東南アジアで最も汚染地区と化したフィリピンと、これから世界中で起こること

東南アジアで最も汚染地区と化したフィリピンと、これから世界中で起こること

自粛だの隔離だの外出制限などというのは、金持ちだけに許された「贅沢」であって、貧困層にとっては最初から無理なものだったのだ。それでも政府が強権を行使して国民に自粛を強制すれば、餓死者や自殺者が続出することになる。これは推測ではない。収入が断たれた上に自粛から逃れられないのであれば、人々には逃げ場などないのだ。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。まぐまぐ大賞2019メディア『マネーボイス賞』1位。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」、投資をテーマにしたブログ「フルインベスト」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。(連絡先:bllackz@gmail.com)

私たちの愛する東南アジアで起きていること

タイでも中国発コロナウイルスの感染者は2613人を超える事態となっており、観光地プーケット島での感染者の増加がタイでも最も問題となっている。(ブラックアジア:【投稿】非常事態宣言発令下のタイ。プーケットはどのようになっているか?

カンボジアではコロナウイルスの感染者は122人ほどで、タイほどひどい状況にはなっていないのだが、毎日のように感染者が出てきており、いつ感染爆発するのか分からない状況だ。ベトナムは感染者が266人である。やはり外出制限が行われている。

東南アジアで最初にひどい状況になったのはマレーシアだった。現在のところ4987人の累計患者がいる。クアラルンプールのモスクでの大規模集会から広がったマレーシアの感染爆発は、行動制限が行われた後も突発的な感染者拡大が何度も起きている。

このマレーシアに迫るほどの患者急増となっているのがインドネシアである。現在は4839人となっている。インドネシアは感染したら死ぬ確率が高い国となっており、危機的な状況である。

そして、3月の下旬から4月の初旬にかけて約2000人もの規模で感染者を出しているのがフィリピンである。現在、5223人となっているのだがマレーシアを抜いて東南アジア最悪の汚染地区と化した。

爆発的な感染は貧困層で起きており、不十分な医療によって死者が激増する可能性が挙げられている。

シンガポールはどうか。シンガポールは3月までは「封じ込めに成功している素晴らし国」と言われていたが、もうすっかり過去の話となった。現在の感染者数は3252人となっている。4月9日から感染爆発が止まらなくなった。

ブラックアジアでは有料会員を募集しています。よりディープな世界へお越し下さい。

それぞれの国の感染者数を俯瞰して見る

ひとまず、東南アジア全体でどうなっているのかを俯瞰して4月14日に「AEC NEWS TODAY」がまとめた数字があるので、これを見てみよう。東南アジアでの中国発コロナウイルスの感染者は、多い順から並べると以下のようになっている。

(1)フィリピン:5223人
(2)マレーシア:4987人
(3)インドネシア:4839人
(4)シンガポール:3252人
(5)タイ:2613人
(6)ヴェトナム:266人
(7)ブルネイ:136人
(8)カンボジア:122人
(9)ミャンマー:63人
(10)ラオス:19人

(感染者数は「https://www.worldometers.info/coronavirus/」で最新のものが見られる)

インド圏はどうだろう。このような状況になっている。

・インド:10,941人
・バングラデシュ:1012人
・パキスタン:5837
・スリランカ:219人

インドではシーク教徒の指導者がイギリスでコロナに感染してインド中の村に説法で回って感染を爆発的感染させたという例や、インド最大のスラムと言われているムンバイのダラピでの感染拡大があるので、これからさらに増えていく。

ちなみに感染者が10万人超えの国は以下の通りとなっている。

(1)アメリカ:598,737人
(2)スペイン:172,541人
(3)イタリア:162,488人
(4)フランス:136,779人
(5)ドイツ:131,100人

イギリスは現在9万3873人なので、1週間以内に10万人の感染国に入るかもしれない。

1999年のカンボジアの売春地帯では何があったのか。実話を元に組み立てた小説、電子書籍『スワイパー1999』はこちらから

東南アジア最悪の汚染地区となったフィリピンのこと

ところで、東南アジアで最悪の感染者数となったフィリピンなのだが、フィリピンはドゥテルテ大統領の素早い動きによって3月15日からすでにマニラ首都圏封鎖の措置が施行され、他の地区でも外出禁止令が出されていた。

