事件

1/2ページ

◆真夜中の公園で全裸になり変態行為で逮捕。誰にも理解されない露出症の行く末

奇妙な事件が発生している。2024年4月1日午前2時20分、東京都・世田谷区で56歳の自営業の男が下半身を露出しながら自転車で帰宅していたところを警察官に発見されて逮捕されていたのだった。 露出狂(flasher)だ。 警察が男を逮捕してスマートフォンを確認すると、そこには男が都立芦花公園で全裸になったうえ、水道の蛇口に自分の肛門をこすりつけたり、肛門に水を入れたりしているのが動画で残されていた。 […]

◆血管・心臓に問題のある男・女は、腹上死したくなければ絶対に不倫するな?

2024年2月18日、大阪生野区のラブホテルで61歳の女性が不審死するという事件があった。外傷はなく、死因は不明。女性は泥酔した状態で飲食店で知り合った50代の男性と一緒にホテルに入っていた。 翌日、警察に出頭した男性は「泥酔した女性と部屋に入り起こそうとしたが、返事をしないのでそのままにして帰宅した」と述べている。 男性は女性が死んでいたのを知って慌てて逃げたのか、それとも男性が女性を放置して帰 […]

◆日本最長の逃亡犯・桐島聡が社会的に死んでいるも同然の扱いだったと思う理由

まだ詳細はわかっていないが、1970年代の連続企業爆破事件で指名手配中だった男が、警視庁に確保されている。 桐島聡《きりしま・さとし》、70歳。 男は神奈川県藤沢市内の小さな工務店に20年から30年ほど働いていた男で、まわりには「内田洋」と名乗っていた。70歳だったが極度に痩せていて、80代くらいに見えるほど老け込んでいたようだ。 路上で倒れているところを救急車で運ばれたのだが、胃がんの末期で余命 […]

◆地方公務員として地味に働いていた女性はなぜ風俗嬢であることがバレたのか?

地方公務員は副業できないことになっているのだが、三重県の四日市市で市上下水道局に勤務する30代の女性職員が、名古屋の風俗店で働いていることが発覚して懲戒処分されるという事件があった。2023年12月15日に懲戒処分があって、女性は同日付で依願退職している。 この女性は2021年9月から2023年10月まで名古屋市内の性風俗店2店舗に勤務して、この間に約600万円もの収入を得ていた。彼女は「昼職」と […]

◆「生まれ変わったら道になりたい」スカートの中をのぞくため、何時間も側溝に潜んでいた男

「生まれ変わったら道になりたい」の男がまたもや同じ犯罪で逮捕されていた。もはや、この奇妙で衝撃的な性癖は治らないようだ。この記事は2015年11月14日のものだが、改めてトップにしたい。 * * * 兵庫県で奇妙な男が逮捕されていて世界中で報道されている。2015年8月16日、この男が側溝に潜んでいるのを、たまたま通りかかった37歳の美容師が見つけた。女性はすぐに警察に通報し、男は逮捕された。 側 […]

◆0歳0か月0日で殺される赤ん坊。「赤ちゃんポスト」も悲劇を救うための手段

2023年11月1日。岡山市で自宅で産んだばかりの新生児を殺害したとして38歳の女性が逮捕されている。彼女は独身で68歳の母親とふたり暮らしだったのだが、その母親がへその緒がついたまま死んでいる赤ん坊の遺体を見て仰天して、119に連絡させて事件が発覚した。 68歳の母親は娘の妊娠に気づいていなかった。同じ屋根の下に暮らして毎日自分の娘を見ているのに、妊娠に気づかないということがあるのだろうかといぶ […]

◆歌舞伎町でホストを切りつけた女とゴジラビルから飛び降り自殺した男の世界

新宿・歌舞伎町で立て続けに事件が起きている。ひとつはホスト絡みで女性がホストを切りつけた事件。もうひとつは若い男性の飛び降り自殺である。興味深いことにどちらも通行人にすべて記録されてしまっていることである。飛び降りに関してはライブカメラにも映っていた。 女性がカッターナイフでホストを切りつけた事件は、すでにあちこちで報道されているのだが、「クソガキよ! なめてんなよ、こら!」「お前、人生なめんなよ […]

◆カンボジアで殺された韓国人の有名インフルエンサー女性。そこで何があったのか?

