被害者ビジネスをする極悪で醜悪な人間が「優しい世界」を食い荒らしていく

被害者ビジネスをする極悪で醜悪な人間が「優しい世界」を食い荒らしていく

日本人は日本という国が「犯罪が少ない社会だ」とか「民度が高い社会だ」とか言って自画自賛することも多いのだが、すべての日本人は自戒する必要がある。そうした「優しい世界」に過ごしていると、悪逆無道かつ極悪非道で善意の欠片もないような世界に免疫がなくなる。悪意の塊のようになった醜悪な被害者ビジネスをする人間のクズさに圧倒される。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。まぐまぐ大賞2019メディア『マネーボイス賞』1位。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」、投資をテーマにしたブログ「フルインベスト」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。(連絡先:bllackz@gmail.com)

人間性の欠片すらもなかった女

世の中には「被害者ビジネス」というものがある。わざと自分が被害者になるように相手にワナをかけ、その他人に向かって「自分に謝罪しろ、賠償しろ」とわめく。そして、相手を恫喝しながら金をむしり取る。

この被害者ビジネスをするには、まずは自分が被害者にならなければならない。そのため、わざわざ自分が被害に遭うように行動する。意図的に被害者になる。

たとえば、「当たり屋」というのがある。これも被害者ビジネスの一例だ。自分から車に当たりに行って、「車に当てられた。謝罪しろ、賠償しろ」と相手をなじって金をむしり取るのが「当たり屋」だ。

被害者ビジネスをやる人間は、車だけでなくいろんなモノに当たる。被害者になれればいいので、あらゆる被害者になりすます。

たとえば、連続家族乗っ取り殺人鬼の尼崎の凶悪犯罪者、角田美代子も事件を起こす前から被害者ビジネスのやり手で有名だった。(ブラックアジア:角田美代子。売春地帯から出てきた日本最悪の女性犯罪者

角田美代子の特長は、容赦ない暴力性・残忍性と、人を人と思わない冷酷さを持ち合わせていたことだ。普通の人間なら、思いついてもやらないようなことを、この女は平気でやった。人間性の欠片(かけら)すらもなかった。

この女は、李正則という男を手下にして、いくつもの家族を乗っ取り、善良な人を次々と拷問して殺し続けた凶悪犯罪の首謀者として知られている。しかし、その前から細かい被害者ビジネスを次々と引き起こしていた。

ブラックアジアでは有料会員を募集しています。よりディープな世界へお越し下さい。

犯罪者が被害者になって恫喝する

角田美代子は、例えば他人に宅急便の荷物を預からせて、それを受け取ったら「壊れていた。謝罪しろ、賠償しろ」とわめき立てて近所に迷惑がられた女だった。

また近所に馴染みの店を作ると、最初は愛想良く大量買いなどをして店に金を落とすのだが、頃合いを見て食べ物にあることないこと文句を付けて、やはり最後には「謝罪しろ、賠償しろ」とわめき立てて店から多額の金を奪い取った。

これが、被害者ビジネスのやり方である。

何でもいいから、常に自分が被害者になりすます。そして「謝罪と賠償」を迫る。被害者ビジネスというのは、まさに人間のクズが行う最悪のビジネスであり、手口である。

何でもかんでも差別のせいにして、自分以外のすべてを罵るのである。イージーなビジネスだ。実際に差別されていなくても、「差別された」とわめき立てればいいだけだからである。

そして自分を批判してくる人間を、みんな「差別主義者」「レイシスト」とレッテルを貼り、まわりにわめき立て、時にはマスコミの前でもわめきたてて、大袈裟に泣き叫ぶ。

なぜ大袈裟に泣き叫ぶのか。そうすれば被害者ポジションに収まることができて、多くの人に注目され、同情されるという計算があるからだ。声高に泣き叫んで同情を得れば、このビジネスは成功だというのを知っているので、アカデミー賞ものの演技をする。

「実際に差別されていないのではないか?」と疑問を呈する人間がいると、その人間も差別主義者にしてしまう。そうやって、真実を知られることを拒み、ひたすら相手を悪者にして罵倒し続ける。

