◆名前も国籍も知らないのに、あなたと結婚したいという女

◆名前も国籍も知らないのに、あなたと結婚したいという女

タイ編
イサーンの入口と言われているコラート(ナコン・ラチャシーマ)はバンコクから250キロほど離れたところにある。東西に細長い都市で、タオ・スラナリ像を中心として、東側が旧市街、西側が新市街になっている。

バンコクのように高い高層ビルが林立しているわけではないが、それなりに賑やかな商業都市でとても過ごしやすい。昼間の暑さはバンコクと遜色ないのだが、夜になるとぐっと気温が下がって過ごしやすくなる。ここは私のお気に入りの場所でもある。

売春がゼロになることはない

彼女とは夜のコラートのショッピングモールの前で出会った。バンコクでもそうだが、ときどきショッピングモール前の道やバス停では売春する女たちが立っていることがある。

プロもいるのかもしれないが、セミプロや素人売春の女性も混じっていたりするのだという。彼女はバス停らしきところで立っていて道行く男に視線をやっていた。

コラートは売春ビジネスが盛んな場所ではない。むしろ、売春ビジネスはカラオケやMPに収斂されていて、街娼(ストリート・ガール)はほとんど目立たない。

こんなところに立つくらいなら数時間バスで揺られてバンコクまで行ったほうが割りが合うという計算が立っているのかもしれない。

だからナイトバザールから戻る途中で、ひとりの女がこちらを見ているのに気がついたときも、私はそれが売春を誘うアイコンタクトであるとはすぐに気がつかなかった。

そもそも、彼女は普段着で街娼を思わせる華美なところが一点もなかったのである。そして、ひとりだった。

普通、こういったビジネスをする女は身の危険もあるので二人組、三人組であることも多いのだが、もちろん中には一匹狼も混じっていて、そういった女は彼女自身が危険だったりする。

彼女は危険を感じさせる女ではなかった。ストリート・フックをする女というのは、どんな女でも最初はぶっきらぼうな顔をしているものだ。

しかし、彼女全然そんなことはなく、むしろバスを待っている女が何気なしに通り掛かる男に目をやったという自然な感じさえあった。

だから、この普段着の女がじっとこちらから視線を外さず、それが売春の合図だと気がつくまで時間がかかった。通りすぎて振り返り、彼女がまだこちらを見ているのでやっと確信したくらいだった。

タイ人がよくするように両眉をピクリと上げて合図すると、彼女は同じ合図を返してきた。

奇妙な生活感のなさ

彼女は痩せていて、そのせいか驚くほど足が長く、まるでモデルのような体型をしている女だった。

ところが、モデルのような華美な部分はまったくなく、どこか野暮ったさが抜け切れない雰囲気だった。化粧をまったくしていないという点を差し引いてもそうなのだ。

小顔で決して醜いわけではないが、よく見ると右目と左目の大きさが微妙に違っているような感じもする。唇は大きめで形は美しかったが、笑うと歯が整列しておらず不健康に見えた。

あるいは手足はとても細いのに、掌(てのひら)がその分大きくてゴツゴツしているように見えるのも気を引く。

そういった細かいところが彼女のスラリとした体型の美しさを全部打ち消しているようでもったいない。もっとも本人はまったく気にしている風でもなく不思議なほどの自然体だった。

“Pai nai?”(どこ行くの?)
“Glab rongrem”(ホテルに戻るんだよ)
“pai duay”(一緒に行く)
“O.K.”(いいよ)

少し話して彼女がほとんど英語が分からないことを知った。しかし、特に問題はなかった。

ふと、彼女が手荷物を持っていないことに気がついた。

ごくたまに持ち物をまったく持っていない女が夜の街をさまよっていたりする。彼女はそのタイプだった。

99%の女性は必ず何か小さなバッグを持っていていろんな小物を入れている。しかし、彼女はまったく何も持っていなかった。完全なる手ぶらである。

最近はどんな女でも携帯電話だけは持っているが、彼女はそれすらも持っていない。貧しいからだろうが、彼女なら金があっても携帯電話は持たないかもしれない。

彼女から感じるのは奇妙な生活感のなさだった。

彼女自身にはまったくおかしい部分はないのに、全体を通してみると何もかも奇妙な感じがした。本当に不思議な感じだった。

夜中に手ぶらで街をほっつき歩いている。売春に慣れているのは分かるが、英語はほとんど理解しない。それなのに、たまたまそこを歩いていた私のような異国の男に声をかけてついて行く。磨けば美しく装える器があるのに、それにも興味がない。