それなのに、いったいなぜこんなことになってしまったのだろうか。

それは、フィリピンでは貧困層が多くコロナに感染して死ぬよりも封鎖措置によって収入を失って餓死する可能性の方が高まって、自粛がうまくいかなかったからでもあると分析されている。

スラムの住民たちはかなりの数で路上でモノ売りをしている。あるいは物乞いで収入を得ている。あるいはゴミの廃品回収で暮らしている。収入は乏しくて日銭を稼がなければならない。

外出禁止令を守っていると、一家全滅してしまうのである。

さらにコロナウイルスはスラムの住民たちの間で爆発的に増えているのだが、スラムというのは狭いところで人々が密集した環境になっているので、「集まらない、近寄らない、密閉された空間にいない」という基本が守られない。

さらに彼らはマスクを手に入れるカネも環境もなければ、衛生に気を使えるような生活環境にもない。そして、具合が悪くても病院に行くカネもない。いったん感染が広がれば、もはやどうしようもないような社会環境の中で暮らしているのである。

だから、外出禁止令は守られず、運悪くスラムでの感染が広がってマレーシアを抜いて感染爆発に巻き込まれていった。特にひどかったのは3月31日で、この日一日だけで538人の感染者が発覚した。病院はすでに飽和状態で医療危機が起きている。

フィリピン政府は引き続き4月30日まで外出禁止令・移動制限措置を続けるつもりなのだが、「もう生活できない」として激しい抗議デモが発生しており、逮捕者が続出するような騒ぎにもなっている。

地獄のようなインド売春地帯を描写した小説『コルカタ売春地帯』はこちらから

大量の企業倒産と失業者の群れと貧困層の増加

貧困層から見ると仕事がいけなくなるというのは、感染するのかしないのか分からないコロナよりも恐ろしいことなのだ。何しろ一日でも仕事ができなかったら、自分も家族も飢えて死ぬ。

別に途上国だけの話をしているのではない。都市封鎖の真っ只中にあるイギリスでも、約300万人以上が外出制限で収入が激減し、300万人以上が空腹を抱えているという実態をフィナンシャルタイムズ紙が明らかにしている。

自粛だの隔離だの外出制限などというのは、金持ちだけに許された「贅沢」であって、貧困層にとっては最初から無理なものだったのだ。それでも政府が強権を行使して国民に自粛を強制すれば、餓死者や自殺者が続出することになる。

これは推測ではない。収入が断たれた上に自粛から逃れられないのであれば、人々には逃げ場などないのだ。

さらに、こうした人たちが増えたら「抗議デモ」ではなく「暴動」が起きるような一触即発の事態になってしまう。

中国の武漢から始まったコロナウイルスの「地獄」は、今は「健康問題」の方に目が向いているのだが、自粛や外出禁止令や都市封鎖が生み出すのは大量の企業倒産と失業者の群れと貧困層の増加である。

IMF(国際通貨基金)は、2020年の世界経済の成長率はマイナス3.0%となって「大恐慌以来の経済悪化」と述べている。これは何を意味するのか。国際非政府組織オックスファムは、このように分析データを出した。

「1日1.90ドル以下で生活する貧困層は9億2200万人に増加する」
「5.50ドル以下で生活する人は40億人近くになる」

つまり、こういうことだ。世界を見回すと絶対貧困層は約10億人になり、貧困層は約40億人になる。

これが私たちの目の前で起きていることだ。これから私たちは極度の貧困層が世界中に溢れる悲惨な世界に落ちていく。日本はどうか。日本も例外ではない。今、起きていることを甘く見てはいけない。

下手すれば、働く人たちの4割は近くは仕事を失うかもしれない。人数にして2165万人。なぜ4割なのか。この4割は非正規雇用であり、景気の調整弁として切り捨てられる存在だからだ。

『地球に住めなくなる日: 「気候崩壊」の避けられない真実(デイビッド・ウォレス・ウェルズ)』

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事