マリファナ天国が出現するか? タイはいずれ嗜好用マリファナを合法化する

マリファナ天国が出現するか? タイはいずれ嗜好用マリファナを合法化する

今度はタイ政府が動き出している。何の話か。マリファナの話だ。2018年5月11日付けのタイ『ザ・ネイション紙』が報じているのは、次のような内容だ。(Plan for medical marijuana farm in Bangkok unveiled

『GPO(政府製薬機関)が、医療目的で使用するマリファナを政府が専用の農場(ファーム)を作って分析・改良に当たる計画がある』

タイは何度も何度もドラッグ禍で社会的混乱が起きた国である。古くは中国で蔓延していた阿片がタイにも上陸していたし、1970年代はマリファナがタイ全土を覆い尽くした。

そして1990年代は欧米でエクスタシー、中国では揺頭(ヤオトウ)と呼ばれるドラッグが夜の世界で蔓延し、さらに同時代から2000年代にかけてヤーバー(錠剤型の覚醒剤)が大きな社会問題を引き起こすことになった。

ヤーバーで気が狂ったバスの運転手が乗客を乗せたまま暴走して事故を起こしたり、錯乱した男が無差別殺人を行ったり、妻の首にナイフを突き立てて籠城したりする事件が、それこそ毎日のように起きていたのが2000年代の初頭だ。(ブラックアジア:タイで、妻の首にナイフを突き立てて6時間も籠城する事件

アジア通貨危機の中で広がっていったヤーバー

1990年代の後半は、タイにとっては暗く陰鬱な時代だった。

1980年代後半から始まったタイの工業化と高度成長が途切れたのを見たジョージ・ソロスを筆頭とする欧米のヘッジファンドがタイ・バーツを大量に売り浴びせた。

これによってタイの通貨は大暴落し、経済も大混乱に陥った。タイ政府は必死にバーツを買い支えて一時は状況を収束させることができたように見えた。

しかし、時の首相であるチャワリット・ヨンチャイユットが勝利宣言を出すと、それがヘッジファンドを刺激して怒濤のバーツ売りが再び始まった。

タイの中央銀行はそれを支えきれずにIMF(国際通貨基金)に救済を求めた。

ところが、これが逆にタイ経済を破綻させることになる。IMFはタイ政府に政府支出の削減と利子率の引き上げを要求して厳格にそれを守ることを強制した。

しかし、この政策はタイの不景気をより深めてインフレと失業を招いた。

タイの銀行も破綻の危機に陥り、バンコク・バンクもサヤーム・コマーシャル・バンクもアユタヤ・バンクも、政府に救済を求めてかろうじて生き延びるほどの惨状と化した。

この頃だ。タイのアンダーグラウンドにヤーバー(覚醒剤)が広がって止められなくなっていったのは……。

失業者は憂さ晴らしにヤーバーを求め、同じ失業者がヤーバーを作って儲けるようになっていった。未曾有の経済危機の中で、需要と供給が巨大化し、タイのドラッグ禍は社会問題となっていったのだった。

失業者の群れで溢れていたタイでは女性たちが次々と売春地帯にやってきて稼ぎ、安いバーツに釣られて全世界のハイエナがタイに向かっていた。

堕落が広がれば、ドラッグもまた広がる。タイは経済的混乱で迷走し、出口が見えない中で2000年を迎えたのだった。

ドラッグの完全駆逐をタイは望んでいないのか?

そんな時期に登場したのがタクシン・シナワットという警察官僚上がりの政治家だった。

タクシンは事業家としても成功した政治家であり、その剛腕で経済を建て直すと豪語した。市場はタクシンを歓迎し、株価は上昇してバーツもひとまず安定した。

経済が安定すると次にタクシンが取り組んだのが、ドラッグ禍の問題だった。ヤーバーが社会的混乱を引き起こしているのは明らかだった。

そこでタクシン首相は「これからタイは麻薬戦争をする」と宣言して、ドラッグの売買に関連した人間は基本的に死刑と決め、さらに警察にも強権を与えて、ドラッグの売人はその場で射殺してもいいと認めた。

