◆フィリピンで女性トイレを使おうとしたレディーボーイが逮捕されて大論争に

◆フィリピンで女性トイレを使おうとしたレディーボーイが逮捕されて大論争に

2019年8月。フィリピンの首都マニラのケソン地区にあるショッピング・モールで奇妙な騒動が起きていた。

28歳のグレッチェン・クストディオ・ディエズという名の「レディーボーイ(女装した男性)」が、女性用トイレに入ろうとすると、彼女が「男」であることを知っているトイレの清掃員の女性がそれを阻止した。

「あなた、男でしょう。ペニスがついているんでしょう。それなのに女性トイレに入るなんておかしい」

タイにもレディーボーイは大勢いるのだが、フィリピンにも多くのレディーボーイがいる。その多くは「身体は男だが心は女」という性同一障害を持った人で、フィリピンの売春地帯にも多くのレディーボーイが立っている。「バクラ」と彼女たちは呼ばれている。

フィリピンのレディーボーイは実はタイのように包容力を持って受け止められているというよりも、結構な偏見を受けている。HIVの問題も付いて回っている。(ブラックアジア:気をつけた方がいい。フィリピンで絶対彼らに手を出すな

ただ、ブラジルのようにレディーボーイだからと言って襲撃の対象になるような事態には至っていない。(ブラックアジア:毎年400人近くのトランスジェンダーや同性愛者が殺される国ブラジル

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

LGBTカテゴリの最新記事