性病

◆膣内射精可の風俗嬢とそうでない風俗嬢の性病の危険度が同じ理由

2018年9月11日。日経新聞は『梅毒、半年で3200人。最多の昨年上回るペース』というタイトルで、梅毒が2018年6月までに患者数が3236人になっていることを記事にしている。 『近年の患者の急増は驚異的だ』『女性は20代前半の若い世代に極端に患者が多い』と書かれている。なぜ若い女性が多いのか。そして、なぜここ数年で爆発的に梅毒が日本で流行するようになっているのか。 マスコミは言葉を濁すが、梅毒 […]

◆失明危機? 売春地帯や風俗で手に入る聖水は場合によっては猛毒入り

欧米では独身最後を迎えた男が、気の置けない男だけの仲間と一緒に「最後の何でもあり旅行」をすることがある。これを「バチェラー・パーティー・トリップ」と呼ぶ。 映画『ハングオーバー!』も、バチェラー・パーティーで男友達だけでラスベガスに行って、記憶も花婿も失って大変なことになるという設定だった。 このバチェラー・パーティーの旅行ではもちろん、ラスベガスのようなギャンブル・タウンだけでなく、フロリダや、 […]

◆日本人よ。風俗から梅毒にかかる地獄の流れは定着したと覚悟せよ

閲覧注意 梅毒の勢いが止まらない。マスコミは「若い女性の間でなぜか梅毒が大流行している」と書いているのだが、「なぜ」梅毒が若い女性の間で大流行しているのかと言うと、若い女性が内緒で風俗に働いているからだ。 一見、風俗で働いているように見えない女性が、風俗で働いている。主婦ですらも人知れず風俗で働く環境ができあがっている。(誰にも内緒で風俗に勤めているのであれば徹底的に隠すしかない?) そして、その […]

◆HIVが蔓延するインドの最底辺の地獄はまだ終わらない

エイズ予防や患者の支援を中心に活動している国際NGO団体がインドにおけるHIVとエイズに関する統計を出しているのだが、良いニュースと悪いニュースがインドで混在している。 良いニュースはインドのHIV陽性率はここ十数年で着実に減っていることだ。2002年は新しくHIV陽性になっていた人は約20万人を超えていた。 しかし、その後は売春地帯を中心にコンドームの普及やHIV予防の啓蒙が功を奏して2013年 […]

◆今年はHIVと共に淋病と梅毒も含めてSTD検査をした

売春地帯をウロウロしているのであれば、そこは性病の温床であると認識しなければならない。売春する女性と縁が切れないのであれば、当然のことだがSTD(性感染症)の脅威は常にある。 ハイエナにとってHIVやSTDはいつでも「今そこにある危機」なのだ。自分だけ絶対にかからないというのは根拠のない自信に過ぎない。 カンボジアの売春地帯では、70ストリートの売春宿の入口で痩せ細ったエイズの女性が虚ろな表情で座 […]

◆性病地獄に堕ちていく日本の風俗と助からない風俗嬢たち

梅毒の猛威が止まっていない。2012年までは1000人以下で推移していた梅毒患者は2013年から突如として27%も増えて、さらに2014年も、前年の26%、2015年も前年比20%の伸びとなり、気が付けば3年で約2.4倍に患者が増えている。 しかも、増え続ける感染者は「若い女性」が圧倒的多数で、中には女子高生もいる。 「なぜ若い女性の梅毒患者がこんなに増えているのか分からない」とマスコミはとぼけて […]

◆HIV感染者の道連れセックスは、日本女性が標的になる

中央ヨーロッパに位置するチェコ共和国は目立たない国だ。首都プラハもあまり目立つこともなく、世界から忘れ去られているような雰囲気もある。 しかし、あまり知られていないが、このチェコはゲイのためのクラブがいくつかある。さらにゲイのためのポルノを製作する有名な会社もあったりするので、隠れたゲイ観光地になっていると言われている。 チェコはゲイ文化が地下で広がり、それが受け入れられていた国だったのだ。 ズデ […]

◆日本女性の梅毒感染。梅毒をばらまいているのは誰なのか

閲覧注意 最近、日本で梅毒が急激に増えていると言われている。 これは国立感染症研究所が発表しているものだが、2011年からゆっくりと広がりはじめ、ここ3年で2倍以上の広がりになっている。 しかも女性の感染者が増えていると言われている。通常、性病というのは男に感染者が出回って女性に広がっていくのだが、現在の日本で起きている梅毒は女性に広がって男性に感染している流れがある。 絶対数はもちろん男の方が多 […]

◆最底辺を好む男ですら、おぞましいと言わしめる売春女性

閲覧注意 アメリカのストリート売春というのは、最底辺の中の最底辺である。こうした売春女性の多くはドラッグで身を落としており、もはや年齢も分からないような女性ですらもそこにいる。 フィラデルフィアのローリーなどは、さしずめそんな女性のひとりであり、よく知られた女性だ。(ブラックアジア:フィラデルフィアのあまりにもひどすぎる老いた売春女性) アメリカでは、こうした最底辺の売春女性を好む男もいれば、こう […]