レイプ

2/3ページ

◆自分の友人の娘、まだ8歳の少女にも欲情してレイプ殺害

閲覧注意 あなたは、13歳以下の少女に欲情できるだろうか。 13歳以下の少女との性行為を妄想したり、性的興奮を抱いたり、写真を集めたり、街で欲情を持って見つめたりすることがあるだろうか。大人の女性よりも、13歳以下の少女の方が性的関心が強かったりするだろうか。 これはアメリカの規準だが、13歳以下の少女に性的な関心を持つ人間を「ペドフィリア」と呼ぶ。 男は成熟した女性よりも若い女性を好むことはよく […]

◆抵抗しないでレイプされるか、抵抗して殺されるかの選択

閲覧注意 2013年のデータになるが、タイでは年間を通して3万1866件の性犯罪事件が起きていたという。 被害に遭った女性の最年少は1歳9ヶ月。最高齢は85歳。これが意味するのは、女性であれば年齢に関係なく性犯罪に遭う可能性が高いということだ。 あまり知られていないが、レイプ犯は必ずしも若く美しい女性ばかりを狙うわけではない。 連続レイプ犯の中には、「黒人の売春女性だけを狙う」とか「黒い長髪の女性 […]

◆13歳の少女をレイプしてマチェーテで斬り殺した男の狂気

閲覧注意 「13歳の少女をレイプしてマチェーテで斬り殺す」と言えば、生まれながらの凶悪殺人鬼がやった犯罪と誰もが思う。 しかし、別に凶悪なレイプ殺人事件を起こすのは「生まれながらの犯罪者」であるとは限らない。30代、40代になっても犯罪を犯さず、ごく普通に社会生活を送っていた男が、あるとき突然、犯罪者になることがある。 ごく普通どころか、議員に立候補するような立場の男が、まるで抑えていた狂気を爆発 […]

◆女性が消える。南米で恒常的に起きている誘拐とレイプ殺害

閲覧注意 メキシコはドラッグ・カルテルで暴力地帯になっているのは、もう知らない人は誰もいない。(「殺戮大陸メキシコの狂気」史上最悪の犯罪組織) その余波を受けて、グアテマラやホンジュラスもまた超暴力国家と化している。(行ったら殺される。手の付けられない無法地帯、ホンジュラス) ニカラグアやパナマも強盗と殺人がはびこる無法地帯である。中米を抜けて南米に入っても、コロンビアもエクアドルも短時間誘拐が蔓 […]

◆女性を力づくで押さえ付けてレイプしようとする男たちの姿

女性の力は男の力に負ける。男が本気になって襲いかかってきたら、女性が必死になってもなかなか男を押しのけて逃げることができない。 街中で、あるいはエレベーター内で、無防備に歩いているとき、後ろから突如として見知らぬ男が襲いかかってのしかかってきたとき、どうなるのか。 女性がレイプされずに助かるかどうかは、もはや運が左右するとしか言いようがない。 最近は街の中や建物内に防犯カメラが設置されているので、 […]

◆レイプされた女性の見る悪夢は、女性の人生を破壊する

アメリカのレイプ被害者の全国ネットワークであるWBC協会のジャネット・ロートゼン氏は、多くのレイプ被害者と接し、カウンセリングや統計を取る中で知り得たことがあるという。 それは、被害に遭った女性たちの多くがレイプ後に、リアルで執拗な「悪夢」にさいなまされ、繰り返し繰り返し恐怖を味わっていることだった。 そのため、レイプ被害者は恐怖のために眠ることができない。そして最悪なのは、やっと眠れたと思った時 […]

◆レイプしたあげくに斬首。過激化に向かって暴走する社会

閲覧注意 文明が発達すれば荒廃した暴力も沈静化すると考えられていた時代もあった。 時代は人間を洗練させると無邪気に思われていた。しかし、そういった楽観論は今や完全に否定されている。現実に起きる事件が、それを否定するのだ。 「斬首」というのは、中世や江戸時代の特別な処刑で、こんなものが犯罪の世界で一般化していくなどと想像した人間はいない。しかし、この「斬首」が世界中で広がっている。 レイプした女性を […]

◆わずか6歳の少女をレイプ殺害していたロヒンギャ族の若者

閲覧注意 ロヒンギャ族が難民となってアンダマン海やマラッカ海峡をさまよっている。そして、ロヒンギャ族の受け入れ拒否や人身売買が連日のようにニュースになっている。 ロヒンギャ族の難民問題は、今や東南アジアの大きな問題として浮上している。 多くの国は、ロヒンギャ族を受け入れていない。いったん受け入れると、その国はロヒンギャ族を際限なく受け入れなければならなくなるからだ。 問題の震源地であるミャンマーも […]

◆レイプされて殺され、野生動物に食べられた女性の遺体

閲覧注意 世の中には、不幸で不運な最期を遂げる女性も多い。ジェニファー・アパレシダ・デ・シウバという20歳の女性大学生は、さしずめそんな女性のひとりだったかもしれない。 ブラジル、ミナスジェライス州に住んでいた彼女は穏和で敵のいない心優しい女性だったが、ある夜、忽然と行方不明になった。 その後、彼女は遺体となって発見された。たまたまゴミを捨てに外に出た男に発見されて警察に連絡されたのだが、そのとき […]