2023年6月11日。カンボジアの首都プノンペン付近のカンダル州で、韓国人女性の遺体が発見された。遺体は赤い布に包まれた状態で、下水道につながる水たまりの中に無造作に捨てられていた。 警察がこの遺体を調べると、首の骨は折れ、顔面は殴打されて腫れ上がり、明らかに拷問された痕が残っていた。火傷の痕もあった。顔面はあまりにも変形しすぎて原型が分からないほどの損傷であったという。 身体にもあちこちにアザや […]

◆「社会を恨んでいる。無期懲役になりたい」と無差別事件を起こした男の心の中

「社会を恨んでいる。誰でもいいから殺したかった」と言いながら、容赦なく人を殺して無期懲役になった男がいる。 小島一朗だ。 2018年6月9日、走行中の東海道新幹線・東京発新大阪行き「のぞみ265号」の車内で、ナタやナイフを振りかざして見も知らぬ人を3人殺傷させたのがこの男だった。ナタはホームセンターで買ったもので、ナイフは別の場所で買って揃えていた。 当時22歳だったこの男は、新幹線の通路側の席に […]

◆日本人女性をぶん殴る外国人。多文化共生で起こる暴力事件が日常茶飯事になる

六本木をぶらぶら歩いてた23歳のフランス人が、日本人の女性とぶつかった。 女性は持っていたコンビニの弁当を落としたので、「弁償して欲しい」と迫った。フランス人の男が立ち去ろうとしたので女性が追いかけたところ、この男は突然、日本人女性の顔面を思い切り殴りつけて逃亡した。 殴られた女性は地面にばっさりと倒れて、顔面を押さえて身動きできないような状態であった。全治3週間であった。 女性は被害届を出したの […]

◆トラブルメーカーがひしめいている危険な裏社会で生き残るたった1つの方法

2022年11月15日、ハウル・カラシニコフを名乗っていた小川雅朝という33歳の男が、東京拘置所で死亡していたことが分かった。歌舞伎町にはワルがひしめいているのだが、このハウルもまさにワルのひとりだった。 (ブラックアジア:炊き出しや掃除ボランティアで「良い人アピール」をして少女を毒牙にかける手口) この男は歌舞伎町のシネシティなどで居場所がなくてウロウロしている若者たちに炊き出しをしたり、周辺を […]

◆堕ちていく日本。これまで途上国で起きていたような産み捨て事件が続々と……

戦後の混乱期には日本で赤ん坊の産み捨て事件が続出した。それも致し方ない時代だったかもしれない。日本の国土は見渡す限り焼け野原と化し、人々は飢え、おにぎり一つで身体を売って「こんな女に誰がした」と女性が嘆く時代だったのだ。 孤児《みなしご》も多かったが、親を失った子供たちだけでなく、親に棄てられた子供たちも多かったのである。しかし戦後の混乱が収まるにつれて、赤ん坊の産み捨ての事件はどんどん減少してい […]

◆臨月の風俗嬢がギリギリまで働き、ホテルを子供を産み捨てて逃げる事件に思う

2022年5月10日。大阪堺市のとあるラブホテルで、デリヘル嬢がトイレで女児を産み落とし、そのまま放置して逃亡して逮捕されるという事件があった。赤ん坊は無事だったが、奇妙な事件だった。 何が奇妙だったかというと、彼女は赤ん坊を産む直前までデリヘルの仕事をしていて、客とこのホテルにいたのである。要するに彼女は「臨月の風俗嬢」であったということだ。 私の著書『デリヘル嬢と会う』では、私が会って話を聞い […]

◆反マスクで炎上する行為と、中学2年生を妊娠・出産させる行為の根底にあるもの

YouTubeで反ワクチン・反マスク活動を展開し、渋谷でもクラスターフェスを開いて反マスクを公言して顰蹙を買っていた男が、中学2年生を妊娠・出産させたとして大騒動になっている。 中学2年生と言えば、13歳から14歳である。40歳にもなった男が中学2年生を性の対象にするということだけでもおぞましいが、女性を妊娠・出産させたということにも驚きを感じる。 立憲民主党の議員で「50歳近くの自分が14歳の子 […]

◆「仕事が欲しければ俺と寝ろ」誰もが知っている社会の闇はこれからも続いていく

榊 英雄《さかき・ひでお》という映画監督が、自らの映画に出る女優たちに性行為を強要したとして、7人の女優に告発されたという事件があって、公開予定だった映画も中止になる事件があった。 そうした衝撃も冷めないうちに今度は榊英雄とつるんでいた俳優である木下ほうかという男優もまた「演技指導」という名目で女優を自宅に呼んで同じように性行為を強要していたことが明らかとなった。 2017年に、ハリウッドを代表す […]

◆オミクロンだろうが何だろうが鬼出勤する風俗嬢の裏側にいるのは誰なのか?

2022年2月2日、東京ではコロナの新規感染者が2万1576人となっており、病床使用率も51.4%だとマスコミが煽っているので、さすがに街からは人の流れは減っているという報告も出てくるようになっている。 当然、どこの風俗店でも風俗嬢の出勤が減っている。客も減っているので風俗店の中には大幅な割引をするようになった店もちらほら出てきている。言うまでもないが客が恐れているのである。 それもそうだ。オミク […]

◆女性に睡眠薬を飲ませてレイプする。こうした昏睡レイプはこれから蔓延する

欧米では当たり前のように起きていた「昏睡レイプ」だが、インターネットを介して多くの情報が流れるようになってきて、日本でも若者を中心に広がっている。 その際に使われるのが睡眠薬だが、この睡眠薬はレイプ目的で使われるので「レイプ・ドラッグ」という。あるいは、パーティーの時に悪用されるので「パーティー・ドラッグ」とも呼ばれる。 株式会社リクルートホールディングスの社員だった丸田憲司朗《まるた・けんしろう […]

