超巨大災害で大都市は丸ごとインフェルノ(地獄)になってしまう可能性もある

超巨大災害で大都市は丸ごとインフェルノ(地獄)になってしまう可能性もある

これからも巨大災害は次々と引き起こされるが、この気候の変化は地球の活動が自律的に変化しているものなのか、それとも人間の経済活動が引き起こしている人災なのかが激しく議論されている。もし、巨大災害の原因が人災であったら人類は自然破壊を止めるだろうか。それは期待できそうにない。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」、投資をテーマにしたブログ「フルインベスト」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。(連絡先:bllackz@gmail.com)

過去に例のない豪雨や台風も苛烈になっていく一方

私たちはもう自然災害に翻弄される恐怖の時代に生きている。日本は今月、相次いでやってきた巨大な台風や豪雨に全国が翻弄されて莫大な被害を出した。川は決壊して洪水を引き起こし、農林水産関係の被害だけでも1700億円を超えている。

長野県も大きな被害に遭って北陸新幹線も車両浸水し、廃棄の場合は被害総額は150億円にもなる。東京でも多摩川が氾濫して世田谷区玉川が大きな被害を受けたのは報道の通りだ。

災害と言えば、日本人は真っ先に地震の脅威を思い浮かべるが、過去に例のない豪雨や台風も苛烈になっていく一方である。

しかし、自然災害に苦しんでいるのは日本だけではない。

自然災害の激甚化は全世界で見られており、あちこちの国で「今まで見たことがない」というようなゲリラ雨が町を浸水させ、ハリケーンが街を飲み込み、巨大な洪水がすべてを押し流し、山火事が大規模に広がっている。

カリフォルニアの大規模な山火事はもはや「恒例」のようになっているし、今まで大規模な火災などなかったはずのブラジルのアマゾンですらも燃えて止まらない。アマゾンの森林火災で森林の再生ができなくなると、「アマゾンが砂漠化する」とも専門家が警鐘を鳴らしている。

インドや中東では、しばしば50度を超えるような熱波(ヒートウェーブ)が襲いかかり、アメリカでも50度を越える最高気温を記録するようになった。欧州でも40度超えが点在して、うだるような気温の中で人々が熱中症で何百人も死んでいくような光景になっている。

気候が狂っている。

ブラックアジアでは有料会員を募集しています。よりディープな世界へお越し下さい。

計り知れないほどの大きなダメージ

日本でも真夏日ともなると、「熱帯よりも暑いのではないか?」と人々がうなるほど強烈な熱波が照りつける。今後、九州地方は「まぎれもなく熱帯そのもの」になっていくと推測する学者もいる。いわゆる「日本熱帯化説」である。

そうなると、九州で熱帯でしか見られない動植物が増えていき、それに伴って熱帯の伝染病が広がっていく異様な事態になる。さらには、デング熱、コレラ、マラリア、チフスのような熱帯の疾病も、日本に定着する可能性もある。

日本が熱帯化していくと、これが日本でも恒常的に見られる病気になっても不思議ではない。

そもそも、ゲリラ雨自体も、亜熱帯の気候の特徴である。日本の気候が変わりつつあるというのは、別に日本だけに起きている特異な現象ではない。地球規模で起きている気象の異常に日本も巻き込まれているというのが正しい。

一方で、冬は冬で文明を停止させてしまいかねないほどの豪雪や寒波がやってくることも予測されている。激しいブリザードが都市や町を孤立化させ、インフラをも破壊してしまうこともあり得る。

このまま異常気象が続くと言うのは、決してあり得ない話ではない。長い時間をかけて、気候が徐々に変わっている。

地震や台風や熱帯化で人類が全滅することはない。しかし、巨大な自然災害が広範囲に続くと、現代文明に計り知れないほどの大きなダメージを与えるので私たちはその深刻な影響から免れない。

同時多発的な世界災害がいったん起きて、穀倉地帯が壊滅すると、全世界で食糧危機が勃発する。食糧高騰で食べるものが物理的になくなり、経済が混乱し、国家すらもあてにならなくなる。

