◆スキッド・ロウ。格差社会アメリカで貧困層が集住する場所

◆スキッド・ロウ。格差社会アメリカで貧困層が集住する場所

アメリカは世界最大の先進国であり自由の国でもあるが、激しい競争社会でもあり格差の国でもある。国民のほとんどは、協調よりも競争をモットーにしている。だから、その結果もまた甘んじて受け入れる。

野心と運と向上心に溢れている人には、アメリカ以上にエキサイティングな国はないのだろう。

才能があれば、どこまでも上り詰めることができる。そして、他の国では考えられないような報酬を受け取ることもできる。

たとえば、経営者の年収は1億円や2億円ではない。10億円など当たり前で、100億円や200億円も普通だ。これが派手に上場するIT企業家になると、1000億円、2000億円もの金が一気に懐に転がり込む。

IT企業を立ち上げ、成功させ、一瞬にしてセレブになるのはマーク・ザッカーバーグだけではない。多くのIT企業家が、その後を追って金持ちになっているのである。

そういった意味で、アメリカは才能に溢れる人たちにとっては「夢の国」であるのは間違いない。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事