◆真夜中の女たちは禁断の実だが、それを食べると様々な知識が手に入る

◆真夜中の女たちは禁断の実だが、それを食べると様々な知識が手に入る

二十歳の頃、私は売春地帯パッポンで同じ二十歳のタイ女性に出会い、恋した。彼女は身体を売って生きているバー・ガールだった。(ブラックアジア:パッポンのマイ。なぜ自分はここまで堕ちたのかと、涙した

普通の世界に生きて普通に暮らして、世間のことは何も知らなかった私にとって、世界中の男を相手にして生きている彼女はとても輝いているように見えたし、自分よりもずっと大人に感じて感銘を受けた。

彼女を前にして、強い尊敬の念を感じた。

違う世界に生きている彼女がまぶしかった。好きになった。彼女に夢中になった。

彼女とはすぐにうまくいかなくなってひどい別れ方をしてしまったが、彼女が私に与えたインパクトは人生を変えてしまうほど大きなものだった。

以来、私は彼女と同じ生き方をしている女たちしか目に入らなくなってしまった。

今でも、私が関心を持つのは「夜の女」であり「裏を持った女」だ。もう、夜に生きる女たちに首ったけだ。考えるだけで心がときめいてしまう。(鈴木傾城)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事