そうなると、世界中で追い込まれるのは「都市部」である。

1999年のカンボジアの売春地帯では何があったのか。実話を元に組み立てた小説、電子書籍『スワイパー1999』はこちらから

タワーリング・インフェルノ

2019年10月の一連の台風は大都市・東京にも被害をもたらしたのだが、氾濫した川のために武蔵小杉のタワーマンションが地下の電気系統の設備への浸水で停電と断水が発生したことが注目された。

タワーマンションで停電した時、上階の人はもはや人力で上り下りするしかない。体力のない人や高齢層や子供は、上階の自分の部屋に辿り着けなくなってしまった。そして、上階の自分の部屋に辿り着いても、そこはトイレも使えず電気も点かず水も出ない空間になっていた。

巨大災害でインフラが遮断した時、タワーマンションは「インフェルノ(地獄)」になってしまうのである。映画の題名ではないが、まさに『タワーリング・インフェルノ』である。

今回の災害では都市中心部では問題なかったが、首都圏の「地下神殿」とも言われる調節池(首都圏外郭放水路)も水が9割に到達して危機目前の状態であったことが報告されていた。

災害の規模がさらに大きければ、首都圏は麻痺していた可能性もある。

今回はかろうじて乗りきった。しかし、今後も大規模な台風や豪雨は繰り返し襲いかかってくるわけで、常にギリギリで対処できるのかどうかは保証の限りではない。いつか、人知を超える災害が東京を襲いかかって首都圏を麻痺させるかもしれない。

都市は流通で生きている。しかし、食べ物が流通しなくなる。流通しても価格高騰で手に入らなくなる。その結果、流通の集積地である「都会」が真っ先に甚大な被害に遭う。

都会は生産を重視しているのではなく、消費を重視する場所なのである。消費するものが流通しないのであれば、都会で生きていくことはできない。

鈴木傾城が、日本のアンダーグラウンドで身体を売って生きる堕ちた女たちに出会う。電子書籍『デリヘル嬢と会う2』はこちらから。

大都市は丸ごとインフェルノ(地獄)に

これからも巨大災害は次々と襲いかかってくるが、この気候の変化は地球の活動が自律的に変化しているものなのか、それとも人間の経済活動が引き起こしている人災なのかが激しく議論されている。

もし、巨大災害の原因が人災であったら人類は自然破壊を止めるだろうか。それは期待できそうにない。

人間の文明はありとあらゆる地球の資源を開発し、食い尽くすことで成り立っているので、資源獲得は環境破壊とセットになっている。文明の発展は、環境の破壊で成り立っている。

現代文明は異様なまでに「経済」を優先した文明であり、環境保全よりも利益獲得の方が重要視される。

アマゾンの森林は、それを守っても1円にもならないが、それを開発したら森林も売れるし、土地も売れるし、農作物を栽培したら農作物も売れる。土を掘って何かの資源が出てきたら、人類はためらうことなく掘り尽くす。

つまり、人類は環境破壊を厭わない。

「経済優先主義が地球環境そのものを破壊して地球の環境を変化させ、それが全世界で全域で気象異常・大規模災害となって現れている」というのが真実であるとすると、現在の災害はまさに人類の自業自得でもある。

この現代文明の経済優先主義によって最も繁栄したエリアが「大都市」だ。

この大都市こそが自然破壊を生み出している現代の象徴なのだが、自然破壊によって地球の環境がめちゃくちゃになった時に、大都市だけは死守できると人類は考えているのだろうか。

いずれ限度を超えた巨大な災害が大都市を飲み込んだ時、大都市は丸ごとインフェルノ(地獄)になってしまうのではないか。そうなるのは、そんなに遠くない未来だと思わないだろうか?

『図解 異常気象のしくみと自然災害対策術(ゲリー・マッコール)』

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

自然破壊カテゴリの最新記事