CATEGORY 売春地帯をさまよい歩いた日々

◆「まともになれると思うな」と悪魔がささやく。牝肉を食わないハイエナは死ぬ

2020年12月19日。バンコク近郊の海産物市場で、多数のミャンマー人労働者を中心にコロナの感染者が見つかったことを受けて、タイ当局は再び歓楽街をシャットダウンするように調査と指導を行っている。 これまで何とか中国発コロナウイルスを封じ込めていたタイだが、いよいよ第二波が止められなくなってきた。これによって年末に予定されていたイベントも続々と中止に追いやられることになり、タイ経済の復活も再び遠のく […]

◆パタヤの堕落。コロナ禍でもハイエナと売春する女たちの姿は消えなかった

中国発コロナウイルスは人から人にうつる伝染性の感染病だ。濃厚接触することによって感染する。セックスは「超」濃厚接触なので、いくら以前に手洗いしようとイソジンでうがいしようと意味がない。 セックスは粘膜の接触であり、体液の交換である。相手がコロナウイルスを持っていたら、もう観念するしかない。 そんなこともあって全世界で売春地帯が閉鎖され、再開しても場は極度に縮小されていて、セックスワーカーも減ってハ […]

◆あの荒んだプノンペン70ストリートの売春宿の荒廃した部屋が懐かしい

あれから20年も経つのかとしみじみ思う。ちょうど20年前、私はカンボジアの売春地帯にどっぷりと浸っていた。 私が好きになった東南アジアの女たちは、みんな何も持たなかった。本当に彼女たちは何も持っていなかった。狭く息苦しい売春宿の中で、家族もなく、自分の居場所もなく、お金も持っていなかった。 みんな揃って不幸だったし、殺伐とした売春宿で外を見つめる彼女たちの横顔はとても哀しそうだった。 カンボジアの […]

◆売春地帯を捨てようとしていた5年間は、私にとって壮大な時間の浪費だった

タイ編2019年を振り返って私が印象深かったのは、8月にタイの首都バンコクのスクンビットを久しぶりに訪ねて、そこがまだ相変わらず堕落と快楽にまみれた歓楽地として機能しているのを確認したときだ。 私は2011年あたりにはもう疲れ果てていて、旅人でいることをやめて長らくバンコクに訪れていなかった。しかし、私が行かなくなってもバンコクの歓楽地は相変わらず何も変わっていなかった。 「ああ、そうだった。これ […]

◆13年ぶりに悪徳の地プノンペンの空気を吸いたいと思った

久しぶりにカンボジアの首都プノンペンにいる。 カンボジアは私が東南アジアの中で最も好きだった国でもある。書籍『ブラックアジア・カンボジア編 売春地帯をさまよい歩いた日々』でも、電子書籍での小説『スワイパー1999』もカンボジアが舞台だ。 1990年代から2001年頃まで、私はカンボジアに夢中だったと言っても過言ではない。ブラックアジアはカンボジアの売春地帯を描写するために生まれたサイトでもあった。 […]

◆売春する女たちと付き合うのは悪くないと私は考えている

売春ビジネスをする女性と付き合うというのは、人生の大きなマイナスになると言われている。それは一面の事実だから、彼女たちと付き合うなという忠告をする人がいたら、その言うことはよく聞いておいた方がいい。 まず、売春する女たちと付き合うと金がかかる。時には裏切られるかもしれない。彼女を通して悪い人間と知り合い、引きずり込まれる可能性もある。性病をうつされるかもしれない。治らない性病も世の中にはある。 売 […]

◆巨大売春地帯の崩壊(2)。爛熟すれば破壊されるのが運命

バングラデシュ編 バングラデシュの政党は、配下に暴力団を持っている。そして、その暴力団が売春地帯を支配している。 つまり、バングラデシュにある売春地帯はすべて、その地域の政治家の利権の温床なのだ。 ナラヤンゴンジのタンバザール地区にある同国最大だった売春地帯も、また民族主義党系の暴力団からショバ代として利権を吸い上げられていた。 それが、この長い歴史を持つ売春地帯の悲劇のはじまりだった。 ナラヤン […]

◆アジアの女性は、貧困に落ちた日本人でも愛するだろうか?

フィリピン編 フィリピンをさまよっていると、どんな場所に行っても、たとえ知らないスラムに紛れ込んでも、会うことになる「女性」がいる。それは、「日本語ができる女性」だ。 路地裏の、どこかの店で歩き疲れた身体を休めようと座る。そうすると、すぐに人が大勢集まって、好奇心いっぱいに声を掛けてくる。 「どこから来たの?」「何してるの?」 日本から来たと答えれば、まわり中に「日本人がふらふらやって来た」と噂が […]

◆売春する女性が淫乱だと思い込んでいるのは表社会の人だけ

インドネシア編 売春する女性は「淫乱」だと誤解している男が多い。実はまったくそうではない。 露出の高い恰好や、挑戦的な目つきは誤解させるに充分だが、それでも世間の認識する「淫乱」のイメージを、売春する女性に当てはめるべきではない。 なぜなら、彼女たちのほとんどは、ビジネスでそれをしているだけだからだ。露出の高い恰好やストレートな言動は、客を取るためのものであり、性格ではない。 「わたし、淫乱よ」と […]

◆夜の街をさまよう男に取り憑いている「深い陰」とは何か?

