◆まぶたに描いた目。卑猥な踊り。奇妙で予測不能のインド女性

NO IMAGE

インド編
インドをさまようようになると、さまざまな人間に会い、さまざまな光景に遭遇する。

ストリート・ピンプ。道に立つ原色の売春女性。彼女たちの子供。彼女たちの客。屋台で働く男。身体の一部が変形した奇形者。麻薬中毒患者。そして性的な倒錯者ヒジュラ……。

その誰もが良くも悪くも非現実的で、滑稽で、圧倒的な存在感がある。

インドではどんな存在があってもおかしくない。だから、とても不思議な化粧をして、まったく予期しない行動を取る女性がいてもおかしくない。

コルカタの売春地帯、ソナガシにとても奇妙で行動が予測できない女性がいた。個性が爆発していた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

売春地帯をさまよい歩いた日々カテゴリの最新記事