同妻(トンキ)。中国人同性愛者たちの偽装結婚と協力結婚

NO IMAGE

中国はまだ同性愛は社会的なタブーとされている。自分の子供が同性愛者であることを知った親は嘆き、「矯正治療」を試みようとする親もいる。

2017年12月31日。AFP通信が『偽装結婚に隠れる中国の同性カップル』という記事を上げている。

AFP通信はその記事の中で、『中国の同性愛者の男性2000万人の約90%は、主に異性愛者である女性と結婚している』と青島大学の調査を紹介した。

では、同性愛者の男性と結婚した女性たちは、夫の性的指向に理解があって結婚したのか。いや、そうではない。AFP通信はこのように続けている。

『妻となった女性は当初、夫の本当の性的指向を知らないことが多い』

2016年12月20日、VICEというウェブ・メディアも偽装結婚をした中国の同性愛者を取り上げているのだが、その冒頭には「この世界に疲れ果てた。ただ終わりにしたい。すべてから去りたい」と短文掲示板に投稿して自殺したルオ・ホンリンという31歳の女性を取り上げている。

彼女は何に疲れ果てたのか。彼女の夫は同性愛者で、自分は夫の性的指向の偽装のために利用されていたことを知って衝撃を受け心身共に疲れ果てたのだ。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。

同性愛に対する社会認知は、常に批判がついて回る

世間から異性愛者だと思われるためにカモフラージュとして異性と結婚する。そこには愛はない。単に異性のパートナーを利用しただけにすぎない。

もし、自分の配偶者が本当は同性愛者なのに、それをカモフラージュするために自分と結婚したなどと分かったら、自殺したルオ・ホンリンでなくても大きなショックを受ける。

異性のパートナーを本当は愛しておらず、パートナーに見えないところで同性愛行為を続けているのだから、これがショックでない女性はひとりもいないはずだ。

深刻なのは、中国では2000万人のうちの90%が自分の性的指向を隠して結婚しているので、1800万人の女性が偽装結婚の「被害者」になっている確率が高いということだ。

ルオ・ホンリンのように夫の同性愛者の偽装のために利用された妻を、中国では”Tongqi”(同妻=トンキ)という「新語」で呼ぶようになっている。「同治(ゲイ)の妻」を短くして生まれた言葉だ。

同妻(トンキ)の女性は明確なる被害者である。

しかし、同性愛者の夫も、まわりから変態扱いされたり、家系を継続するような圧力を親に加えられたりする中で社会に強い圧力の犠牲になっている。

今もなお儒教の教えが強く残っており、同性愛者は「異常者」であると決めつけて排斥する社会で、カミングアウトして生きるというのは並大抵のことではない。

欧米でも同性愛者に対する許容が深い一方で、激しく嫌悪し、拒絶する人たちも依然として残っており「アンチ同性愛」のデモすらも起きる。

同性愛者はどこの社会でも少数派であり、その存在は常に批判がついて回る。中国だけでなく、全世界でそうなのだ。

そう考えると、偽装結婚に追いやられる同性愛者も、ある意味、社会の犠牲者だと同情を示す人も多い。同性愛者であること自体が犠牲者になる。

社会の犠牲者である同性愛者がやむなく偽装結婚をして、今度は女性をも社会の犠牲者にしてしまう。だから、この問題は深刻なのだ。

ブラックアジアの有料会員を募集しています。よりディープな世界へお越し下さい。

アフリカで起きていた同性愛者への「矯正レイプ」

電通ダイバーシティーラブが2015年4月23日に発表したデータによると「日本には日本人口の7.6%の同性愛者を含むLGBTがいる」とされている。

どこの国でも、それくらいの確率で同性愛者が間違いなく存在すると言われている。比率で言えば、左利きの人と同じくらい存在するのである。

同性愛者は生まれつき脳の働きから違っている。異性愛者が途中から同性愛者にならないのと同様に、同性愛者も途中から異性愛者にならない。それが普通だ。性的指向は変わらないのである。