ホテルに戻る途中で名前を尋ねると、彼女は「プー」だと答えた。彼女は私の名前は聞かなかった。

自分のことはいっさい話さなかった

プーはホテルの部屋に入ると、他の女と同様に鏡を目ざとく見つけて自分の容姿をチェックしたあとベッドに腰掛けた。

私たちはシャワーを浴びてベッドで戯れたが、プーの手足の長さは際立っていた。

人はよく相手を動物で例えることがある。それがひどい動物になると蔑視や差別に当たってしまうのだが、たとえばネコ科の動物に例えればそれほどひどい感じがしないので賞賛になるかもしれない。

そういう意味で彼女を例えると、ネコ科のような感じを受けてしかたがなかった。私は動物に興味がないのでイヌやネコを飼っているわけでも生態をよく知っているわけではない。

しかし、どうにもプーがネコ科の動物的な感じがした。かわいらしい飼い猫の意味で言っているのではない。野生のほうのネコ科だ。

ジャガーやピューマというネコ科の猛獣は仲間とつるんでいるというイメージはない。あの感じだ。

これらのネコ科はいつも一匹で行動していて真夜中になると獲物を探して、あの長い手足で追いかけて噛み殺す。そんなイメージが彼女にぴったりだった。

臀部から太腿にかけての曲線や四つん這いになったときの手足の感じがそうだし、我関せずの性格もそうだ。プーという彼女のチューレン(渾名)は蟹(カニ)を意味するものだ。あまりにもイメージが違う。

私がそのようなことを言うと、彼女はクスクスと笑ってネコが獲物を襲うような格好をして私に飛びついてきた。まるでずっと前から友達のような、そんな雰囲気だった。

両親はコラートに住んでいるのか尋ねると、彼女は首を振って否定した。「ウドンターニー?」「違う」「コーンケン?」「違う」「ノーンカーイ?」「違う」

普通はここで「自分の両親はどこに住んでいて、なぜ自分がコラートにいるのか」を説明すると思うが、彼女は何か思うところがあるらしくて、自分のことはいっさい話さなかった。

しかし、詮索されるのを嫌っているふうでもなく、ただ笑みを浮かべて対応している。拒絶されているイメージはまったくない。しかし、自分から話そうと決してしない。

途中で私もそれに気がついて、彼女の身の上を詮索するのをやめた。逆に彼女は私の身を詮索することもなかった。私たちは相手が誰だか知らないままだった。

それでも私は気にしなかった。こういう女がいてもおかしくない。自分のことを何も話さない点では私も似たようなものだからだ。

「泊まっていくかい?」と尋ねると、彼女は「うん」と答えて安堵したかのように笑みを浮かべた。

私は、まだ彼女に自分の名前を教えていないことに気がついた。彼女は何も聞いてこなかった。私の国籍さえ聞かなかった。

日本人の話す英語やタイ語は独特の訛りがあるはずだから、国籍については尋ねなくても分かったかもしれない。しかし、名前は聞かなければ分からない。

相手の名前を聞かないのは売春ビジネスの女性たちにとっては珍しいことではない。

聞いても数時間で別れるのだからそれを聞いても意味がないと割り切っている女も多い。たしかに、売春地帯で名前は意味がない。

プーもそう割り切っていたのかもしれない。

熱帯特有の濃密な空気

翌朝。コラートは十分に都会で過ごしやすいところだったが、広がりが浅いので2日もいるとすぐに飽きる。そうすると、バンコクに戻るか、コラートからさらに郊外を散策するかのどちらかしかない。

このときはバンコクに戻りたくなかったので、コラートから郊外をさまようことに決めていた。

プーはまだベッドで裸でいたので私は彼女が自然に目を覚ますまで待つことにした。私がノートにびっしりといろんなことを記録していると、プーはやっと目を覚ましてしばらく天井を黙って見つめていた。

やがて起き上がって私のノートをのぞき込んだが、自分が読めない字であるのを知るとクスクスと笑いながら私に抱きついてきた。

彼女がトイレに行って戻ってきたあと、私は “wan-nee, pom yark pai dern-lenh”(今日は散歩にでも行きたいんだ)と彼女に伝えた。

私は彼女がそのまま「帰る」と行って別れることになると思っていたが、彼女は私の予想を裏切って “pai duay”(一緒に行く)と答えた。

驚いた。彼女は私とはこれで終わりにするために名前も聞かないのだと思っていたからだ。しかし、特に拒否する理由もないのでうなずいた。

ホテルを出て私たちは屋台で食事を採った。

粗末なテーブルが2つあるだけの小さな屋台で私たちはセンミーのクイティオを食べるが、彼女はフィッシュボールが嫌いらしくて、それを全部私のほうによこした。

それから彼女はテーブルの調味料をあれこれ振りかけて、私のたべるクイティオにも味付けしていく。濃い味だったが、とてもうまかった。

タオ・スラナリ像近くにはトゥクトゥクのようなバイクを改造した乗り物がたくさんあって私たちはそのひとつに乗り込んで郊外に走ってもらうことにした。

天気は崩れそうだったので、遠出はまずいかもしれない。そんなことを考えながらトゥクトゥクのうしろから流れていく光景を見つめていた。

熱帯の空気が肌に絡みつく感じがした。30分も郊外に走ってもらうと、まわりはどんどん田舎の光景になっていき、土の匂いが強くなっていく。

この豊穣な土の匂いを嗅いだとき、私はやっと安心して縛られているものから解放されたような気になった。

ヤシの葉が揺れていて、土の匂いがして、草の匂いがして、田んぼがあって水牛が見えて、熱帯特有の濃密な空気がそこにあって、スコールがやってくるときの湿った匂いがする。