今、フィリピンではドゥテルテ大統領が同じ手法で麻薬戦争に取り組んでフィリピン全土を血まみれにしている。死体が積み上がるその凄惨な光景は、以前にブラックアジアでも取り上げた。(ブラックアジア:フィリピン麻薬戦争。これが現場の血まみれ殺害光景だ

現在のフィリピンで起きているのと同じことが、2003年のタイでも起きていたのである。

このタクシン首相の「売人を殺せ」は、国外のNGO団体や人権団体が「人権無視だ」と抗議したが、タクシン首相は「内政干渉するな」と取り合わなかった。

結局、手法に問題があった上に、ヤーバーの駆逐もできなかったが、それでもヤーバーが引き起こす社会問題が収束していったのは事実だ。タクシン首相のやり方も「一定の効果」はそれなりにあったとも言える。

日本や先進国であれば、完全に駆逐できるまでやるのが本筋であると考えるのだが、タイでは少し事情が違った。

タイ政府やタイ社会は、実はドラッグの完全駆逐は「もともと不可能」だし、それを「望んでいなかった」という声がある。つまり「ドラッグがあってもいい」という暗黙の了解があったのである。どういうことなのか。

マリファナを合法化した国々に「客」を取られる?

1980年代の後半、私はタイにどっぷりとはまったのだが、その中で印象的だったのは当時は「秘島」と呼ばれたサムイ島での出来事だった。

ここには欧米のヒッピーたちが集まって、CCRやジミ・ヘンドリックスやドアーズの音楽を鳴らしながら、マリファナを回し吸いし、マジックマッシュルームでトリップする姿があった。

私がこのサムイ島で付き合ったフランス女性は、ヘロインにも手を出していた。(ブラックアジア:コ・サムイ。かつてドラッグとセックスの無法地帯だった島

何が起きていたのか。言うまでもない。タイには豊富なドラッグがあって、秘島サムイはドラッグ治外法権で、タイに莫大な金を落とすツーリストは「それ目当て」でタイに来ていたのである。

だから、政府も警察も現地の人々も、ドラッグの完全駆逐は望んでいなかった。今もそうだ。

かつてのサムイ島が担っていたドラッグ治外法権はパンガン島に移り、パンガン島が目立つようになると他の秘島にドラッグ・ツーリストが転々と移動していた。

2018年3月9日も、「ある島」でマリファナを回し吸いしていたとして27人が一挙に逮捕される事件が起きていた。(ブラックアジア:ビーチとは、自由な時間・セックス・ドラッグがあるところ

依然として少なからずのツーリストが「ドラッグ」を求めてタイに訪れている。そして、政府も、警察も、現地の人々もそれを知っている。これらのツーリストは金を落とす「お客様」であり、自分たちの収入源だ。

本当にドラッグがなくなったら彼らが消える。すると観光立国であるタイは干上がってしまう。だから、誰もドラッグの完全駆逐を心から願っていない。

社会問題になるほど広がればそれも困るので摘発はするのだが、ゼロにはしたくないので目をつぶるところはつぶる。そして観光客を呼び寄せて、タイに金を落とさせる。

そう考えると、『ザ・ネイション紙』が報じた『医療目的で使用するマリファナを政府が専用の農場(ファーム)を作って分析・改良に当たる計画がある』という目的がどこにあるのか分かるはずだ。

タイはマリファナをわざと流通しやすい環境にして、より観光客を呼び寄せるつもりでいるということだ。

「医療用」マリファナはもう正式に確定した。次はいずれ「嗜好用」マリファナの合法化をすると私は見ている。なぜか。そうしないと、マリファナを合法化した国々に観光客を取られるからだ。

他に観光客を取られるくらいなら、自ら嗜好用マリファナ合法化して観光客を呼び寄せるくらいタイ政府にとっては何でもない。

タイが東南アジアで先陣を切って嗜好用マリファナ合法化するのではないか。動き始めれば案外早いのではないか。それが私の「熱い願い」のこもった見解である。

 

タイはいずれマリファナの合法化をすると私は見ている。なぜか。そうしないと、マリファナを合法化した国々に「客」を取られるからだ。他に観光客を取られるくらいなら、自ら合法化して観光客を呼び寄せるくらいタイ政府にとっては何でもない。

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net