『絶対貧困の光景(夢見ることを許されない女たち)』復刻しました

『絶対貧困の光景(夢見ることを許されない女たち)』復刻しました

私の本を4冊出版してくれたラピュータという出版社が、昨今の出版不況によって力尽きてしまったのは以前に書いた。(ブラックアジア:ブラックアジアの出版元である「ラピュータ」が力尽きてしまったこと

この4冊のうちの1冊『絶対貧困の光景: 夢見ることを許されない女たち』は、書き下ろしの内容が多かった。この書籍も売春の世界を扱っていることは扱っているのだが、売春の世界だけでなく、物乞いの女性たちや、スラムの村の子供たちの話なども書いている。

今日、この『絶対貧困の光景: 夢見ることを許されない女たち』を電子書籍として[復刻]することにした。

[復刻版]絶対貧困の光景: 夢見ることを許されない女たち

[復刻版]絶対貧困の光景: 夢見ることを許されない女たち

すっかりインドから縁が切れていたはずなのに

『絶対貧困の光景: 夢見ることを許されない女たち』は私にも思い入れが深い書籍でもある。

この書籍を書いたのは2014年のことなのだが、私がインドを何度も何度も反芻するように行っていたのは、その10年前の2003年から2004年頃だった。

インド売春地帯をさまよい歩いていた日々のことはこちらにまとめている。ハイエナ稼業をして生きていた頃で、もっとも過酷な時期だった。インドの売春地帯は苦行に近かった。(売春地帯をさまよい歩いた日々:インド・バングラ編

インドに行かなくなって10年経っても私はずっとインドのことが頭に離れなくて、10年もずっとインドに関心を持ち続けていた。

インドの経験もあまりにも強烈だったので、その時に知り合った女性をモデルにして小説まで書いたほどだ。(コルカタ売春地帯: インド最底辺の女たちとハイエナの物語

『売春地帯をさまよい歩いた日々』でたっぷりインドの話を書いて、さらに小説でも書きたいと思うくらい「インド売春地帯の体験」は、私にとっては強烈だったということでもある。

2014年頃は、もうすっかりインドから縁が切れていたはずなのに、私はしばしばインドのことを思い、インドで知り合った女性たちのことを想った。

それで、ふと10年ぶりにインドに向かった。一口に「10年」と言うが、10年は誰にとっても短い時間ではない。さすがに10年も経てばインドの貧困問題も解決している部分もあるのだろうと私は何となく思っていた。

しかし実際に10年目にインドを再訪すると、私の思いは甘かったことを知る。インドは経済発展して、どんどん経済的に豊かになっているはずだった。実際には、インドの底辺(ボトム)はどうだったのか。

貧困はまったく何も解決していなかった。貧困層は貧困のまま、物乞いは物乞いのまま、貧困売春もそのまま、10年前に訪れたことのあった売春宿もまた10年という時の流れなどなかったかのように「そのまま」残っていた。

4月からすぐに[復刻版]を出そうと動き始めた

複雑な思いを抱いて日本に戻った。そこから生まれたのが、この『絶対貧困の光景』だった。

そんな経緯があって生まれた書籍なので、ラピュータが消え去って一緒にこの書籍も消え去ってしまうのはとても悲しく思い、4月からすぐに[復刻版]を出そうと動き始めた。

原稿は私に著作権があり、書籍で使用した写真もすべて私が著作権がある。会社が清算された以上、著作権はすべて私に戻っているのでその方面は問題ないのだが、問題は書籍の最終データが私の手元にはないことだ。

そこで、私が最初にしたのは、この書籍を編集してくれた編集者にコンタクトを取ることだった。復刻するために、この書籍の最終的な版のデータを手に入れたい。

しかし、すでにラピュータは事業清算しているので会社は残っておらず、サイトの消えており、所有している名刺の会社のメールアドレスも使用不可になっている。

そのため、かろうじて知っていた編集者の個人使用のメールアドレスに連絡を入れたのだが、それも不通だった。仕事熱心で、几帳面で、こまめな人だったのだが、出版不況に飲まれて失意にあるのかもしれない。

復刻するにあたって最終的に校了になったPDFファイル、もしくはInDesignファイルを手に入れることだったのだが、ラピュータの人たちとは誰とも連絡が取れなくなってしまっている。

私の手元にあるのは3校のゲラ(校正刷)なので、これを私の持っている最初のテキストデータと付き合わせながら2ヶ月かけて原稿を整備し、やっとのことで電子書籍のスタイルに合わせたデータに整えて、電子書籍化を終わらせた。

「ブラックアジア X(エックス)」、その他の企画

私はラピュータで他にも3冊の書籍を出している。この中で「ブラックアジア パタヤ編」をのぞく他の2冊については、そのままの形で復刻するつもりはなく、書籍の内容を取り込んだ上で、『売春地帯をさまよい歩いた日々』の国別の区分けで電子書籍化しようと思っている。

書籍版では誌面に限りがあるので、『売春地帯をさまよい歩いた日々』から抜粋して書籍化できたのはほんの「一部」だった。

今度は、より内容を網羅した形で電子書籍化して、万一このサイトが「不適切なサイト」として問題が発生した時でも(今のところは過激なコンテンツは会員制の中だけなので問題ない)、『売春地帯をさまよい歩いた日々』のようなコアのコンテンツは、きちんと残るようにしたいと思っている。

幸か不幸か、2020年はコロナ禍で外出が減っていて、執筆や作業を行う時間がどの年寄りも多く取れるので今までになく作業が進みそうだ。

ちなみに今、この他にも「2つ」の毛色の違った話(企画)も進んでいる。

時期が来たら報告したい。コロナ禍で外を出歩く機会が減るとやたらといろんな仕事が進んでいくので、2020年は私には「人生で一番出歩かないで仕事をした年」として記録されそうだ。

『[復刻版]絶対貧困の光景: 夢見ることを許されない女たち(鈴木 傾城)』

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

周知カテゴリの最新記事