たち。それは「過去の話」ではない

NO IMAGE

かつて日本では、貧困故に親が娘を売り飛ばすという闇の歴史があった。日本が豊かになった今、この悪習は消えた。しかし、親が「娘を売り飛ばす」というのは、東南アジアや南アジアでは未だに続いている悪習だ。

1980年代まではタイでも当たり前のように起きていたし、1990年代でもカンボジアで起きていた。

そして、2000年に入ってもインドネシアで起きているし、現代の「ベトナム人花嫁」もまた、現代版の「娘を売り飛ばす」形態のひとつであると言うことができる。

過去に、こういった話をたくさん見聞きしたし、実際にそうやって売り飛ばされた女性たちもたくさん見てきた。いくつかはブラックアジアにも書いた。(会員制)

・冷気茶室。男の天国、女の地獄と呼ばれた、バンコクの魔窟
・ホームシック。狭い部屋の中で母親に手紙を書くベトナム娘
・ひとりぼっちのアニス。彼女は、今も暗い部屋の中にいる
・ベトナム花嫁、処女保証、総額20万で3ヶ月内に結婚できます
・まるで人身売買のような、ベトナム女性の「お見合い結婚」
・ベトナムから来た娘。カンボジアに堕ちるベトナムの娘たち

フィリピンでも、未だそういった事件が起きているようだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事