◆アジアの女性は、貧困に落ちた日本人でも愛するだろうか?

NO IMAGE

フィリピン編
フィリピンをさまよっていると、どんな場所に行っても、たとえ知らないスラムに紛れ込んでも、会うことになる「女性」がいる。それは、「日本語ができる女性」だ。

路地裏の、どこかの店で歩き疲れた身体を休めようと座る。そうすると、すぐに人が大勢集まって、好奇心いっぱいに声を掛けてくる。

「どこから来たの?」「何してるの?」

日本から来たと答えれば、まわり中に「日本人がふらふらやって来た」と噂が駆け巡る。すると、大勢の中からひとりかふたり、「日本語ができる」という女性が出てくるのだ。

ごく普通の主婦。孫の手を引いた老いた女性。スラムにいるのに凛とした感じの女性。日本語のできる女性の年齢は様々だ。しかし、みんな懐かしそうな顔をしてやってきて声をかけてくる。

「アラ、アナタ日本人? ココデ何シテル?」

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事