◆今は無き、在りし日のインドネシア・リアウ諸島の売春村

NO IMAGE

インドネシアのリアウ諸島と言ってもほとんどの人にはピンと来ないはずだ。

もうすでにすべてがイスラム原理主義者の手によって破壊されて、今はもう影も形もなくなってしまったが、かつて、この諸島にはそれぞれの島ごとにとても大きな「売春村」が存在していた。

ブラックアジア第二部の舞台は、ほとんどがその村での話が中心になっているが、やはり文章を読んだだけではいったいどんなところなのか、見当もつかないのではないだろうか。

非常に古い写真で写真の質は良くないが、このリアウ諸島の売春村を写した写真が残っているので、ここで紹介したい。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事