◆フアランポーン駅に立っている下層の女。今もタイにはこんな女性がいた

◆フアランポーン駅に立っている下層の女。今もタイにはこんな女性がいた

タイ・バンコクのヤワラー地区には、今も夜になったら女たちが立つ。

かつては大陸から来た中国人女性が立っていたことがあるのだが、久しぶりに行くと彼女たちはひとりもいなくなっていた。

タイには諸外国から女性が売春ビジネスのために流れ込んでくる国であり、ロシアが経済的な危機にあった二〇〇〇年代の初頭は多くのロシア女性がやって来ていた。ソイ3のホテル『マイクズ・プレイス』にはそうした女性たちが監禁されていた。

二〇一〇年代はスクンビット通りに黒人女性が大量に増えており、摘発が繰り返されている。それでも、まだ残っている女性がいる。観光客を装って入り込む外国人のセックスワーカーを完全に止めることはできないが、摘発が続けば大きな流れは断ち切られる。

そして、最後まで残るのは自国の女たちである。今のヤワラー地区も、結局はタイ女性がヤワラーに残っていた。このヤワラー地区に立つ女性たちは、スクンビット通りの女性たちと違って、どこか貧しさを隠せない女性が多い。

フアランポーン駅からラーマ四世通りに入る途中にセブンイレブンがあるのだが、このあたりは地方からバンコクにやってきたタイ人を相手にしている安い食堂などが林立している。

ヤワラーを歩き回って、いい加減に疲れ果てて一刻も早くスクンビットのホテルに戻りたかったのだが、懐かしく思ったので、最後の体力を振り絞って、ここを寄ってまったく変わらない路地裏を歩いてみた。

集成旅社(ステーション・ホテル)の裏側からMRT(地下鉄)に入る路地のところに、ひとりの若い女性が立っていることに気が付いた。

黒いバサついた髪。薄汚れたTシャツ、履き古したジーンズ。まったく化粧っ気がなくて、褐色の荒れた肌が……

(インターネットの闇で熱狂的に読み継がれてきたカンボジア売春地帯の闇、電子書籍『ブラックアジア タイ編』にて、全文をお読み下さい)

ブラックアジア・タイ編
『ブラックアジア・タイ編 売春地帯をさまよい歩いた日々(鈴木 傾城)』

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

ブラックアジア書籍カテゴリの最新記事