◆リーパ。ゲイランの街に立つ女の凶悪な目付きに惹かれた

◆リーパ。ゲイランの街に立つ女の凶悪な目付きに惹かれた

シンガポール編
女性に対する好みというのは、刻々と変わっていく。歳を取って変わることもあるし、時代が美しさの定義を変えることもあるし、自分の考え方が違ってきて変わることもある。

私は20代に入ってから東南アジアの女性しか目に入らなくなった。死ぬまでその嗜好は変わらないと思ったが、それが劇的に転換したのが、リーパと会ってからだ。

彼女はスリランカ女性で、人種的に言えば典型的なインド系の顔をした女性だった。彼女とは波長が合って、とても鮮烈な印象を覚え、そして好きになり、忘れられなくなった。

インド系の女性を好きになるというのはリーパが初めてで、それ以来、私はインド系の女性から目を離すことすらできなくなった。

リーパは私の女性の好みを劇的に変えた女性だった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

売春地帯をさまよい歩いた日々カテゴリの最新記事