謝ったらいいのか? いや、謝るのは最悪の選択なのである。被害者ビジネスをする人間はそれを待っている。

1999年のカンボジアの売春地帯では何があったのか。実話を元に組み立てた小説、電子書籍『スワイパー1999』はこちらから

リンチ事件を引き起こしながら被害者を装う

被害者ビジネスをする人間を前にして謝るというのは、相手の手の内に落ちてしまうのと同じである。相手が謝ると「謝罪が足りない。誠意が足りない」と恫喝し、何度も何度も金を奪い取る。

被害者ビジネスというのは、犯罪者が被害者になり、被害者が加害者になるというものだ。人間社会の誠意を踏みにじるのが被害者ビジネスである。「被害者ビジネス」をする人間は、基本的に犯罪者であるという認識が必要だ。

自分にも非があるのかどうかを絶対に検証させず、ただひたすら相手が悪いとねじ込み、執拗に、粘着的に、凄まじい執念で、朝から晩まで相手をなじり続ける。

このような人間は、角田美代子を見ても分かるように、しばしば刺青を入れた見てくれの厳つい裏社会のチンピラを引き連れていて、「自分に逆らったらどうなるのか分かっているのか」という脅迫を行う。

被害者が相手を恫喝するということ自体が力関係の逆転が起きているのだが、それでも本人は「自分は被害者」という立場を崩さない。

たとえ、角田美代子のように凄惨なリンチ事件を起こしても、自分は被害者であるという立場をわめき散らす。リンチ事件を引き起こしながら、自分は被害者であると言うのだから、その精神構造は異常であると言うしかない。

角田美代子のような「被害者ビジネス」をする人間は、そうやって次々とターゲットを変えながら大金をむしり取る。

こういう角田美代子のような、どうしようもない人間のクズがうごめいているのが社会の現実である。表社会でも裏社会でも、国内でも国外でも、この手の極悪人と人間のクズで溢れている。

アンダーグラウンドの人間どもの悪辣さは、しばしば正常な人間の常識を超えていく。「これほどまで人間は醜悪なのか」というところまで悪辣になる。善意しか知らない人間はこうしたアンダーグラウンドの醜悪さに慣れていないので、巻き込まれると精神を病む。

インドの貧困層の女性たちを扱った『絶対貧困の光景 夢見ることを許されない女たち』の復刻版はこちらから

地獄はあの世ではなくこの世にある

日本人は日本という国が「犯罪が少ない社会だ」とか「民度が高い社会だ」とか言って自画自賛することも多いのだが、すべての日本人は自戒する必要がある。

そうした「優しい世界」に過ごしていると、悪逆無道かつ極悪非道で善意の欠片もないような世界に免疫がなくなる。悪意の塊のようになった醜悪な被害者ビジネスをする人間のクズさに圧倒される。

常に人を罵り、一方的に叫び、わめき、がなり立て、お前が悪い、お前が加害者だ、お前が犯罪者だと決めつけられ、謝罪しろ、賠償しろ、死ぬまで謝れ、1000年謝れ、とにかく謝れと朝から晩まで執拗かつ執念的にねじり込んでくる悪人がうごめく世界が存在することに耐えられなくなる。

日本は平和かもしれないが、世界はそうではない。そう考えると、「友愛」だとか「みんな友達」だとか「人類みな兄弟」を信じるのは、いかに無邪気かつ馬鹿げたことであるということが分かるはずだ。

今どき、そんな無邪気なことを言っていると、一瞬にして被害者ビジネスをするクズどもの餌食になる。善意を見せれば見せるほど泥沼に堕ちる。

この被害者ビジネスで最も大きなダメージを被るのは誰なのか。それは世の中が「誠意と真心」でできていると思っている人である。悪人たちがうごめく世界に免疫ができていない人である。地獄はあの世ではなくこの世にあると知らない人たちである。

つまり、性善説で生きている日本人が最も被害に遭う。

だからこそ日本人はもっと被害者ビジネスを警戒し、社会全体でこの手口を周知する必要がある。学校の教科書にも載せ、テストに出し、街で「客引きと、被害者ビジネスに気をつけましょう」とアナウンスすべきなのだ。

私から見ると、日本人は人を信じ過ぎる。それは日本人の長所かもしれないが、致命的な欠点でもあるとも言える。それを意識していないと、「優しい世界」に獰猛な狼のような人間がやってきて、ひとり残らず食われることになる。

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

事件カテゴリの最新記事