◆フィリピンへの道。2005年3月15日、絆が断ち切られていた

NO IMAGE

フィリピン編
1990年代から2004年まで、日本の夜にはフィリピン女性が席巻していたが、やがて2005年を境に急激に消えて行くことになった。それは、なぜだったのか。

2004年6月、あるいは2005年3月15日、日本とフィリピンの「真夜中の絆」を断ち切る出来事が立て続けに起きていた。それは何だったのか。

私はずっとフィリピンに興味を持ちながらも足を向けなかったが、2005年に機は熟したと考えた。それは、どういう理由があったのか。

2005年11月3日の午後2時、ある日本人が自宅前の路上で射殺されたが、それは何を象徴する事件だったのか。

ここでは、2005年に日本とフィリピンの間の「夜の世界」で起きていたことを説明したい。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

売春地帯をさまよい歩いた日々カテゴリの最新記事