◆ザック・ワイナー事件。デリヘル嬢に日本のSM専用ホテルの話を聞いた(音声あり)

2021年6月19日、NY市議会議員に立候補していたザック・ワイナーという26歳の候補者の「性的倒錯」の性癖が何者かにTwitterで暴露されて騒動になっていた。 彼は全裸で縛られ、口にはボンデージ専門の猿ぐつわがはめられ、目隠しされ、乳首にクリップを挟まれて女性にいたぶられていた。俗に言う「SMプレイ」で、彼はM(マゾ)として女性に攻められている光景であった。 この生々しい動画は男性が市議会候補 […]

◆300人の男を昏睡レイプした北條隆弘と矢上大助。被害届はたった9名だった

2020年9月3日、大阪市の大阪市立我孫子南中学校の教師だった北條隆弘《ほうじょうたかひろ》という42歳の男と、矢上大助という44歳の男が逮捕されている。 北條隆弘は教師歴10年。とても教育熱心な教師で生徒からも慕われ、道徳の授業も受け持っている男だった。しかし、北條隆弘の生き方は道徳的どころか犯罪にまみれていた。 北條隆弘は同性愛者だったのだが、10年前に矢上大助と出会い系サイトで知り合って交際 […]

◆ナターシャ・ジャイト。セレブたちの未成年セックス組織を暴露する前に死亡

上層部の秘密を暴こうとする人間は、「都合が悪くなったら消される」というのはサスペンス小説や映画でお馴染みのテーマだ。あるいは、秘密を知りすぎた人間が殺されるというのも、よくある設定だ。 2019年8月には、ジェフリー・エプスタインというセレブ御用達の未成年ハーレムを運営していた男が「刑務所で自殺した」という事件があった。(ブラックアジア:エプスタイン。政財界の大物相手にセックスビジネスをしていた大 […]

◆エプスタイン。政財界の大物相手にセックスビジネスをしていた大富豪の死体

閲覧注意 2019年8月10日、ひとりの男が刑務所で自殺したというニュースが駆け巡った。ジェフリー・エプスタインという男なのだが、この男は天才的なトレーダーで1990年代には「超」が付くほどの大富豪へと成り上がった男だった。 最近、この男の遺体が公開されているので、ここで記録しておきたい。 ジェフリー・エプスタインは貪欲な男だった。それは金に対して貪欲だっただけでなく、セックスに対しても貪欲だった […]

◆梯 沙希(かけはし・さき)が起こした育児放棄と、責められるべき裏側の闇

2020年7月7日。ひとりのシングルマザーが保護責任者遺棄致死の容疑で、警視庁捜査1課に逮捕されていた。 彼女の名前は、梯 沙希(かけはし・さき)、24歳。3歳の長女を東京のJR蒲田駅近くの1DKのマンションに放置したまま、6月5日から13日まで九州に出かけて知り合った男性と会っていて子供を餓死させていた。 彼女はJR品川駅近くの居酒屋で働いていたのだが、この時に九州で会っていた男性は、その居酒屋 […]

◆死者29人、重軽傷者58人。タイで起きた乱射事件の現場はこのようになっていた

閲覧注意2020年2月8日。タイ東北部ナコンラチャシマ県のコラートで、ジャカパン・トンマという31歳の陸軍兵士が乱射事件を起こしている。 この男は、まずは金銭トラブルのあった上官の自宅を襲って上官らを射殺し、その後に軍の施設から武器を奪って近くのショッピングモール『ターミナル21』に軍用車両で移動、そこで市民を無差別に銃撃して回っていた。 最終的にはショッピングモールで人質を取って14時間も立てこ […]

◆ソフィア・ベルは「究極のガールフレンド体験」を14歳に提供して逮捕された

ちょうど1年前。2019年2月に私は沖縄でひとりの女性に会っている。(那覇の夜(3)ハーフの女性がくるはずだったが、そうではなかった?) 彼女は「ハーフ」を名乗りながらも、完全に白人系外国人であったことに驚いたことがあった。日本人の要素は彼女にはまったくなく、言葉も欧米系の白人が勉強をして覚えた訛りの日本語を使っていた。 今も彼女が何者なのか私には分からないのだが、彼女は自分のことを「スペイン系」 […]

◆20歳の大学生が58歳のデリヘル嬢のカネを奪った事件について背景を考える

2019年11月28日。京都新聞のデジタル版に「三文記事」とも言えるような短く事実だけを列挙した記事が掲載されている。 『58歳デリヘル女性に払った代金強奪 20歳の大学生を強盗致傷容疑で逮捕』というものだが、その短い文面はこちらで読むことができる。(京都新聞:58歳デリヘル女性に払った代金強奪 20歳の大学生を強盗致傷容疑で逮捕) 20歳の大学生が、58歳のデリヘル嬢を呼んで、彼女に支払ったカネ […]