ヒーローが暴力をふるうと人々は奇妙なことにそれを暴力として認識しない

ヒーローが暴力をふるうと人々は奇妙なことにそれを暴力として認識しない

「正義を強調すればするほど世の中は悪くなる」

このように言えば、驚く人もいるかもしれない。「正義が勝つと世の中は良くなる」という結論以外に何かがあると思っている人はほとんどいない。しかし、本当のことを言えば「正義を強調すればするほど世の中は悪くなる」のだ。

子供の頃から、繰り返し繰り返し「正義のために悪を滅ぼす」ことを強調するマンガやドラマや映画を見てこなかっただろうか。いや、今になっても、そんなものを見ている人もいるのではないだろうか。

これは、子供たちに「ヒーローが、正義のために悪を滅ぼすのは徹底的に正しい」という刷り込みのようにも見えるのだが、この刷り込みが好まれるのは、それが人類が太古の昔から培ってきた行動様式だからである。

悪が勝つような物語は子供向けに推奨されていない。いや、大人向けでも嫌われる。受け入れられない。一般的には、正義のヒーローが悪を完全に滅ぼして、物語はやっと終わるのである。

日本だけではない。世界中どこの国でも正義のヒーローが悪をなぎ倒す映画やドラマが崇拝されていている。勧善懲悪は永遠のテンプレートだ。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」、投資をテーマにしたブログ「フルインベスト」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。

敵はひとり残らず滅ぶことを望む

「子供に暴力を見せたいでしょうか?」と問うと100%の親が「そんなものは見せたくない」と言う。しかし「正義のヒーローが戦って悪を倒すものを見せたいでしょうか?」というと「見せたい」と言うはずだ。

「正義のために悪を滅ぼす」ストーリーは、正義のヒーローが悪に対して「暴力」で抹殺するのが王道だ。暴力反対を叫ぶ人も、なぜかマンガやドラマや映画で悪人が一片の容赦もなくぶち殺されるのを見て喜ぶ。

暴力は誰がふるっても暴力なのだが、ヒーローが暴力をふるうと人々は奇妙なことにそれを暴力として認識しない。そして、政府もまた「正義のために、ヒーローが暴力をふるって相手を抹殺する」という暴力ストーリーに国民が熱狂するのを止めない。

それを許容し、時には推奨もしている。

「ヒーローが暴力をふるって相手を抹殺する」というのは、客観的に考えると暴力礼賛をしているストーリーである。にもかかわらず、国も親もそれを子供に許容するということは、どういうことなのか。

それは、そもそも人類は本能的に「自分の敵はひとり残らず滅ぶことを望んでいる」からだと言うしかない。

個人でも自分に害を為す人間は物理的に消えて欲しいと願う。家族でも、組織でも、地域でも、国でも、「そこ」に所属している人は、「そこ」に危険を与える相手を一掃したいと思う。

自分を脅かす存在は、誰にとっても「悪」になる。悪を遠ざけるだけでは危険が去らないのであれば、悪は滅ぼす対象になる。相手を滅ぼすには大義名分がいる。

それが「自分たちは正義、相手は悪」という二元論である。

絶対的な正義を強調すると、必然的に二元論に行き着く。つまり「正義の側」と「正義ではない側」とに二分する。水と油のように、それはくっきりと別れ、違う世界になる。

二元論に陥ると、どうなるのか。相手を受け入れる余地が、完全になくなっていく。相手は悪なので「滅ぼす対象」となるのである。

ブラックアジアでは有料会員を募集しています。よりディープな世界へお越し下さい。

対立する相手が「完全なる悪」になる

自分が正義の側に立っていると思うと、必然的に相手は「正義でない側=悪」というシンプルな構図に行き着く。自分が正義だと強調すればするほど、対立する相手が完全なる悪になる。

(1)私は正義だ。
(2)私と敵対する相手は悪だ。
(3)悪は倒さなければならない。
(4)相手を滅ぼすのは正当な行為だ。

自分が正義の側にあると思えば思い込むほど、正義のために相手を破壊しようという動機(モチベーション)が上がっていく。

暴力が正当化され、暴力が崇高なものになっていく。あるいは、相手(悪)を破壊することが、使命感溢れる行為へと祭り上げられる。

現場では残虐な殺戮行為が起きているのだが、それが思想的には正しいものへとなっていくのである。

このような二元論に行き着き、自らを正義だと狂信すると、自分たちに挑戦してくる国を「正義に挑戦してくる国」だと見なすようになる。正義に挑戦してくる国というのは、当然「正義ではない国」という二元論が働くので、「敵対国は絶対悪だ」という思想になる。

絶対悪なら、どうするというのか。子供向けのヒーローがやっているではないか。絶対悪は徹底的に懲らしめて滅ぼし雄叫びを上げて喜ぶのである。

問題は、こうした二元論による対立と衝突と戦争と虐殺は、テレビのアニメやドラマや映画だけの話ではないということだ。現実もまた「正義」という名の戦争が行われて、戦争に巻き込まれた国民は大虐殺されていく。

世界中で起きているあらゆる戦争は「正義」の名の下に相手を攻撃している。私たちがテロリストと呼んでいる人間たちですらも、彼らは自分たちのやっていることが正義だと思ってテロをやっている。

鈴木傾城が、日本のアンダーグラウンドで身体を売って生きる堕ちた女たちに出会う。電子書籍『デリヘル嬢と会う2』はこちらから。

日本人は、ぼんやりしない方がいい

正義を強調する人、正義というものが頭にある人は、しばしば自分や自分の属している社会を正義と見なし、それ以外を悪と見なす二元論にとらわれる。

「どちらが正義か?」という問いは、どちらの立場に自分が立つかによって違ってくる。立場が違うと、それが正義にもなるし、悪にもなる。

すべては立場の問題だ。

私たちは冷静な目で歴史を振り返ると、正義を主張していた国や宗教や人たちには、ただ自分たちの存在や立場や主張を正当化しているだけだというのが見えるはずだ。

「正義」という言葉は悪用されやすく、人々は騙されやすい。あまりにも内容のない正義も多い。「正義」を否定する必要はまったくないのだが、「正義」は殺戮を生み出すこともあると理解する必要はある。

日本人は、この点に関してぼんやりしない方がいい。

日本には海を隔てていくつもの周辺国があるのだが、これらの周辺国の政府が「我々こそ正義。日本こそ悪」と決めつけて国民を洗脳した時にどうなるのか想像すべきだ。「日本は悪なのだから滅ぼさなければならない」という方向に傾斜していっても何ら不思議ではない。

正義によって、日本人は殺戮される可能性はゼロではないのだ。相手の一方的な正義の名のもとに激しい暴力が行使され、滅ぼされた国はどこにでもある。

「我々こそ正義。日本こそ悪」と思っている国が日本を滅ぼすことに成功したら、歴史の教科書はこのように書かれるはずだ。

「日本は極悪国家だったので滅ぼされた」

「正義が勝つと世の中は良くなる」と思い込んでいる人は、誰が正義を主張しているのかをよく考えるべきだ。敵対国が正義を主張していたら、私たち自身が滅ぼされる対象になっているということなのである。(written by 鈴木傾城)

世界中で起きているあらゆる戦争は「正義」の名の下に相手を攻撃している。私たちがテロリストと呼んでいる人間たちですらも、彼らは自分たちのやっていることが正義だと思ってテロをやっている。

この記事のツイッター投稿はこちらです

この記事を気に入って下さった方は、リツイートや♡(いいね)を押して頂ければ励みになります。

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事