◆白昼夢。「普通の人間」になろうと努力していたときのこと

◆白昼夢。「普通の人間」になろうと努力していたときのこと

ときどき、自分の心が日本にないことに気がつくことがある。

目を開けたままアジアの白昼夢を見ているのだ。日本にいても、ふと見かけたアジアの女たちだけを見ている自分に気がつく。

真夜中には夜の街にアジアの女たちを見付け、なぜ日本にいてもこれほどまでアジアに関わってしまうのかと、ひとりになると思わず苦笑いをしてしまう。

日本にいながら、女たちを通してアジアを流浪する。今日は中国を、明日はタイを……。

本当にアジアなしでは生きていけない。人生はアジアの女たちを中心にして回っており、心はアジアの大地から戻って来ない。心だけが身体を遊離して、ふらふらと多数の国をさまよっていく。

たとえば、日本で九月の残暑を浴びていると、その熱波がアジアの大地を思い出させて、懐かしいような、悲しいような気分になる。

以前、こんなメールをもらったことがある。

「ひとつの旅を終えて日本に帰り数ヵ月もすると、どうしても、また行きたくなってしまうのです。これは病気なのでしょうか。何度となく、もうこれで、最後にしようと心に決めて旅立っても、帰国後、社会復帰も十分にできないうちに、禁断症状に襲われる始末です」

この人の気持ちは分かる。まったく同じだ。きっと彼はさらに重症化するだろう。日本にいても不意に上の空になり、考えることはアジアの光景ばかりになる。そのうちに……

(インターネットの闇で熱狂的に読み継がれてきたカンボジア売春地帯の闇、電子書籍『ブラックアジア タイ編』にて、全文をお読み下さい)

ブラックアジア・タイ編
『ブラックアジア・タイ編 売春地帯をさまよい歩いた日々(鈴木 傾城)』

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

ブラックアジア書籍カテゴリの最新記事