石川啄木。娼婦の身体に溺れ、借金まみれになって死んでいった詩人

石川啄木。娼婦の身体に溺れ、借金まみれになって死んでいった詩人

「働けど働けど猶わが生活楽にならざり。ぢっと手を見る」という詩を詠んだのが石川啄木だった。この詩を読むと、その切なさに誰もが胸が痛むに違いない。

私もそうだった。10代の頃、何かの本で石川啄木は朝日新聞の校正係の仕事を得たが、どんなに働いても暮らしが楽にならず、肺結核でわずか26歳にて死んだと知った。

貧しい暮らしに、働いても働いても暮らしが楽にならず、極度の貧困の中で押しつぶされて死んでしまったのか。なんと哀しい人生なのか……。私はそう思った。

「ぢっと手を見る」という詩は、本当に切実な貧困の叫びであると私は想い、石川啄木という日本史に残る詩人に同情したのだった。

あるとき経済評論家の邱永漢の本を読んでいたら、石川啄木という男がとんでもない借金魔で、あちこちから金を借りては踏み倒していた経済観念のない人間だったと書いてあった。

邱永漢は石川啄木のことを「どうしようもない人」だと突き放していたのだが、私はそれを知っても金持ち自慢が鼻につく邱永漢よりも、貧困で苦しんでいたという石川啄木の方に共鳴した。

「そうだったのか。石川啄木は赤貧で家族を養うことができず、莫大な借金を抱えて苦しんでいたのか。かわいそうだ」と私はなおも同情した。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。

予の求めたのは暖かい、柔らかい、真っ白な身体だ

石川啄木は足りない給料でこき使われ、小説を書いてもいっこうに芽が出ず、家族を養い切れずに借金が膨れ上がり、とうとう無理がたたってわずか26歳で肺結核で死んでしまう。

その中で、「働けど働けど猶わが生活楽にならざり。ぢっと手を見る」だとか、「たわむれに母を背負いて、そのあまり軽きに泣きて三歩歩まず」のような美しい詩が生まれたとすれば、これは悲劇と言うしかない。

そのように私は思っていた。

私は自分の人生の中で東南アジアの貧しい女性たちと売春地帯で深く関わるようになり、彼女たちがもがいてももがいても抜け出せない貧困の中に生きていることに気づいた。

「ああ、ここでも石川啄木の働けど働けど猶わが生活楽にならざりが再現されている」

そのように思って、ますます石川啄木という詩人や、彼の生み出した繊細な詩に愛着を持つようになった。

ところが、である。

ある時、私は日本の売春の歴史を紐解いて、からゆきさんや遊郭について書かれた書籍を片っ端から読み耽っているうちに、目にするはずのない男が「遊郭で遊び耽っていた」記述を読んで唖然とすることになる。

なんと、石川啄木が遊郭で遊び耽っていたというのである。

しかも、それは噂でも憶測でもなく、本人が自らローマ字で日記を書き、そこに「淫売婦を買った」と日付入で書き記していたというのだ。

石川啄木のローマ字日記にはこのように書かれている。

『いくらかの金のある時、予は何のためろうことなく、かの、みだらな声に満ちた、狭い、きたない町に行った。予は去年の秋から今までに、およそ十三、四回も行った。そして十人ばかりの淫売婦を買った。ミツ、マサ、キヨ、ミネ、ツユ、ハナ、アキ…名を忘れたのもある。予の求めたのは暖かい、柔らかい、真っ白な身体だ。身体も心もとろけるような楽しみだ』

ブラックアジアでは有料会員を募集しています。よりディープな世界へお越し下さい。

石川啄木の自業自得で、同情の余地はなかった?

別に、誰が遊郭に入り浸って遊ぼうが私の知ったことではないのだが、石川啄木という貧困でもがいていたはずの男が、老いた母や妻子を放って「予の求めたのは暖かい、柔らかい、真っ白な身体だ」と書いているということに目を疑った。

そもそも、日記をローマ字で書いていたということなのだが、なぜローマ字でそれを書いていたのかというと、自分の妻に読まれないようにするためだった。

私は、石川啄木という男は貧困で苦しみ抜いて何の楽しみも知らずに若く散った悲劇の詩人という頭しかなかったので、まさかこの男が売春地帯で女たちを次々と買い漁っていたとは想像すらもできなかった。

よりによって同類だったとは……。

それにしても、貧困だったはずなのに、芸者と遊ぶ「いくらかの金」はいったいどこから出てきたのか。実は、それが借金だったのである。

何のことはない。石川啄木は遊郭で次から次へと女性を抱くためにあっちこっちから片っ端から借金をして回り、その金をみんな身体を売る女たちにばらまいていたのだ。

朝日新聞から給料が出たら遊郭で女たちに金を使って家族には仕送りもせず、同僚や友人から金を借りてはまた遊郭で散財し、師事していた金田一京助にも金を借り続けて返さず、借金の自転車操業になっていたというのだ。

遊郭に入り浸り、次から次へと女を買い漁り、計63人から金を借りて、返せと言っても返さず、逃亡し、踏み倒し、その挙げ句に死んでいったのが石川啄木という男の人生だった。

「働いても生活が楽にならないので、じっと手を見る」というのは、石川啄木の自業自得であり、まったく同情の余地などない。

1999年のカンボジアの売春地帯では何があったのか。実話を元に組み立てた小説、電子書籍『スワイパー1999』はこちらから

石川啄木の人生は他の誰よりも身近に感じる

石川啄木は、友人からも同僚からも次々と借金を無心する手紙を書いたり電報を送ったりしているのだが、呆れたことに自分と関わった芸者にも借金を申し込んだりしている。

借金するときも「母が危篤だが故郷に帰る金がない」とか、その場限りの嘘を延々と書き連ねて後でバレたりしているわけだが、この男の人生を知れば知るほど「知らない方がよかった」と思うほど、どうしようもない生活破綻者のエピソードばかりである。

邱永漢は「どうしようもない」と著書で吐き捨てていたのだが、石川啄木の人生を知った後には納得せざるを得ない意見ではある。石川啄木は本当にどうしようもない男だったのだ。

もっとも、どうしようもない男だが嫌いではない。

売春地帯で身を持ち崩して自滅していった男は、私のまわりに山ほどいた。それは、私にとっては「馴染みのタイプの男」でもある。

石川啄木もそうだったのかと思うと、最初は「まさか、この男が……」と驚きはしたものの、特にそれで嫌いにはなることはなかった。

自滅していく男の特徴は、ほとんどは金の計算よりも欲望の強さの方が勝っている。そして、所持金が尽きるどころか、そこからさらに借金までして売春地帯に居残ったことから発生している。

私自身はそうならないように細心の注意を払いながら生きてきて、何とか奈落に落ちないで生き残り続けている。しかし、私も下手したら道を踏み外していた可能性も十分にあった。

私にちょっとした経済観念と自制心がなければ、石川啄木のようにあちこちから借金をして首が回らなくなって「ぢっと手を見る」ような羽目に陥っていたはずだ。

一歩間違えば、自分も借金を抱えて逃げ回る人生になっていたのかと思うと、石川啄木の人生は他の誰よりも身近に感じる。(written by 鈴木傾城)

石川啄木。私にちょっとした経済観念と自制心がなければ、石川啄木のようにあちこちから借金をして首が回らなくなって「ぢっと手を見る」ような羽目に陥っていたはずだ。

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事