◆ポルポト政権誕生までの政治状況02 – 地獄の黙示録

NO IMAGE

1975年4月17日、プノンペンを陥落させたポルポト派は、その後鎖国政策を取り、カンボジア国内を秘密のベールで覆ってしまった。

唯一、ポルポト政権閣僚と密接な交流のあったのは中国であったが、その中国(具体的には、毛沢東や周恩来)でさえ、カンボジアがどうなっているのかよく分からないほどポルポト派の鎖国政策は徹底していた。

カンボジアは誰にとっても得体の知れない謎の国になってしまっていたのだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事