◆映画『アメリカン・スナイパー』でアメリカは再び変わった

NO IMAGE

映画『アメリカン・スナイパー』は戦争映画としてはアメリカ映画史上最高の興行成績を収めた2014年の大ヒット映画である。この映画はクリス・カイルという実在の狙撃兵の人生を題材にして制作されている。

クリス・カイルはテキサス出身の、素朴で愛国的で敬虔なキリスト教徒で、兵士になる前はロデオに明け暮れるカウボーイだった。

しかし、1998年8月7日のアメリカ大使館爆破事件で、テロの標的にされた祖国アメリカの現状に憂い、ネイビーシールズに志願する。

世界最強の特殊部隊と呼ばれるシールズの訓練に耐え抜いたクリス・カイルは、やがて狙撃兵としてイラク武装勢力を160人以上殺害する「伝説のスナイパー」になっていく。

しかし、戦争の中で仲間が次々と傷つき、戦うことに疑問を感じ、死んでいく中で、次第に彼も精神的な均衡を失っていく。祖国アメリカに戻っても、心が戦場から戻らない。

除隊したあと、彼の精神を救ったのは傷ついた兵士たちと寄り添い、生き甲斐を与えることであったが、それが彼の人生に最後の悲劇をもたらしてしまった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事