パキスタンでアシッド・アタックした男が無罪放免になった

NO IMAGE

閲覧注意
ここ数日、パキスタンのニュースの一面を飾っているのは、ファクラ・ヨーヌスという女性の自殺の記事である。彼女はパキスタンの女性で、自分の夫にアシッド・アタック(酸攻撃)された。

顔面は破壊された。鼻も口も、すべてが完全に溶解して呼吸ができないので攻撃を受けたその日のうちにも死亡すると思われた。

それほどの損傷だったにも関わらず、彼女は奇跡的に生き延びた。それから10年。彼女は36回にも及ぶ整形手術を耐えてきた。

絶望のあまりに死んでいった女性

しかし、自分を攻撃した夫ビラル・カーが、パキスタンでなんと無罪になった。無罪放免だ。

この男は元国会議員にしてパキスタンの権力者の息子、もっと具体的に言えば、パンジャブ州の知事の息子であった。

女性は男の付属品とでも思っているイスラム教国の女性蔑視と、権力者なら何をしても構わないというパキスタンの実情が絶妙に合わさった結果の無罪だ。

この無罪はもちろん、この残虐で自分勝手な男が権力者としてのコネクションを使った結果だとパキスタンの市民は信じている。

ファクラ・ヨーヌスはそれに絶望し、彼女は自分に支援を差し伸べてくれていたイタリア・ローマの治療中の建物の6階から飛び降り自殺をしたのだった。

2012年3月17日。享年33歳だった。

彼女は問題のある貧困家庭に生まれ、若くして売春をしながら生計を立てていたが、やがては美しいダンサーとしてカラチで知られるようになっていった。

そこでカラチのパーティーで夫となるビラル・カーと知り合って結婚するのだが、結婚した瞬間に夫の態度は豹変したのだという。夫は暴言を吐き、罵倒し、殴る、蹴るの暴行を加えた。

ドメスティック・バイオレンスに耐えかねたファクラ・ヨーヌスは、実家に逃げ帰ったのだが、そこにビラル・カーは追いかけてきて、彼女の息子の目の前で酸をぶちまけた。

それで無罪になるのだから、ファクラ・ヨーヌスでなくても絶望するのは当然だ。

ドメスティック・バイオレンスに耐えかねたファクラ・ヨーヌスは、実家に逃げ帰ったのだが、そこにビラル・カーは追いかけてきて、彼女の息子の目の前で酸をぶちまけた。

女性にとっての暴力国家

アシッド・アタック(酸攻撃)は女性に対する攻撃としては最悪の部類に入る卑劣な犯罪だ。

しかし、残念なことにイスラム教国家ではこれがまったく珍しいことではない。

イラン・アフガニスタン・パキスタン・バングラデシュの4国は特に最悪だ。

私はバングラデシュでアシッド・アタックされて背中に大怪我を負った女性と、顔から腕にかけて皮膚が溶けたまま放置されている男を実際にこの目で見てきている。

それだからこそ、この凄絶なまでに悲惨な犯罪に対しては誰よりも激しく憤っている。

日本の女性団体が、あるいは世界の女性団体が、女性の権利云々と言うならば、なぜイスラム教そのものを激しく糾弾し、イスラム教と闘おうとしないのか不思議でしかたがない。

女性がイスラム教を見て見ぬ振りをすればするほど、ファクラ・ヨーヌスのような悲劇が続出し、それにも関わらず加害者が平然と世間に居座るような社会になる。

本当のことを言えば、女性はすべての宗教に対してあまりに無邪気になりすぎていると言いたいのだが、そこまで覚醒できる女性はほとんどいないだろう。

だから、せめて男性優位・女性蔑視を公然と示しているイスラム教くらい反発してほしいと切に願う。

パキスタンでは、アシッド・アタック、共生結婚、その他の女性に対する暴力が年間で8,500件以上も起きているのである。暴力が女性に向いている。

別の言葉で言えば、パキスタンは「女性にとっての暴力国家」と言ってもいいほどだ。パキスタンだけではない。イランも、アフガンも、バングラデシュも、すべて事情は同じだ。

サウジアラビアでもレバノンでもイエメンでもソマリアでも女性たちが鞭打たれ、焼かれているではないか。

そんな地獄のような宗教国家に、女性たちが閉じ込められて息もできないでいる。

イスラムはすでに女性をがんじがらめにしている。内部の女性が逆らえば、みんなファクラ・ヨーヌスやスアドやビビ・アイシャのようにされてしまう。

だから、イスラムの外にいる女性たちが何とかしなければ、イスラムの人権侵害はとめられないだろう。

それだというのに、世界中の女性たちは誰もファクラ・ヨーヌスに見向きもしない。関係ないのだろうか?

とても、残念だ。




2012-04-01 12:30:57 1v32u9917
あまりの恐ろしさ、残酷さにふるえあがります。人は他者とくに弱者に対してどこまで残酷になれるのか・・・眩暈がします。女性が女性に酸をかけるむごい事件もこちらで以前読ませていただきました。
こんな目にあっているイスラムの女性たちに対し「関係ないよ」とは思っていません、私はイスラム外でありますが、だからといって闘えば「明日は我が身」と思われ、とても怖くて・・・。
2012-04-02 01:30:31 3ua3299u51
お湯が一滴かかってもギャッ!っとなるのに、酸をかけられて自分がこんなことになったら。。。

私なら即死かもしれません。
いえ、死にたい。。。(泣)