適当なところでトゥクトゥクを降りて、プーと手をつなぎながらゆっくりと田舎の道を歩いて行く。

何も知らない同士

しばらく歩いていると小川が見えてきて土手からそれを眺めると裸の子供たちが水遊びをしているのが見えた。

私たちは腰を下ろして子供たちが戯れている姿を眺めていたが、突然プーは真摯な表情でタイ語で語りかけてきた。

大したタイ語を知っているわけでもないので彼女の言っていることが最初は理解できなかった。

しかし、ミア(妻)、プゥア(夫)、テエンガーン(結婚)のようなお馴染みの単語は聞き取れたので、だいたい彼女が何を言っているのか推測できた。

“thaang-ngaan?”(結婚?)

私が自分と彼女を指さして尋ねると、彼女は”ka”(うん)とクスクス笑っている。

彼女は私と結婚したいと言っているのだった。

彼女は私の名前を知らないはずだ。そして、私たちは昨日出会ったばかりだ。そもそも私たちはお互いのことを何も知らず、言葉も満足に通じないところがある。

それなのに今、プーは私に結婚を申し込んでいた。

たった一晩一緒にいただけで、唐突に「結婚したい」という話になっていく。

私はプーがどんな人生を送ってきたのか知らないし、同じことが彼女にも言えるはずだった。どこに住んでいて、仕事は何をしていて、なぜタイにいるのか、まったく何も知らない。

結婚したいという言葉の前に、それを匂わせる何かがあったわけでもない。「今日はいい天気ですね」と同様の気軽さで「じゃあ結婚でもしましょうか」とプーは言っているのだった。

こういうことは過去にも何回もあったのでもうそれで驚くほどうぶではなかった。

夜の女たちはみんなそうだった。どこか生き急いでいるようなところがあって、相手が気に入れば出会いが昨日だったことすらも忘れて「結婚したい」と言い始める。

“thaang-ngaan mai aao khap”(結婚できないよ)

私は簡単に答えた。彼女は特に傷ついたようでもなく、ただ小さな笑みを浮かべながら顔をそらした。

もう彼女は笑っていなかった

雨が降る前に小さな散歩を終わらせてホテルに戻ろうとトゥクトゥクを走らせている最中に、大雨がやってきた。最初は雨に濡れないように身を寄せあっていたが無駄だった。

トゥクトゥクがホテルに着いた頃になると、私たちはずぶ濡れになって大笑いしていた。

このときまで、たしかにふたりでフェーン(恋人)のように身を寄せ合い、友達のように笑い合っていた。これは記憶違いではない。

しかし、手をつないだままトゥクトゥクを降りて、早くホテルに入るように彼女を促すと、彼女は黙って手を離した。

はっとして彼女を見つめた。

全身濡れそぼって雨に打たれている彼女は黙ってこちらを見ていたが、やがて小さな声で何かを言った。

聞き取れない前に、雨に打たれっぱなしなので、ホテルに入るように促したが彼女は頑としてその場を動かなかった。

“Khor money.”(お金を下さい)

雨の中で彼女はそう言った。もう彼女は笑っていなかった。

雨に濡れた身体を乾かしてから別れてもいいと思い、もう一度彼女にホテルに入るように促したが彼女は折れなかった。

どうしようもないのでずぶ濡れの財布を取り出して、やはり濡れてしまっている1,000バーツを2枚を彼女に渡した。

私たちの絆はそれが最後だった。

彼女はそれを受け取ると、もう私を見つめることもなく、ただ黙って踵を返して早足に去っていった。雨に追われていたのか、それとも私から逃れようとしていたのかは分からない。

私はしばし呆然として彼女のうしろ姿を見つめていたが、すぐに自分の部屋に戻ってシャワーを浴びた。

突如として出会い、突如として結婚を申し込まれ、突如として去られてしまった。彼女が私にどのような感情を抱いていたのか分からない。

不意打ちのような余韻のない別れはとても心が傷つく。

しかし、結婚を断ったのも私だ。元はといえば私が最初に彼女との絆を断ち切っていたのである。

絆を切ったのは私だ。彼女ではない。

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

タイ編カテゴリの最新記事