それは自分の身に置き換えて考えれば分かることだ。明日からいきなり「同性愛者になれ」と社会や国や親に言われても、すんなりと従える人はひとりもいないはずだ。

同性愛者もまた本能の深いところで「自分は同性を愛するのが普通だ」と思っていて、誰が何を言おうとそれは変えられないと感じている。

しかし、世の中にとってそれは異端であり反逆である。

自分の性的指向が「変態」だとか「異常」だとか言われ続けて育つと、どうしても自衛のために隠さなければならないと感じるのは無理もない。

「同性愛は間違っているのだから、無理やり異性愛者に矯正すべきだ」という考え方もある。

こういった社会では、同性愛の指向をうまく隠さないと悲惨な目に遭う。

たとえば、アフリカではレズビアンの女性を男たちが集団レイプして異性愛者に矯正させるという事件も続出している。南アフリカ、ジンバブエ、エクアドルで起きている。

これは”Corrective rape”(矯正レイプ)と呼ばれているものだ。日本では、このようなレイプ事件が起きていないので、「矯正レイプ」という概念も言葉も知られていない。

しかし、アフリカではこの「矯正レイプ」が当たり前に起きている。(ブラックアジア:矯正レイプ。レズビアンの女性たちをレイプして治す

アメリカで行われた同性愛者認知デモ。中国でこのような行動をすると、公安当局に逮捕される。事実。多くの同性愛運動家が逮捕されている。

排斥事件が世界のどこかで起きるたびに震え上がる

私たちの多くは異性愛者だ。そのため、このような事件が水面下で起きていることについては、まったくと言ってもいいほど関心を持たないし、興味を持つ人もいない。

しかし同性愛者にとっては、排斥の事件が世界のどこかで起きるたびに当事者意識を感じ、震え上がって身を縮ませる。

だから、一部の同性愛者は高圧的な社会の中で、カミングアウトどころか、逆に「偽装結婚に突き進むしかない」と思い詰めていくのである。

もちろん、「どうしても異性を騙したくない」「パートナーを偽装結婚の犠牲にしたくない」という同性愛者もいる。

しかし、「早く結婚してくれ、孫の顔を見せてくれ」と親に矢のような催促をされ、「結婚しない男は欠陥品、性的不能」と決めつけられる社会の中で、カミングアウトもできずに追い込まれた彼らはどうするのか。

そこで行われているのが、同性愛者の男女同士による「協力結婚」だった。

男性の同性愛者と、女性の同性愛者が、互いに自分たちが同性愛者であることを知りながら、世間体のために偽装結婚しようと言うものだ。

お互いに同性愛者なので、パートナーを騙さず、しかもパートナーの理解を得ながら合意の偽装結婚ができる。

同性愛者同士の結婚が認められるのであれば、こんな面倒なことはしない。世間がそれを認めないから、中国の同性愛者はそうやって自分たちを何とか守ろうとしている。

もちろん、表社会は「道徳的」に、このような結婚を認めるわけにはいかないから、彼らの偽装結婚を批判して当事者を激しく攻撃する。

しかし、かといって同性愛を認め、同性愛者同士の結婚を認めることもない。同性愛者にとって性的に頑迷な社会で生きるというのは、そうした袋小路の中で生きるということなのだ。

同性愛者の苦悩が偽装結婚と協力結婚に見える。(written by 鈴木傾城)

このサイトは鈴木傾城が運営し、絶えず文章の修正・加筆・見直しをしています。ダークネスを他サイトへ無断転載する行為は固くお断りします。この記事の有料転載、もしくは記事のテーマに対する原稿依頼、その他の相談等はこちらにメールを下さい。

結婚しなければならない、家系を継続させなければならないという圧力が強く残っている中国で、同性愛者は苦難しながら生きている。同性愛者の苦悩が偽装結婚と協力結婚に見える。

〓 この記事のツイッター投稿はこちらです

この記事を気に入って下さった方は、リツイートや♡(いいね)を押して頂ければ励みになります。

ツイッターで鈴木傾城をフォローして頂くと、執筆・更新状況などが総合的に分かります。

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net