2012-04-03 00:30:32 sv3379972
「名誉の殺人」が許される地では、このようなことは一向に収まりません。ましてや加害者が権力側関係者であったり、軍や警察関係者であったりすると。この点では、イスラム国家でなくてもあてはまりますが。私は、このような行為に対してはその国内の力だけでは解決できないと思います。外圧でもなければ、永久に解決しないと思います。
では、一方で私には何ができるのか。たとえ政治家になっても、外政干渉は難しいでしょう。NGOや国連機関でも難しいでしょう。
「悪魔の詩」を翻訳した日本の大学助教授は殺害されていますよね。犯人は迷宮入り。「作者」でなく「翻訳」しただけでも殺されてしまうのです。本当に恐ろしい。結局は、アメリカが国力を回復して戦争でもふっかけるしかないのですかね。でもイスラム教自体は既に一つの国家だけに浸透しているのではありません。なので、せめて宗教と法律を分離して考えるよう世界がそれらの国家に対して呼びかけるしかありません。信者の増えた宗教をなくすのは難しいです。せめて法律や統治が正しく行われるようになって欲しいです。そうするには・・うーん、もうちょっと考えてみます。
2012-04-13 02:30:37 ttau251117
あまりにも立て続けにアシッド・アタック事件が起きているのですが、2012年4月6日には、インドのバラナシで、妻に100ルピーをせびって断られたアルコール中毒の男が、妻はおろか、7人の家族を負傷させる事件も起きています。

ひとつひとつ紹介したいのですが、それができないほどアシッド・アタックの「流行」が止まりません。女性の顔を破壊する流行です。嫌な時代が続きます。

(鈴木 傾城)

2012-05-10 18:31:53 utattu1293
ムスリムの方でも、優しい、誠実な人もいるし、一夫多妻でも本当に平等にしている方も 愛して妻は一人にする人もいるけど、恋愛結婚より親が決めた結婚が多い中で、怖い夫 良い夫に当たるのが 運 って言うのが。過激な人の所へ 嫁に出されたら しかも子供のうちに・・・・って考えると恐ろしい話です。

 でも、キリスト教の国が、無理に変えようとして、余計に保守派はより過激になっているそうです。事実、アシッドアタックなんて恐ろしい事は、絶対無くならないといけないと思う。 
 欧米の言う、イスラム教を鵜呑みにしては、いけないとも思います。

2012-05-10 23:31:21 77atttjn
もちろん、敬虔で誠実で温和なムスリムの方がいることも、わかっています。悪質なのは、その教義を自分たちに都合がいいように曲解し粗暴化し、それを正当化する男たちです(原理主義者とか)。そしてそういう地では法的にも加害者の方が裁かれなかったりします。それが問題なのです。
何もムスリムでなくても暴力的な人は世界中にいますが、法治が正しく機能していれば、宗教に関係なく加害者は裁かれます。それが正しい法治国家と言えるでしょう。また、アシッドアタックなどをしても法が健全に機能しない国家においては、伝統的に女性を支配し暴力をふるうのがDNAに染みついてしまっているかのような人が多いのが現実です。周りの人や親達がそうだったから、子供もそれが当たり前と思っているのでしょう。また、その地域や部族では慣習として染みついている場合もあります。別に本来はイスラム教とは関係なくても、イスラムの教義を男性にとって都合がいいように解釈して用いる場合が多い、というだけです。
しかし少なくとも「アラー・アクバル」と唱えながら人の首を切るのが良いことでないのは無いのは誰の目にも明らかでしょう。アラーも迷惑に思っていることでしょう。こんなことを書くと私も狙われるのかな、という恐怖を与えるだけの悪影響を及ぼしていることだけは確かです。
2012-05-11 18:31:10 17at72t930
 でもそれってムスリムって言うより法治が出来ないと何も変われなそう。メキシコのギャングも野放しだし。手出しができない。

本当にそうですね、アラーも迷惑だと思います。
魔女狩りも、ヒンドゥのアンタッチャブルもひどい目にあってきて、宗教を、政治に使うとロクなことがおこりませんね。宗教も元々は道徳的で人道的だったと思うんだけど。。。。。

2012-05-12 05:31:49 tsat7t9o9
今週の「週刊新潮」でヨーナスの事が(今更ですが)書かれています。新潮では「ユナス」という読み方をしていますが、他にもイランやアフガン、インドでの女性に対する悪習について触れています。これらの例を挙げながら、最後に著者は(週刊新潮5月17日号より抜粋)「口答えはする、小遣いは減らす。そのくせ自分は「女子会」で遊びまわる日本女性は一度でいい、夫と日本にありがとうといったら」と締めくくっていますが、この最後の一文でがっかりしました。著者の男尊女卑思考の片鱗が見て取れるからです(自分では意識していなくても)。確かに今の時代に日本に生まれたことを私は感謝しています。少し前はまでは、日本でも女性に参政権がなかったり仕事も自由にできなかったり(除く女工・奉公・売春婦)教育も男の子優先だったりと女性が抑圧されてきていた時代はあるのです。もっと太古に遡れば、逆に日本は実は女系社会だったのですがね。女性は「生」を司る神聖な存在だったゆえ、神事は女性が司っていた地方・時代があったのです。江戸時代~明治時代からでしょうか、日本の女性の地位が抑えられてしまったのは。いや、もっと前からかな。いつのまにか、近代化と共に父兄社会にすりかえられてきてしまったのです。しかし日本には「政教分離」の法がありますから、宗教や慣習にとらわれず裁判は「やった行為・動機を対象に」粛々と行われます。昨今ではDVやストーカー行為もれっきとした犯罪として裁かれます。それは法が正しく機能していることはもちろん(少年法は首かしげることが多いですが)、太古の女系支配時代の日本人の思想がどこかに残っているからではないでしょうか。

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net