◆再び緊急事態宣言。また来週から風俗嬢は客が減って稼げなくなるのか?

◆再び緊急事態宣言。また来週から風俗嬢は客が減って稼げなくなるのか?

2021年7月8日。政府はまたもや東京都に対して「緊急事態宣言」を発出すると発表した。7月12日から8月22日まで、である。埼玉・千葉・神奈川・大阪は「まん延防止等重点措置が8月22日まで延長される。

今回のこの決定は、東京都でも感染者が増え、しかも感染力の高いデルタ型のコロナウイルスが広がりつつあることから取られた措置であるとされているのだが、それは建前で、「国民の生活を押さえつけてでもオリンピックを開催したいから」ではないのかと噂されている。

「オリンピックを成功させた。コロナも収束した。自民党はすごい」

こういう状況で秋の衆院解散・総選挙で戦いたいから、感染を抑えるために緊急事態宣言でも何でもやるつもりではないのか。

本当にそうなのか誰にも分からないが、一般の国民ですらもそう思うくらいなのだから、今回の4度目の緊急事態宣言については「国民が一致団結して政府に協力する」ということにはならないだろう。

夜の世界でも、多くの風俗嬢は来週からまた1ヶ月以上、仕事をしないでステイホームするとはまったく思えない。

風俗嬢たちの動向をインターネットで定点観測しているが、今回の緊急事態宣言については関心が薄い。来週、風俗嬢たちがどのように動くのか詳細にチェックしてみたいとは思っているが、恐らく何も変わりないだろうと予測できる。

ただし……。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

風俗カテゴリの最新記事