◆夜の街をさまよう男に取り憑いている「深い陰」とは何か?

◆夜の街をさまよう男に取り憑いている「深い陰」とは何か?

インド編
アジアの夜の街をさまよい歩く男の姿を見ればいい。歓楽街は陽気で、馬鹿げていて、あちこちで乱痴気騒ぎが行われている。そこで、男たちが飲んで騒ぐ。

多くの男たちは享楽に浮かれて身を持ち崩しているように見える。彼らは性欲に支配されているように見える。

しかし、東南アジア・南アジアの巨大歓楽街や売春地帯を仔細に見つめたとき、ふと気がつくのは、流れ流されてやってきた男たちにも、深い陰(かげ)があるということだ。

女たちが陽気を装っているのと同様に、男たちもまた陽気を装って陰を見せようとしない。

しかし、夜の街は陰翳が濃いのと同じく、男たちの心理にも隠された陰が見え隠れしている。

その「陰」の正体は何だったのか。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

売春地帯をさまよい歩いた日々カテゴリの最新記事