インド編 アジアの夜の街をさまよい歩く男の姿を見ればいい。歓楽街は陽気で、馬鹿げていて、あちこちで乱痴気騒ぎが行われている。そこで、男たちが飲んで騒ぐ。 多くの男たちは享楽に浮かれて身を持ち崩しているように見える。彼らは性欲に支配されているように見える。 しかし、東南アジア・南アジアの巨大歓楽街や売春地帯を仔細に見つめたとき、ふと気がつくのは、流れ流されてやってきた男たちにも、深い陰(かげ)がある […]

◆ダリットの女たち(2)今なお続くインド国内の衝撃的差別

インド編 インドでは警察が異様なまでに腐敗していて、警察を相手取った告訴が毎年約6万件もある。 そのうちで逮捕される警察官は20人や30人でしかない。告訴の半数以上は「根拠がない」という理由で却下されている。 どういうことか。警察官が行ったダリットに対する拷問や、暴力、不当な鞭打ち、レイプは、闇から闇へと葬られているということだ。 警察官はブラーミンと結託しており、ダリットがブラーミンを訴えると、 […]

◆ダリットの女たち(1)いまだレイプされ続ける女性のこと

インド編 閲覧注意 ずいぶん改善されてきたとは言われているが、未だに現実に起きている苛烈な差別がある。ダリットと呼ばれる人たちへの差別だ。 「前世は犯罪者だ」と生まれたときから言われ、「だから差別されて当然なのだ」と結論づけられた人。それが、ダリットである。 もしあなたがダリットの女性として生まれていたら、生まれながらにして両親は虐げられ、嘲笑されているのを見て育つ。家は極度に貧しく、仕事もなく、 […]

◆人間以下(Sub-human)と呼び捨てられて、生きている人たち

インド編 人身売買されて売春宿に放り込まれ、精神を病んだ若い女性を知っている。 彼女は感情を失い、まるで小さな人形のようにイスに座り、ほとんど何もしゃべることもなかった。 何か問いかけても、彼女の声はほとんど聞き取れないほど小さく、人間としての生気が消えかけているように思えた。(コルカタの売春地帯で、デビーは人間性を叩きつぶされていた) あとで彼女は拉致されて売春宿に放り込まれたのだというのを知っ […]

  • 2012.01.27

◆「あんたの金が俺の人生」。プロのスリが街をさまよい歩く

タイ編 スリに遭ったことがない人に言わせれば、スリに遭うのは注意散漫だからだという。 しかしスリに遭った人は分かると思うが、それほど注意散漫でいたはずがないのに、いつの間にか盗まれていたはずだ。普通にしていても、気がつけば盗まれている。 人は誰でも歩きながらいろんなことを考える。自分の持っている財布だけに注意を保持したまま街を歩くのは不可能だ。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願 […]

◆貧困の中で生きてきた女性が唯一持っていたのは何だったか

タイ編 熱帯の国はどこでも豊饒な大地に恵まれていると考えるのは大きな間違いだ。 たとえばタイのイサーン地方では土地が痩せて農作物の収穫は毎年苦しい状況にある。痩せ細り、水はけの悪い土地に農作物は満足に育たない。 そんな不毛の大地を持つ地主が小作人に土地を貸して、それを収穫物(タバコや稲)で返してもらうようにしている。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員 […]

◆シンガポールの赤線地帯「ゲイラン」。政府公認の売春地帯

シンガポール編 特に何か意味があるというわけではないのだが、売春女性の動きが面白かったので2005年に会員制サイトにひとつの動画を載せていた。 場所はシンガポールの売春地帯ゲイラン。タミル系のインド女性がやってきた男の目の前で狙い澄ましたようにたちふさがる。シンガポーリアンの男が圧倒され立ち止まる。 女性に圧倒されて後ずさりする男。それを追っていく女性。 結局、男は臆したのか、彼女を振り切って行っ […]

◆哀しみのネン。ときどき、私は母のない子供のように感じる

タイ編 もうすでに真夜中の1時を過ぎていた。バンコク・スクンビットでは営業を終えようとするバーから次々と一夜のカップルとなった男女が生まれて、手をつなぎながらホテルに消えていく姿が見える。 高揚したファラン(白人)の男の顔、厚化粧の女の作り笑い、そして、どこからか聞こえてくる懐かしい音楽の破片、通りすぎる人たちの話す知らない国の言葉、道端にひとりで立って腕組みをしている女の姿。 女たちの嬌声もあっ […]

◆インドネシアのリアウ諸島はもはや心の中で静かに終わった

かつて、インドネシアのビンタン島南部にあるペランギ・ホテルのまわりは売春宿でいっぱいだった。このホテルから歩いていける売春宿だけでも5軒あった。 少しバイクを出せば10分以内にカラオケ屋が10軒以上もあって、そのすべてが売春カラオケ店だった。マッサージ屋も数軒あったが、そのマッサージ屋も売春宿だった。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員 […]

◆カンボジア。貧しさの中で行われる売春を映し出した写真

カンボジアの売春地帯が貧しさの中で行われているのは誰でも知っている。 今も昔もそれは変わらない。アンコールワット近辺にもやはりカラオケ屋があって、女たちもそこで売春を行っている。 貧しさがある限り、これらの売春は消えることもなく、真夜中の陰の中で人知れず続き、そして誰にも知られることもなく消えていく。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員 […]

◆消えた Rififi。それは忘れ去られようとしても、記録に残す

パッポンは老舗のゴーゴーバーが少しずつ姿を消して違う店になっているが、すでにこの場所は単なる観光地みたいなものだから、本来のディープな沈没者には見向きもされなくなった。 別にそこから売春がなくなったわけではないが、純粋な売春地帯というのはあまりにも有名になりすぎてしまった。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について