◆タイのレイプ殺人の現場。草むらや池に無造作に捨てられる

閲覧注意 インドでは今年に入ってから、立て続けに日本人女性がレイプされた。ひとりは、1ヶ月にわたり7人ほどの男たちにずっとレイプされ続けていた。(知られざるレイプ大国インドを女性は甘く見ない方がいい) この事件は自称ガイドが犯人だったのだが、この事件の犯人逮捕から一ヶ月後にはまた別の女性が別の「自称ガイド」に騙されてレイプされた。 インドでは2012年12月にバスの中でインド女性がレイプされて膣に […]

◆矯正レイプ。レズビアンの女性たちをレイプして治す

イスラム国家のみならず、多くの国々で同性愛者は激しい排斥に遭っていて、たとえば南アフリカでもそれはほとんど理解されていない。 だから、南アフリカではレズビアンの女性たちを無理やりレイプするということも行われている。それは「矯正レイプ」と呼ばれているのは以前にも書いた。(9ヶ月の赤ん坊もレズビアンも。南アフリカのレイプ地獄) 人間というのは、異性を愛するのが普通なので、同性を愛する人々は異端だとして […]

◆レイプ兵器。「殺すよりも、もっと悪いものを与えてやる」

HIVウイルス(ヒト免疫不全ウイルス)。HIVウイルスは人間の免疫細胞を破壊していき、最後にエイズ(後天性免疫不全症候群)を発症させる。 エイズはすでにいくつかの治療薬があるが、高価なこともあって途上国の人々には届かない。すなわち、エイズが最も深刻なアフリカで、エイズの治療薬が手に入らない。 これは、とりもなおさずアフリカではエイズがまだ実質的に不治の病であることを意味している。エイズが治ったと言 […]

◆治安の悪すぎる国でのレイプで、目撃者が通報しない理由

閲覧注意 どこの国でも「夜」というのは危険な場所なのだが、それでも多くの人は夜の街に惹かれ、夜の街をさまよい歩く。 ブラジルはポルトガル語圏なので、「夜」のことを”noite”(ノイチッ)と言うのだが、ブラジルの「ノイチッ」はことさら危険だ。しかし、若い女性が夜に出歩く。なぜか。 夜には友人や恋人との語らいや、新しい出会いがある。パーティーがある。ダンスがある。そしてアルコ […]

◆レイプ殺害されたミャンマーの少数民族の女性の裏側の闇

閲覧注意 2015年1月20日、ミャンマー北部のシャン州でカチン族の女性ふたりが複数の男にレイプされて殺されるという事件が起きていた。ひとりは21歳、もうひとりは20歳の女性だった。 この2人はキリスト教徒で、宣教師として現地に派遣されて宣教活動に当たっていた女性たちだった。 キリスト教の教会で寝泊まりしていたのだが、よりによって、そのキリスト教会でレイプされて殺されるという神も仏もないような事件 […]

◆2013年から、なぜかレイプ事件が急増しているフィリピン

閲覧注意 フィリピンの性犯罪が2013年から急上昇していると言われている。その原因についてはよく分かっていないが、被害に遭う女性の年齢が下がってきていることが懸念されている。 フィリピンでは、今やレイプされる女性の年齢層は、14歳から18歳の女性に集中するようになっている。その次に多いのが、10歳から14歳。その次に多いのが5歳から10歳。 要するに「少女」がレイプの対象になっていると、社会福祉開 […]

◆「レイプされ、襲われ、殺される」という異常事態が日常

誰も、自分が今日死ぬと思って生きていない。明日死ぬとも思わない。誰にとっても、死は「遠い出来事」である。生きている人は、誰も死んだ経験がない。 だから、死が隣り合わせの存在であることを普段は意識しないで生きている。 しかし、人間はいつでも突然、死んでしまう可能性がある。事故に遭う人もいる。災害に巻き込まれる人もいる。病気で死んでしまう人もいる。 日本は非常に治安が良い国であり、自爆テロに巻き込まれ […]

◆集団レイプされて殺害された女性は、自分の従姉妹だった

閲覧注意 日本は世界で最も安全な国のひとつだが、それでも至る所でレイプ事件も起きているし、拉致・監禁事件も起きている。しかし、世界に目を転じるとそれどころではなく、多くの悲劇が夥しく起きている。 その結果、身内や友人がレイプ被害に遭ったり、最悪の場合は殺されたりする経験をすることもある。 私たちが、多くの犯罪や殺人の事件に冷静な感情で接することができるのは、それが「見知らぬ他人」だからである。 も […]

