◆中国の纏足を賞賛していた男たちの精神構造は理解不能か?

NO IMAGE

纏足(てんそく)という風習が中国にあったということを知っている人は多いと思う。1000年近く、中国で行われていた奇習である。

中国では足の細い女性、足の小さな女性がずっと好まれていて、女性の足を縛りつけ、ねじ曲げ、きちんと歩けないほどにまで整形してしまったものである。

こんなものが延々と続いていて、第二次世界大戦はおろか、文化大革命の時代にまで続いていたというのだから驚く。それを知って、もしかしたら、あなたはこう思うかも知れない。

「いったい何を考えているのだ? 理解不能だ!」

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net