◆助からずに、売春地帯に放り込まれていく少女は出てくる

NO IMAGE

ほんのつい2ヶ月ほど前2014年3月前半、私はインドのコルカタにいて、ほぼ10年ぶりのインドをさまよっていた。

その中で、コルカタの売春地帯も久しぶりに再訪しているのだが、そこで思ったのが、「ああ、まだ彼女たちの地獄は終わっていないんだな」ということだった。

彼女たちというのは、ネパールの女性たちのことだ。

インドの売春地帯にはインド女性に混じって、多くの「外国人女性」が立っている。

コルカタにはバングラデシュ女性も流れて来ているが、彼女たちはコルカタの人たちと同じベンガル人なので、見た目で知ることはできない。

しかし、ひとめ見てすぐに「外国人」だと分かる売春女性もいる。それがネパールの売春女性たちだ。彼女たちはモンゴロイド系なので、その顔は東南アジアや東アジア女性の方に近い。

日本人そっくりの顔をした女性もいる。そんな女性が売春女性に立っているのである。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事