◆南アフリカの小学生がする「レイプ・レイプ」という遊び

南アフリカがレイプ大国であるというのは、誰もが知っているが、最近はさらに衝撃的なニュースがインターナショナル・ビジネス・タイムスの国際記事として配信されている。 それは、南アフリカ・ケープタウンの小学校では「レイプ・レイプ」という新しく無邪気なゲームが流行していたのだという。それも90校近くの学校で同時多発的に起きていた。 どんなゲームなのか。ゲームのルールは通常の鬼ごっこと同じだ。男の子と女の子 […]

◆連続レイプ殺人犯の特徴と遺体に残された謎のマーキング

閲覧注意 普通の犯罪者は人を殺すと死体を隠蔽する。そして、注意深く自分の痕跡を消す。 ところが、一方で死体を放置するだけでなく、死体に何らかの痕跡を残す人間もいる。死体に落書きしたり、死体に特異なマークを刻んだりして、わざと痕跡を残すのである。 それは、何らかの作品を描いた画家が、最後に絵画に署名をするのに似ている。死体に自分特有のマークを入れて、殺人をショーアップするのである。 こういった殺人は […]

◆レイプ=性暴力を生み出す危険なアドレナリン・セックス

閲覧注意 レイプは日本では「性暴力」と呼ばれることもあるが、その本質は自らの欲望を遂げたいために「暴力」で女性を服従させることにある。 人間は、暴力的傾向になるとき、必ずアドレナリンを放出させる。アドレナリンというのは、激しい怒り、恐怖、驚愕、ストレスを感じたときに副腎髄質より分泌されるものだが、アドレナリンが駆け巡っているとき、文字通り人は「我を忘れる」ような状況になる。 人が暴力という極限状態 […]

◆集団レイプが続くインド。女を追い詰める「5つの風土」

閲覧注意 今でもインドではレイプが横行している。集団レイプは死刑に処すという宣告がなされても、女性たちが抗議デモを繰り広げても、インドから集団レイプ事件が消え去ることはない。 最近も、若い女性が学校の敷地内でレイプされ、ナイフで刺されて殺され、全裸のまま放置されるという事件が起きたばかりである。犯人は逮捕されていない。 インドで、このような残虐で見るに堪えない集団レイプ殺人事件が毎日のように起きる […]

◆レイプ殺人の現場では2つの類型パターンが浮かび上がる

閲覧注意 (若干、嫌悪を催す画像がありますので、見たくない人はお気を付け下さい。) 女性にとって最も恐ろしいのは、見知らぬ男に襲われて、手荒にレイプされたり、殺されたりすることだろう。女性は誰でもこのような卑劣な犯罪の犠牲になる可能性がある。 こういったレイプ犯罪を実行する男というのは、見るからに凶暴で残虐な外見のように思えるのだが、実際は多種多様であり、見るからに犯罪者という外見の男もいれば、ま […]

◆レイプして殺した女性をゴミとして捨てる心理の裏側とは

閲覧注意 カリフォルニア州で、若い女性が殺されて「ゴミ処理場」に捨てられていたという事件があった。(若い売春女性の死の裏側にアメリカの暗部が広がっている) ブラジルで、貧民街をうろうろしながら売春で生計を立てている女性が、殺されて「ゴミ袋に包まれて」殺されていたという事件もあった。(レイプされて殺され、ゴミ袋に包まれて捨てられた女性の姿 ) レイプされてゴミとして捨てられる女性たちの姿は、他にもあ […]

◆日本を一歩出れば、誘拐やレイプは珍しい事件ではない

閲覧注意 日本ではほとんど報道されなかったが、2014年4月2日の夜、マレーシア・サバ州のリゾート・ホテル「シンガマタ・リーフ・リゾート」で中国人の若い女性がフィリピンの武装組織であるアブ・サヤフに誘拐されるという事件があった。 アブ・サヤフはフィリピン・マレーシア一帯の海域で、多くの誘拐事件を引き起こしている犯罪組織である。(アブ・サヤフ(1)。誘拐ビジネスに邁進する狂気のテロ組織) 今回のこの […]

◆被害者の肉体損壊に着目すると、レイプは戦争兵器となる

戦争が起きて、敵の人間を殺し合うという事態になったとき、兵士は当然のことながら兵器を使う。現在は、人を殺すための兵器が山ほど研究されていて、通常兵器だけでも数百万人の人間を殺すことができる。 あまりにも悲惨なので、使ってはいけないとされる兵器もある。毒ガス、劣化ウラン、枯れ葉剤、ナパーム弾、クラスター爆弾……。 戦争は本来、非人道的な殺人行為だが、その悲惨な戦場で、悲惨だから禁止されるというのだか […]

◆精神障害の女性もレイプされ、ハイテクが地獄を加速する

どの携帯電話にもカメラが付くようになり、さらにスマートフォンの時代になってから、動画をも手軽にインターネットにアップできるようになった。 そして、人々はソーシャル・ネットワークでそれを共有することさえもできるようになった。 その結果、爆発的に増えたのは、街で起きたあらゆる犯罪や事件が一瞬にして世界中に拡散していくという事態だった。 交通事故から、災害、殺人現場、テロ現場、そしてレイプの現場まで、あ […]